Sample records for uses
from WorldWideScience.org

Sample records 1 - 20 shown. Select sample records:



1

魚粉利用による泌乳牛の窒素排泄量低減

扇 勉; 糟谷 広高; 藤田 眞美子; 斉藤 繁; 原 悟志
2003-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

3

高次元データのためのFCM識別器

市橋 秀友; 本多 克宏; 野津 亮; 服部 隆男; 宮本 恵理
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

4

高効率紫外放射型フラッシュランプの開発

田内 亮彦; 市村 知佳子; 吉川 和彦; 櫻井 彪
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

5

高分子ブラシXXVIII

山田 博絵; 石津 浩二
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

9

電子図書館Ariadneの開発 (5)

澤田 芳郎; 吉田 哲三; 柿元 俊博; 長尾 眞; 原田 勝; 石川 徹也; 谷口 敏夫
1995-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

13

鉛フリー銅合金生産システムの LCA

中野 敦; ヌルル タウフィック ロッチャマン; 末吉 秀一
2007-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

14

鉛フリー銅合金生産システムの LCA

中野 敦; ヌルル タウフィック ロッチャマン; 末吉 秀一
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

26

超高強度 Double Network ゲルの創製とその高強度化メカニズム

中島 祐; 田中 良巳; 古川 英光; 黒川 孝幸; 龔 剣萍
2008-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

33

複数の表色系と領域分割を用いた人数計測

福元 裕一郎; カルンガル ステファン; 寺田 賢治
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

37

衛星画像に基づいた建築および土木の鋼材ストック推計

許 峰旗; 醍醐 市朗; 松野 泰也; エルビッジ クリストファー; 足立 芳寛
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

40

脱塩・乾燥クラゲは水稲の生育を促進し雑草の発生を抑制する

杉本 秀樹; Shaikh Tanveer Hossain; 光宗 宏司; 小西 良平; 佐藤 裕; 上野 秀人; 浅木 直美; 江崎 次夫; 枝重 有裕
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

44
47

窓による不快グレアの評価法の開発

金 源雨; 古賀 靖子; 原 昌康
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

49

白色LED照明光源による不快グレア

高橋 宏; 入倉 隆; 戸田 雅宏; 森山 厳與
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

53

生理情報を基にした音声による緊張程度検出に関する検討

有賀 康顕; 矢野 良和; 道木 慎二; 大熊 繁
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

56

温度補償SCカット水晶発振回路の一構成法

渡部 泰明; 佐藤 裕貴; 五箇 繁善; 佐藤 隆幸; 関本 仁
2007-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

59
60

消費科学

桑原 宣彰
2004-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

61

江戸の寺院庭園の利用実態と近代化による変容過程

神林 翠; 雨宮 護; 横張 真; 藤川 昌樹
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

62

汚染と変退色における日本人とタイ人との視感評価の比較

ハンスエブサイ アラン; プングラサミー ポンタウィー; シンサクジャルンデット パンヤ; 忻 浩忠; 佐藤 哲也; 中村 妙子
2002-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

69

染色堅牢度に対する視感評価の3国間での比較および視感評価と計測評価との関係

忻 浩忠; アラン ハンスエブサイ; ポンタウィー プングラサミー; 佐藤 哲也; 中村 妙子
2003-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

71

未破裂脳動脈瘤クリッピングの安全性向上のためのバイパス併用の意義

井上 智弘; 國井 尚人; 熊切 敦; 大谷 亮平; 田村 晃; 齋藤 勇; 堤 一生
2009-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

76

斐伊川流域における土地利用と河川水質の関係について

井手 淳一郎; 武田 育郎; 宗村 広昭; 森 也寸志
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

78

放射線量滴定による鉄の定量

武者 宗一郎; 杉本 健一; 辻野 隆三
1960-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

81

布判別時における手指の能動的触運動について−男女差について−

Sumin Lee; 上條 正義; 西松 豊典; 佐渡山 亜兵; 清水 義雄
2003-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

83

婦人用レッグウエアの縞柄が視感に及ぼす効果

Sambuunyam ORHON; 諸岡 英雄; 諸岡 晴美; 松本 陽一
2005-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

89

古写真の活用と地域内外の関係形成

平川 隆啓; 寺川 政司; 四井 恵介
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

93

動体検知を用いたストレスコーピング・ツールの開発

瀬賀 誠一; 岡崎 章; 内藤 茂幸; 吉川 佳孝
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

95

初期荷重下における組紐の引張力学特性評価手法

花田 美和子; 西脇 剛史; 仲井 朝美; 濱田 泰以
2004-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

99

人間共存型ロボットの操作手法に関する研究(第2報)

本多 正剛; 赤井 孝輔; 林 民通; 鈴木 重央; 松丸 隆文
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

100

人間共存型ロボットの操作手法に関する研究(第1報)

赤井 孝輔; 本多 正剛; 林 民通; 鈴木 重央; 松丸 隆文
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

101

交流電位差法を用いた延性き裂発生点の推定

杉本 薫昭; 石川 信行; 伊木 聡; 松川 慎吾
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

102

事象関連電位を用いた肌触りの評価

堀場 洋輔; 上條 正義; 細谷 聡; 高寺 政行; 清水 義雄; 佐渡山 亜兵
2000-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

105

中国・台湾・韓国における用途別銅素材蓄積量算出

寺角 隆太郎; 高橋 和枝; 醍醐 市朗; 松野 泰也; 足立 芳寛
2009-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

108

ローカルアプローチを適用した超小型試験片による実機経年機器の 破壊靭性値評価法

柳沢 栄一; 南 二三吉; 村井 亮介; 梶本 勝也; 昆野 哲哉; 豊田 政男
2003-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

111

モータによるエネルギー回生を用いたマスタースレーブシステムの提案

東 佑樹; 井上 喜雄; 芝田 京子; 伊賀上 貴幸; 市原 哲也
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

113
114

メトロ·マニラの都市近郊における農地形態の変化解明

マラケ イシドロ III; 横張 真; 小林 一幸
2003-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

115

ボトムアップ手法による国内銅蓄積量の推計

寺角 隆太郎; 高橋 和枝; 醍醐 市朗; 松野 泰也; 足立 芳寛
2009-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

116

ボトムアップ手法による国内銅蓄積量の推計

寺角 隆太郎; 高橋 和枝; 醍醐 市朗; 松野 泰也; 足立 芳寛
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

118

ファジィ論理に基づくマスコットロボットシステムの割込に関する研究

アン ウ゛ ハイ; 山崎 洋一; ハナチ スカンダー; 福田 和也; 松浦 唯; カンレー フック; 高間 康史; 董  芳艶; 廣田 薫
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

120

ハイパワーLEDランプ用高効率駆動回路

川西 大介; 橋本 耕成; 木下 和昌; 坂本 康正
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

125

タオル織物の温熱的特性

諸岡 晴美; 中村 智子; 諸岡 英雄
2003-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

126
129

シリンダー方式による弾性靴下のための衣服圧測定装置の開発

諸岡 晴美; 野坂 美貴子; 古賀 英文; 諸岡 英雄
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

137

カジュアルソックスの履き心地に及ぼす表面色の影響

西松 豊典; 花之内 智彦; 鳥羽 栄治; 庄 健二; 近藤 幹也; 松岡 敏生
2000-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

138

カジュアルソックスの履き心地に及ぼす表面色の影響

西松 豊典; 花之内 智彦; 鳥羽 栄治; 庄 健二; 近藤 幹也; 松岡 敏生
2000-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

142

インタラクションロボットを用いた介護予防のための日常支援システム

柴野 友美; 何 宜欣; 飯島 隆弘; 藤本 泰成; 山口 亨
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

143

イチゴ非破壊品質測定装置の実用化

山田 久也; 田中 伸明; 高田 咲子
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

144

イオンビーム照射による表面変性効果を用いたカーボンナノチューブ形成に関する研究

永松 謙佑; 辛山 慶訓; 大櫨 浩司; 山内 貴志; 碇 智徳; 内藤 正路; 大門 秀朗; 西垣 敏; 生地 文也
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

145

アルミニウムの合金元素を考慮した動的マテリアルフロー分析

畑山 博樹; 山田 宏之; 醍醐 市朗; 松野 泰也; 足立 芳寛
2006-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

146

アルミニウムの合金元素を考慮した動的マテリアルフロー分析

畑山 博樹; 山田 宏之; 醍醐 市朗; 松野 泰也; 足立 芳寛
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

147

アクティブ・サーモグラフィ法による乳ガン検査の可能性の検討

尹 鍾賢; 水戸部 一孝; 片寄 喜久; 小川 純一; 吉村 昇
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

149

Zr 基バルク金属ガラスのガラス遷移温度以下の温度におけるクリープ変形挙動

藤田 和孝; 河村 祐平; 木村 真嗣; 徳永 仁夫; 横山 嘉彦; 加藤 秀美; 井上 明久
2010-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

151

UBICOMP-KAIZEN : The use of Japanese Quality Management methods for the Design of Smart Buildings

Schoch, Odilo

This paper describes the successful development of a design supporting method called ‘Ubicomp-Kaizen’ for the design of computer-integrated ‘smart’ buildings. The tool uses known methods of quality-management of the car-manufacturing industry and integrates them into the architectural design pro...

DRIVER (Japanese)

156

THE MODERN SEARCHLIGHT

スペリー イー・エー
1921-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

158

T2N0声門癌に対する化学放射線療法の意義

新部 譲; 中山 明仁; 宮本 俊輔; 岡本 牧人; 早川 和重
2008-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

159

Synthesis of Citronellyl Acetate by Lipase Entrap-Immobilized in Cellulose Acetate-Zirconium Butoxide Gel Fiber

Koji Nakane; Kazuhiko Kuranobu; Takashi Ogihara; Nobuo Ogata and Youichi Kurokawa
2003-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

160

Studies on Hemolytic Activity of Organotin Compounds (Proceedings of the 18th Symposium on Toxicology, and Environmental Health)

HIDEKI MASUMOTO; TAKAHIKO SATO; HISAMITSU NAGASE; HIDEAKI KITO; TOSHIAKI TACHI; MASAKI AKEDO; YOSHITADA YOSHIOKA
1993-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

162

Serum markers of hepatic collagen metabolism

Kari I. Kivirikko; Eeva-Riitta Savolainen
1985-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

165

RLS法によるプロセスゲイン推定を用いたMoving Horizon適応外乱推定法

石垣  弘平; 増田 士朗; 常盤 欣史; 松本 宏治; 西田 英幸; 戸高 雄二; 中沢 親志; 松井 哲郎
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

169

Optics in Japan

Joseph W. GOODMAN
1982-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

170

Open Innovation Success Factors by ICT Use in Japanese Firms

Idota, Hiroki; Bunno, Teruyuki; Tsuji, Masatsugu

The innovation by an independence principle is a limit in Japanese firm today. The expectation for the open innovation that positively uses outside resources on business has risen in Japanese firm. In open innovation, the strategy that expands sharing information and using the resource from supplier...

DRIVER (Japanese)

181

MDDによるロボット行動則の表現

酒井 将司; 戸本 裕太郎; 加納 政芳; 中村 剛士
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

183

Generational change in Sino-Japanese relations : the role of the internet and the State


This presentation uses the strett protests in April 2005 as focal point to explore the current relations between Chinese and Japanese youth, why the expression of the hostility has become more pronounced and whether this is significant. At the very time the two economies are becoming more closely in...

DRIVER (Japanese)

184

Firm-specific characteristics and the timing of foreign direct investment projects

Raff, Horst; Ryan, Michael

This paper uses a proportional hazard model to study foreign direct investment by Japanese manufacturers in Europe between 1970 and 1994. We divide each firm s investment total into a sequence of individual investment decisions and analyze how firm-specific characteristics affect each decision. We f...

DRIVER (Japanese)

185

Firm-Specific Characteristics and the Timing of Foreign Direct Investment Projects

Ryan, Michael; Raff, Horst

This paper uses a proportional hazard model to study foreign direct investment by Japanese manufacturers in Europe between 1970 and 1994. We divide each firm?s investment total into a sequence of individual investment decisions and analyze how firm-specific characteristics affect each decision. We f...

DRIVER (Japanese)

186

FRLドレープ形態の評価法の提案

長井 茂明; 須田 紀子; 稲垣 勝彦
2006-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

192

Children's Gestures from 18 to 30 months

Andrén, Mats

This thesis concerns the nature of the gestures performed by five Swedish children. The children are followed from 18 to 30 months of age: an age range which is characterized by a rapid succession of developmental changes in children's abilities to communicate by means of both spoken language and ge...

DRIVER (Japanese)

200

Analysis of Anionic Toxic Matter by Photometric Ion Chromatography

ATSUSHI YAMAMOTO; AKINOBU MATSUNAGA; MASAO MAKINO; KAZUICHI HAYAKAWA; MOTOICHI MIYAZAKI
1987-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

201

Analisis Morfologi Dan Peran Semantis Keigo Bahasa Jepang

Zulnaidi

Tesis ini mencoba mengkaji morfologi dan peran semantis keigo bahasa Jepang. Metode yang digunakan dalam penelnian ini adalah metode deskriptif Untuk membahas keigo bahasa Jepang, teori yang digunakan adalah teori morfologi dan teori semantik dengan menggunakan pendapat antara lain Minoru (1986) dan...

DRIVER (Japanese)

202

Ag添加したAl-Mg-Si合金における中間相のHRTEM観察

中村 純也; 松田 健二; 川畑 常眞; 里 達雄; 中村 吉男; 池野 進
2011-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

204

A Recording Titrator for Microbilolgical Uses

Shozo KOGA; Ikuzo KAGAMI; Kazuko NUNOMURA
1959-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

205

Ajaykumar,

The first in the zen gardens without the 'zen' series. Ajaykumar's meta research concerns the engendering of new epistemologies in ontological art practice: investigating the contemporary pertinence and evolution of a hypothesis of 'dependent origination' beyond its original Buddhist cultural and re...

DRIVER (Japanese)

207

172 REAL TIME EDGES DETECTION USING WAVELET TRANSFORM

Sarifuddin Madenda; Hayet Laggoune; Michel Paindavoine
2000-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)