Sample records for repair pathways
from WorldWideScience.org

Sample records 1 - 20 shown. Select sample records:



3

高等植物におけるDNA損傷乗り越え複製機構と紫外線感受性

坂本 綾子; 高橋 真哉; 中川 繭; 田中 淳; 清水 喜久雄; 鳴海 一成
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

6

骨・軟骨の再生医療

大庭 伸介; 井川 和代; 中村 耕三; 川口 浩; 高戸 毅; 鄭 雄一

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

8

頭頸部がんにおける分子生物学の貢献

大西 武雄; 家根 旦有; 太田 一郎
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

9

非相同末端結合欠損ヒト細胞の過酸化水素高感受性

勝部 孝則; 森 雅彦; 辻 秀雄; 塩見 忠博; 小野田 眞
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

11

過酸化水素は電離放射線とは異なる機構でDNA二本鎖切断を誘導する

勝部 孝則; 森 雅彦; 辻 秀雄; 塩見 忠博; 小野田 眞
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

13

試験管内のPCNAのユビキチン化反応系の構築

鈴木  美紀; 増田 雄司; 神谷 研二
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

23

第73回日本内科学会講演会 (1976年)

日本内科学会雑誌;  Vol. 65 (1976) No. 11  pp.1114-1333

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

24

第32回招請講演

日本心臓血管外科学会雑誌;  Vol. 31 (2002) No. Supplement  pp.79-83

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

25

第25回哺乳動物卵子研究会講演要旨集

哺乳動物卵子研究会誌;  Vol. 1 (1984) No. 1  pp.29-114

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

26

第16回日本心臓血管外科学会学術総会プログラム IV

日本心臓血管外科学会雑誌;  Vol. 16 (1987) No. 4  pp.239-244

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

27

突然変異生成の分子遺伝学的解析

石川 智子; 亀井 保博; 音在 信治; 藤堂 剛
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

28

破裂性腹部大動脈瘤術後の腹腔内圧モニタリングによる病態把握

磯田 晋; 沖田 将人; 坂本 哲; 相馬 民太郎; 井元 清隆; 鈴木 伸一; 内田 敬二; 小菅 宇之; 高梨 吉則

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

29

相同組換え修復の部分的抑制による放射線増感効果

船生 悠美; *勅使河原 愛; 関 良太; 大石 晶子; 江原 俊介; 飯島 健太; 田内 広
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

31

温熱感受性、温熱耐性に及ぼすDNA二重鎖切断修復の関与について

島崎 達也; 荒木 正健; 井原 誠; 白石 善興; 後藤 久美子; 古嶋 昭博; 岡田 誠治
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

33

消化器癌の分子解析とトランスレーショナルリサーチ

山本 博幸; 鈴木 拓; 足立 靖; 篠村 恭久
2011-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

34

植物における相同組換えシステム

土岐 精一; 阿部 清美; 中山 繁樹; 雑賀 啓明; 遠藤 真咲; 刑部 敬史
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

35

核酸代謝拮抗剤TAS106による相同組換え修復阻害作用を介した放射線増感効果

女池 俊介; 山盛 徹; 安井 博宣; 松田 彰; 森松 正美; 福島 正和; 山崎 靖人; 稲波 修
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

39

放射線DNA損傷に対する53BP1依存性修復経路

岩淵 邦芳; 橋本 光正; 松井 理; 内海 博司; 伊達 孝保
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

46

実験的慢性胃潰瘍に対するAzuletil sodium(KT1-32)の治癒促進効果及びSPF施設での実施による治癒の促進について

若林 修一; 望月 誠一郎; 小坂井 一宏; 関口 仁美; 松本 真; 冨山 格; 竹内 雅也; 竹内 孝治; 岡部 進

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

49

大腸菌修復欠損株を用いたDNA-タンパク質クロスリンク修復機構の検討

森下 聡; 中野 敏彰; 片渕 淳; 的場 渚; 堀河 友祐; 寺東 宏明; 井出 博
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

53

原発性非小細胞肺癌におけるWntシグナルとEGFRシグナルの同期的異常

鈴木 実; 重松 久之; 中島 崇裕; 本橋 新一郎; 関根 康雄; 渋谷 潔; 飯笹 俊彦; 廣島 健三; 中谷 行雄; 藤沢 武彦; 吉野 一郎

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

56

内皮細胞の機能と血管新生

豊田 淑江; 森田 育男; 室田 誠逸

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

58
59

低線量率放射線照射下での細胞増殖におけるDNA2重鎖切断修復遺伝子の役割

冨田 雅典; 諸星 文子; 松本 義久; 大塚 健介; 酒井 一夫
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

62

レトリック言語が歩行運動イメージに及ぼす影響

藤本 昌央; 信迫 悟志; 藤田 浩之; 山本 悟; 森岡 周

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

63

レトリック言語が歩行運動イメージに及ぼす影響

藤本 昌央; 信迫 悟志; 藤田 浩之; 山本 悟; 森岡 周
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

64

ランチョンセミナー

日本心臓血管外科学会雑誌;  Vol. 34 (2005) No. Supplement  pp.139-159

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

68

マウス胸腺リンパ腫の発生に関与するRag依存性および非依存性Notch1変異形成機構

辻 秀雄; 石井 洋子; 久保 ゑい子; 野田 攸子; 古瀬 健; 巽 紘一
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

69

マウス胎児線維芽細胞の酸化損傷修復におけるNeil1 knockdownの影響

下谷 竜彦; 山本 亮平; 松山 聡; 竹中 重雄; 久保 喜平
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

70

マウス正常臓器におけるNEIL1バリアントmRNAの発現

東條 瑞希; 日下 裕之; 政次 英明; 山本 亮平; 竹中 重雄; 松山 聡; 井出 博; 久保 喜平
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

72

ヒト細胞に誘導されたDNA二重鎖切断の修復とその細胞周期依存性

高島 良生; 櫻庭 真弓; 小泉 朋子; 坂本 浩子; 安井 学; 林 真; 本間 正充
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

75

ヌクレアーゼ阻害剤によるDNA二本鎖損傷応答への影響の解析

太田 陽介; 島田 幹男; 小林 純也; 小松 賢志
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

76

シンポジウム

電子顕微鏡;  Vol. 38 (2003) No. Supplement2  pp.3-164

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

77

シロイヌナズナDNA修復関連遺伝子の放射線照射による応答

畑下 昌範; 高城 啓一; 久米 恭; 福田 茂一; 林 幸子; 松本 英樹
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

81

クラスターDNA損傷に対する塩基除去修復酵素の作用順序の効果

白石 伊世; 椎名 卓也; 菅谷 雄基; 鹿園 直哉; 横谷 明徳
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

85

polβノックダウン細胞におけるMMS誘発BERの比較

白澤 清子; 寺西 梨衣; 山本 亮平; 竹中 重雄; 松山 聡; 久保 喜平
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

86

X線誘発DNA損傷に対する53BP1依存性修復経路

岩淵 邦芳; 橋本 光正; 松井 理; 渡邉 健司; 立石 智; 伊達 孝保
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

87

X線の線量依存的にリン酸化される新規タンパク質の探索

橋本 光正; 松井 理; 橋本 優実; 高田 尊信; 石垣 靖人; 友杉 直久; 岩淵 邦芳
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

88

X線と重粒子線照射後のDNA DSBに対する NHEJ修復-ATM依存的経路か非依存的経路かの検討-

関根 絵美子; 于 冬; 二宮 康晴; 藤森 亮; 安西 和紀; 岡安 隆一
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

89

Wolff-Parkinson-White症候群を合併した緊急冠動脈バイパス手術の1例

杉山 佳代; 保坂 茂; 賀嶋 俊隆; 乗松 東吾; 尾澤 直美; 秋田 作夢; 尾本 正; 久米 誠人; 木村 壮介

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

90

Therapeutic Choice of the Unruptured Cerebral Aneurysms Following Prediction of the Treatment Outcome Using a Preoperative Scoring

MATSUMOTO KATSUMI; YAMAMOTO SATOSHI; TSURUZONO KOICHIRO; TAKAMI MASAAKI; YOSHIMURA KAZUHIRO; HAYAKAWA TOORU; OTA TOMIO; FUJINAKA TOSHIYUKI; YOSHIMINE TOSHIKI
2006-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

91

The mechanical properties of the titanium for implant materials-An influence by the purity-

ONO HIROHITO; HAYANO KEIGO; TAIRA KOICHI; NAGASAWA SAKAE; ITO MICHIO
2005-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

92

The antibacterial mechanism of chitosan

IIZUKA TOYOKO; TAKIGUCHI YASUYUKI; YAMAGUCHI TATSUAKI
2005-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

98

Secondary osteoporosis in endocrine disorders

YAMAGUCHI TOORU; SUGIMOTO TOSHITSUGU
2005-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

101

Repair and tolerance pathways to DNA-protein crosslink damage in Escherichia coli

SALEM Amir; MATOBA Nagisa; TSUBOI Tomohiro; TERATO Hiroaki; YAMAMOTO Kazuo; YAMADA Masami; NOHMI Takehiko; IDE Hiroshi
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

103
105

Preparation of Macrocyclic octaamide directed toward Polycatenane

SEKIGUCHI MASAHIRO; HAGIWARA TOSHIKI; SAWAGUCHI TAKASHI; YANO SHOICHIRO
2005-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

108

NHEJ修復酵素群のDNA二重鎖切断部位への動員とリン酸化による制御

松本 義久; ボスリー スシュマ; 冨田 雅典; 榎本 敦; 森田 明典; 鈴木 紀夫; 細井 義夫; 宮川 清
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

109

NBS1のアルキル化剤によるDNA損傷修復における役割

藤本 浩子; 小林 純也; 松浦 伸也; 小松 賢志
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

110

NBS1のアルキル化剤によるDNA損傷修復における役割

岡本 優紀; 藤本 浩子; 小林 純也; 松浦 伸也; 小松 賢志
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

111

NBS1によるATM非依存的MRE11局在を介した相同組換え修復の調節

中村 恭介; 坂本 修一; 飯島 健太; 望月 大輔; 勅使河原 計介; 小林 純也; 松浦 伸也; 田内 広; 小松 賢志
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

112

Multicenter Surgical Site Infection Surveillance in the Kansai Area

SHIMIZU JUNZO; SHIMIZU JUNZO; MIYAMOTO ATSUSHI; MIYAMOTO ATSUSHI; UMESHITA KOJI; UMESHITA KOJI; KOBAYASHI TETSURO; KOBAYASHI TETSURO; MONDEN MORITO; MONDEN MORITO
2006-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

121

Manufacturing Process of Train Bodyshell with Sandwich Composite using the Autoclave

LEE SANG-JIN; KIM JUNG-SEOK; JEONG JONG-CHEOL; CHO SE-HYUN
2006-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

123

MTA直接覆髄によるヒト歯髄の神経再生の組織学的検討

大久保 厚司; 井上 正朗; 松永 常典; 辻本 真規
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

124

MRN複合体とRAD51との関係

加藤 晃弘; 小松 賢志
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

125

MOLECULAR BIOLOGY OF HEAD AND NECK CANCER CELLS

ONISHI TAKEO; YANE KATSUNARI; OTA ICHIRO
2006-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

126

Low Voltage CMOS Log-Domain Integrator with DC Gain Improved

AKITA IPPEI; WADA KAZUYUKI; TADOKORO YOSHIAKI
2005-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

127

Iron Regulatory Hormone: Hepcidin

IKUTA KATSUYA; TORIMOTO YOSHIHIRO; KOGO YUTAKA
2005-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

130

Heterozygosity contributes to individual susceptibility to tumor initiation

周 光明; SMILENOV B. Lubomir; NIE Jing; BAKER A. Ronald; HALL J. Eric
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

132

G1期およびS期細胞における塩基除去修復効率

寺西 梨衣; 西田 友紀; 松山 聡; 杉浦 喜久弥; 井出 博; 久保 喜平
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

134
135

DNA損傷応答遺伝子ric1の機能解析

日高 征幸; 尾田 正二; 漆原 佑介; 桑原 義和; 福本 学; 三谷 啓志
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

136

DNA損傷修復経路の抑制により、スルフォラファンの放射線腫瘍増感作用

于 冬; 関根 絵美子; 薛 蓮; 藤森 亮; 窪田 宜夫; 岡安 隆一
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

137

DNA損傷修復欠損細胞を用いた線量率効果の解析

冨田 雅典; 松本 義久; 大塚 健介; 酒井 一夫; 内海 博司
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

138

DNA損傷の空間分布と難修復性を考慮した生存率曲線の解析

渡邊 立子; 横谷 明徳; 鈴木 雅雄; 鶴岡 千鶴; 平山 亮一; 古澤 佳也
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

139

DNA修復因子hMRE11の相同組換えにおける役割

島田 幹男; 小林 純也; 田内 広; 小松 賢志
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

140

DNA二重鎖切断修復の切断末端構造依存性

高橋 麻衣子; 鈴木 啓司; 山下 俊一; 甲斐 雅亮
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

141

DNA二重鎖切断修復に対するHsp90阻害剤17AAGの影響

野口 実穂; 于 冬; 平山 亮一; 二宮 康晴; 関根 絵美子; 窪田 宜男; 安藤 興一; 岡安 隆一
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

142

DNA二重鎖切断修復におけるNBS1とATMの役割

中村 恭介; 坂本 修一; 飯島 健太; 望月 大輔; 勅使河原 計介; 小林 純也; 松浦 伸也; 田内 広; 小松 賢志
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

144

DNA二本鎖切断応答時にKu70/80がATMとATRのシグナル伝達経路を制御する

栗政 明弘; 富松 望; TAHIMIC Candice G. T.; 大槻 明広; BURMA Sandeep; 福原 暁子; 佐藤 建三; 汐田 剛史; 押村 光雄; CHEN David J.
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

145

DNA二本鎖切断再結合におけるATMと53BP1の役割

井原 誠; 小林 純也; 栗政 明弘; 小松 賢志; 工藤 崇
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

146

DNA二本鎖切断修復におけるATMの役割

井原 誠; 小林 純也; 栗政 明弘; 小松 賢志; 山下 俊一
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

147

DNAメチル化損傷の修復に関与する酵素間の相互作用の検証

那須 知尋; 松山 聡; 日下 裕之; 久保 喜平
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

148

DNA-タンパク質クロスリンク誘発剤に対する大腸菌修復欠損株の感受性

SALEM Amir; 的場 渚; 森下 聡; 坪井 智広; 寺東 宏明; 井出 博
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

152

Canonical versus or alternative NHEJ, in mammalian cells

RASS E.; GRABARZ A.; GUIROUILH-BARBAT J.; PLO I.; BERTRAND P.; *LOPEZ B. S.
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

153

Can hydrogen peroxide induce DSBs through a long-term cellular response?

勝部 孝則; 森 雅彦; 辻 秀雄; 塩見 忠博; 小野田 眞
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

155

An Educational System that Automatically Generates Conspicuous Contents

NAKAMURA RYOTA; INOUE AKIFUMI; ICHIMURA SATOSHI; OKADA KEN'ICHI; MATSUSHITA YUTAKA
2006-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

156

Acute visual loss in a case of orbital hematoma and anemia.

HIRANO YOSHIO; MATSUNAGA NORIKO; TAMAI KAZUSHI; OGURA YUICHIRO
2002-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)