Sample records for recovery
from WorldWideScience.org

Sample records 1 - 20 shown. Select sample records:



10

頚椎椎弓形成術後患者の職業復帰からみたADLの検討

川口 善冶; 安田 剛敏; 関 庄二; 野上 重治; 金森 昌彦; 木村 友厚

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

12

電界シールド型チャンバーによるヒ素酸化物の定量のための低温灰化

真野 孝子; 村端 紀代子; 大村 有美子; 中司 真二; 穂積 啓一郎

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

13

陶器部材を用いた豚舎汚水からのリン除去・回収技術

脇屋 裕一郎; 坂井 隆宏; 古田 祥知子; 関戸 正信; 河原 弘文; 鈴木 一好

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

15

長期経過再造林放棄地における植生回復に関する研究

大本 健司; 長島 啓子; 吉田 茂二郎; 保坂 武宣; 溝上 展也
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

17

都市ごみ焼却残渣からの多環芳香族炭化水素抽出溶媒の検討

佐藤 昌宏; 東條 安匡; 倉田 泰人; 松尾 孝之; 松藤 敏彦
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

20

豚肉発酵調味料“肉醤”の性質

三上 正幸; Trang Nguyen Hien; 島田 謙一郎; 関川 三男; 福島 道弘; 小野 伴忠

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

22

角打組物の圧縮特性に関する研究 -側面拘束無し条件での復元挙動について-

隆久 隆久; 大谷 章夫; 阿久津 公彦; 仲井 朝美; 濱田 泰以
2004-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

27

自由形ストローク動作の運動学的解析

猪股 伸晃; 坂本 雅昭; 中澤 理恵; 中川 和昌; 桜井 進一

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

28

自然軽快した急性脊髄硬膜外血腫の治療経験

北中 重行; 八田 陽一郎; 劉 和輝; 竹内 裕介; 奥田 良樹; 日下部 虎夫

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

34

脳内出血治療における内視鏡的血腫除去術の役割

片岡 大治; 山名 則和; 福田 仁; 鈴木 孝征; 安藤 充重; 福光 龍; 岩崎 孝一

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

35

群馬県草津町氷谷の風穴と氷利用文化

山口 健太郎; 和泉 薫; 河島 克久
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

41

簡素化溶媒抽出法によるU,Pu及びNp共回収

宮地 茂彦; 中原 将海; 佐野 雄一; 野村 和則; 北嶋 卓史; 小泉 務
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

42

立地環境の異なる人工林伐採跡地に成立した二次林の初期遷移過程

山川 博美; 伊藤 哲; 保坂 武宣; 吉田 茂二郎; 中尾 登志雄
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

48

無菌ヒナのリジン要求量

石橋 晃; 亀高 正夫; 尾崎 明; 山本 哲三; 光岡 知足

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

49

溶融リチウム中水素の真空回収

八木 重郎; 鈴木 晶大; 寺井 隆幸; 田中 知; 室賀 健夫
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

52

流動状態リチウムからのイットリウムによる水素同位体の回収

深田 智; 嘉手苅 健一; 枝尾 祐希; 玉利 健; 中村 博雄
2011-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

54

水稲における肥料利用効率の向上を考慮した植物成長調整剤の利用

安達 祐介; 猿橋 裕; 木村 和彦; 三枝 正彦; 渡邊 肇
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

55

水熱鉱化処理による廃水中の溶存クロムの除去と資源回収

今泉 晴貴; 柴田 充; 板倉 剛; 笹井 亮; 伊藤 秀章
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

58

歯の乾燥と湿潤による色調変化

池島 巌; 原田 千鶴子; 桃井 保子
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

59
61

棘突起縦割法脊柱管拡大術後の回復経過の検討

鈴木 亨暢; 下形 光彦; 吉村 康夫; 薄井 雄企; 三澤 弘道

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

66

時系列リモートセンシング画像を用いたハリケーン「カトリーナ」被災後の森林植生の回復過程解析

湯谷 享泰; 岩永 史子; 長澤 良太; ピアス サミュエル; サンダース リンゼイ; ペチェシュキ レザ; *山本 福壽
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

67
69

携帯電話リサイクルによる資源回収効果の推計

高橋 和枝; 中村 二朗; 松野 泰也; 足立 芳寛
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

70

拡張Lagrange関数法によるCO2除去・濃縮システムの最適化方法の検討

垣上 英正; 井上 元; 松隈 洋介; 峯元 雅樹; 安武 昭典; 岡 伸樹

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

74

慣性静電閉じ込め核融合装置における電子エネルギーの回収実験

梶原 泰樹; 増田 開; 全 炳俊; 中川 知也; 長崎 百伸
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

80

平成18年豪雪による雪崩災害の発生状況

和泉 薫; 河島 克久; 伊豫部 勉
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

82

屎尿分離トイレを用いた尿からのMAP回収プラントの開発

原田 英典; 清水 芳久; 佐藤 大介; 宮越 優; 松井 三郎; 松田 知成; 長坂 俊樹
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

84

富山県におけるスギ林伐採跡地の樹林化プロセス

図子 光太郎; 中島 春樹; 高橋 由佳; 相浦 英春
2011-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

85

家計の流動性制約が水害被災家計の復旧過程に及ぼす影響

関川 裕己; 湧川 勝己; 大西 正光; 小林 潔司
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

87

嫌気性処理水に含まれる溶存メタンの密閉型DHS装置によるガス化回収

大河原 正博; 幡本 将史; 西山 桂太; 松浦 哲久; 阿部 憲一; 珠坪 一晃; 井町 寛之; 原田 秀樹; 山口 隆司; 大橋 晶良
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

100

南海掘削ステージ1Aのコア試料による非弾性ひずみ測定の速報結果

林 為人; Byrne Timothy; 堤  昭人; 坂口 有人; IODP Expedition 315 & 316 乗船研究者一同
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

104

再造林放棄地における植生回復とその要因

井口 朝道; 吉田 茂二郎; 保坂 武宣; 溝上 展也; 長島 啓子; 村上 拓彦
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

113

九州地域における再造林放棄地の植生回復状況

長島 啓子; 吉田 茂二郎; 村上 拓彦; 保坂 武宣
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

119

リハビリテーション経過中に生じた「術後第5頸髄節麻痺」の1例

杉山 謙; 近藤 健男; 新藤 恵一郎; 沖井 明; 出江 紳一
2005-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

123

ポリエステル/綿混紡織物の液体アンモニア処理

脇田 登美司; 林 文; 齋藤 益美; Myung Sun Lee; Muncheul Lee; 岡田 達; 柳内 雄一

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

127
130

ハイドロタルサイト担持繊維 (HTCF) のリン吸着能力・再生特性

大島 久満; 桑原 智之; 佐藤 利夫; 川本 有洋; 大久保 彰; 森 真一朗
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

134
139

スギ人工林間伐後の樹冠葉量回復過程

齋藤 武史; 大原 偉樹; 金子 智紀; 和田 覚
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

148
152

Time-dependent behaviour of oil reservoir chalk: A multiphase approach

De Gennaro, Vincenzo; Delage, Pierre; Cui, Yu Jun; Schroeder, Christian; Collin, Frédéric

In the North Sea Ekofisk oilfield, oil is located in a 300 m thick layer of porous chalk (n = 40-50%) at a 3000 m depth. After the initial phase of depletion an enhanced oil recovery procedure was carried out by injecting sea water (waterflooding). An unexpected consequence of this waterflooding has...

DRIVER (Japanese)

154
157

Technology Transfer and Technological Capability Building in Informal Firms in Tanzania

Szogs, Astrid

Technology transfer is important to understand how knowledge is transformed to economic value. Applying a case study approach, this thesis investigates the technology transfer efforts from the University of Dar Es Salaam to indigenous informal SMEs in Tanzania and examines the impact of one of their...

DRIVER (Japanese)

160

SiCの中性子照射損傷の回復

山崎 宰春; 今井 雅三; 矢野 豊彦
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

164

STUDY OF A FUEL CYCLING SCHEME WITH PARTIAL MOX FUEL PWR

ボード アン ハイ ダン; 中村 剛; 山下 雄三; 古藤 健司
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

165

STABILITY TEST RESULT OF THE JAPANESE TEST COIL FOR THE LARGE COIL TASK AT THE DOMESTIC TEST

Nishi, M.; Ando, T.; Hiyama, T.; Tsuji, H.; Takahashi, Y.; Okuno, K.; Yoshida, K.; Tada, E.; Koizumi, K.; Kato, T.; Nakajima, H.

The designing work of the Japanese LCT coil was begun based on the cold end recovery criterion. But, as the result of research and development work on the conductor's cooling surface, the completed coil was estimated to be in the unconditional recovery region more stable than the cold end one. This ...

DRIVER (Japanese)

169

Procedure for recovery of enteroviruses from the Japanese cockle Tapes japonica.

Johnson, K M; Straube, D C; Cooper, R C

The most likely shellfish to be harvested if sportfishing is reinstated in San Francisco Bay is the Japanese cockle Tapes japonica. The virus levels present in these shellfish are unknown and need to be evaluated before the shellfish beds are open. Towards this end, a procedure for recovering and co...

DRIVER (Japanese)

171

Perfluoropolymer surface for stable homeotropic alignment of smectic liquid crystals

Jeong Soon Moon; *Kim Jin Ki; Shimbo Yoshio; Araoka Fumito; Dhara Surajit; Ha Na Young; Ishikawa Ken; Takezoe Hideo
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

178
185
187

Effekte des If-Kanal-Inhibitors Ivabradin auf humanes atriales Myokard im Vergleich zum β-Blocker Metoprolol

Leder, Marc-Christian

Der Zusammenhang zwischen einer erhöhten Herzfrequenz (HF) und kardialer Morbiditäten und Mortalität ist belegt. Durch die Entwicklung der If-Inhibitoren ergibt sich eine Möglichkeit, zur direkten Einflußnahme auf die HF. Mit Ivabradin (Iva) ist seit 2005 der erste Vertreter dieser Substanzklasse au...

DRIVER (Japanese)

188

Diffuse cerebral swelling

Shiro Kobayashi; Shozo Nakazawa; Hiroyuki Yokota; Kouzo Yajima; Masami Yano; Toshibumi Otsuka

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

190

Developing Automated Gas Recovery System for SF6/N2 Insulation Gas Mixtures

電気学会論文誌A(基礎・材料・共通部門誌);  Vol. 125 (2005) No. 1  pp.57-62

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

191

Comparison of pre-operative psychological evaluations and clinical results in patients with spinal disorders

Yoshikazu Genbun; Yasumasa Shirai; Masabumi Miyamoto; Kazuhiro Kaneda; Sachiko Koizumi; Hisashi Kurosawa; Shigetada Fujinami

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

194

CYBEXを用いた全人工股関節置換術後の筋力回復に対する検討

中井 毅; 前田 一哉; 坂本 勇二郎; 安藤 伸也; 増原 建作

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

195

CYBEXを用いた全人工股関節置換術後の筋力回復に対する検討

中井 毅; 前田 一哉; 坂本 勇二郎; 安藤 伸也; 増原 建作
2000-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

199

Application of Pulsed Magnetic Stimulation for Recovery from Muscle Fatigue in Hypokalemic and Normal Wistar Rats

Atsuo NURUKI; Sei-ichi TSUJIMURA; Hirotaka FURUICHI; Tomoko TAKENAKA and Kazutomo YUNOKUCHI
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

201

Yeung, Oi-yan; 楊靄茵

DRIVER (Japanese)

202

Ritschl, Albrecht

This paper examines the effects of deficit spending and work-creation on the Nazi recovery, employing archival data on the public deficit and modern time series techniques. Although deficit spending was tried and full employment was reached within four years, the fiscal impulse generated by the defi...

DRIVER (Japanese)

203

Feuchtwang, Stephan

DRIVER (Japanese)