Sample records for prediction
from WorldWideScience.org

Sample records 1 - 20 shown. Select sample records:



3

SPEEDI線量予測の信頼性評価

林津 雄厚; 芹澤 茂; 山崎 哲夫
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

7

風況シミュレーションソフトを用いた風害発生の予測

谷川 直太; 加治佐 剛; 太田 徹志; 溝上 展也; 内田 孝紀; 吉田 茂二郎
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

10

雪氷災害発生予測のための気象予測実験と地上観測の比較

本吉 弘岐; 中井 専人; 佐藤 威; 根本 征樹; 佐藤 篤司
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

11

雑音耐性に優れたいびきのホルマント周波数解析に基づく閉塞型無呼吸症候群と単純いびき症との識別

榎本 崇宏; Udantha R. ABEYRATNE; 楠本 哲也; 芥川 正武; 近藤 英司; 川田 育二; 東 貴弘; 小中 信典; 木内 陽介

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

18

進行食道がんにおける術前化学放射線療法の効果予想マーカーの開発

幕内 洋介; 本田 一文; 逢坂 由明; 篠原 玄夫; 土田 明彦; 青木 達哉; 山田 哲司

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

20

送電線の現地気象推定手法の研究

渡邊 幸樹; 守護 雅富; 和田 浩治
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

21

近赤外分析法の糞中の成分と消化率推定への適用

Agung PURNOMOADI; 栗原 光規; 西田 武弘; 柴田 正貴; 阿部 亮; 亀岡 暄一

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

22

近赤外分析法による飼料の消化率とエネルギー価の2推定方法の比較

Agung PURNOMOADI; 栗原 光規; 西田 武弘; 寺田 文典; 阿部 亮; 濱田 龍夫

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

29
30

薬物誘発性不整脈の発生危険度予測システムの開発

村上 慎吾; 鈴木 慎悟; 上島 豊; 野村 泰伸; 倉智 嘉久

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

32

自由鍛造におけるインコネル718プロセスモデリング技術の開発

八田 武士; 廣中 智久; 吉田 広明; 五十川 幸宏; 益永 敦郎

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

38

粒子系モデルによる衣服圧推定に関する研究

堀場 洋輔; 乾 滋; 高寺 政行; 清水 義雄
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

40

第16回日本肺臓学会西部会

肝臓;  Vol. 22 (1981) No. supplement3  pp.18-18

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

53

浅層砂礫層における揮発性有機化合物の気液混合抽出法による土壌浄化と浄化予測

長藤 哲夫; 鈴木 孝治; 下村 雅則; 中杉 修身; 平田 健正; 鞍谷 保之
1994-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

57

機能予測

木下 賢吾; 木寺 詔紀
2000-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

59
62

時系列検査データと予測値

牛山 喜久; 金井 正光; 広沢 毅一; 細萱 茂美

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

70

従来型テクニカル分析手法をより効果的なものとするための数多くのニューラルネットの活用

馬場 則夫; 西田 将人; *任 鋼; 朝倉 智明; 井之上 総平; 大屋戸 夕貴; 坂本 健一; 甲斐 良隆
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

71

廃棄物海面埋立地浸出水処理施設の設計

高見澤 一裕; 山本 攻; 福永 勲; 井上 善介; 本多 淳裕

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

77
80

多翼ファンの内部流動に基づく比騒音の予測

佐々木 壮一; 児玉 好雄; 林 秀千人; 畠山 真
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

88

原子力防災訓練におけるSPEEDIの活用と予測の検証について

芹澤 茂; 山崎 哲夫; 梅山 信昭; 竹村 守雄; 森内 茂
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

92

厚板すみ肉溶接における倒れ変形推定方法の開発

中谷 光良; 北側 彰一; 古堅 光夫; 大垣 信二; 黄地 尚義

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

100

光学ポリマーの屈折率予測システム

谷尾 宣久; 桃野 裕介; 細井 敬太; 大倉 雅史; 松原 潤樹

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

104

予測の価値

山田 雄二
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

112

ポンプ用羽根車のスラリー摩耗深さ予測

杉山 憲一; 長坂 浩志; 榎本 隆; 服部 修次
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

114

ホルスタイン雌牛の検定日記録から乳期生産量を予測する3種の方法の比較

萩谷 功一; 安宅 倭; 河原 孝吉; 後藤 裕作; 鈴木 三義; 白井 達夫; 渥美 正

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

115

フェライト系ステンレス鋼の材質予測技術の開発

平野 伸和; 藤原 正尚; 吉田 広明; 五十川 幸宏
2005-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

116

ヒノキ人工林における侵食量推定

福山 泰治郎; 恩田 裕一; 五味 高志; 竹中 千里
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

121

ニューラルネットワークによる株価変動の予測

大場 夏樹; 最上 義夫; 小野 典彦; 池田 建司
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

125

タンパク質間相互作用の共進化情報に基づく予測

佐藤 哲也; 山西 芳裕; 金久 實; 藤 博幸
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

130

セクション (7) 地域健康管理計画

P.L. Reichertz; R. Engelbrecht; G. Laude; H.-O. v. Gaertner; V. Spromann; W. Weingarten; E. Filsinger; Heimers

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

134

コンクリート中の鋼材腐食と外観変状の予測および外観変状による予測の修正

上東 泰; 野島 昭二; 紫桃 孝一郎; 丸屋 剛; 武田 均; 宮川 豊章
2005-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

135

コムギの出穂期を基準とした開花期予測

神崎 正明; 大場 淳司; 辻本 淳一; 千田 洋
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

145

ウェーブレットフラッタ推定法

飯尾 正信; 上田 哲彦; 池田 忠繁
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

149

Virtual Touch Tissue Quantificationを用いた肝脾硬度測定による食道静脈瘤予測に関する検討

詫間 義隆; 守本 洋一; 友國 淳子; 利國 信行; 高畠 弘行; 下村 宏之; 山本 博

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

151

Using Additional Information on Working Hours to Predict Coronary Heart Disease

Kivimaki, M; Batty, GD; Hamer, M; Ferrie, JE; Vahtera, J; Virtanen, M; Marmot, MG; Singh-Manoux, A; Shipley, MJ

Background: Long working hours are associated with increased risk for coronary heart disease (CHD). Adding information on long hours to traditional risk factors for CHD may help to improve risk prediction for this condition.Objective: To examine whether information on long working hours improves the...

DRIVER (Japanese)

152

The total percentage of biopsy cores with cancer improves the prediction of pathological stage after radical prostatectorny

Winkler, MH; Khan, FA; Kulinskaya, E; Hoh, IM; McDonald, D; Boustead, G; Kaisary, AV

OBJECTIVE To examine whether the simple variable 'percentage of cancer-positive biopsy cores' is a significant predictor of true pathological stage after radical prostatectonny and can be used to improve pathological stage prediction by simple means. PATIENTS AND METHODS In all 375 patients had a ra...

DRIVER (Japanese)

153

The Kallikrein-Related Peptidases hK2 and PSA with Emphasis on Genetic Variation, Secretion, and Sperm Motility

Sävblom, Charlotta

Prostate-specific antigen (PSA) and human glandular kallikrein 2 (hK2) are secreted by the prostate into seminal plasma and through leakage into blood. This leakage increases rapidly in prostate disease, and PSA is used worldwide as a marker of prostate cancer. PSA is activated in vitro by hK2, and ...

DRIVER (Japanese)

158

Seismic prediction ahead of a tunnel face - Modeling, field surveys, geotechnical interpretation

Lüth, S.; Rechlin, A. J.; Giese, R.; Tzavaras, J.; Groß, K.; Buske, S.; Jetschny, S.; De Nil, D.; Bohlen, T.

An important precondition for underground construction is a detailed knowledge of the soil and/or rock conditions in the area of the construction. In order to overcome existing limitations in classical exploration methods, research and development for exploration ahead of a tunnel face focuses on: h...

DRIVER (Japanese)

165

Recent Progress in Seismo Electromagnetics (Electromagnetic Phenomena Associated with Earthquakes)

電気学会論文誌A(基礎・材料・共通部門誌);  Vol. 126 (2006) No. 1  pp.43-44

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

168

Prediction of Solidification Cracking by In-situ Observation and 3D FEM-Analysis

WEN Peng; SHINOZAKI Kenji; YAMAMOTO Motomichi; SENDA Yasutaka; TAMURA Tomoko; NEMOTO Norio

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

170

Prediction of Possibility of Serious Deforestation using Logistic Regression Model

ミャット ス モン; Kyaw Htun; 吉田 茂二郎; 溝上 展也
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

171

Prediction of Nasopharyngeal Carcinoma Recurrence Using Neuro-Fuzzy based techniques

Kumdee Orrawan; Seki Hirosato; Ishii Hiroaki; Bhongmakapat Thongchai; Ritthipravat Panrasee
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

178

Ni基単結晶超合金の1000℃域クリープ強度因子解析

佐藤 彰洋; 横川 忠晴; 小泉 裕; 小林 敏治; 原田 広史

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

179

Ni基単結晶耐熱合金の重回帰分析による熱疲労寿命予測

大畠 宏文; 横川 忠晴; 小林 敏治; 呂 芳一; 原田 広史

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

181

Milk Nitrogenous Components as Measured by Near Infrared Spectroscopy-study on the Repeatability for Predicting Different Population Samples

Agung PURNOMOADI; Keshab Kumar BATAJOO; Itoko NONAKA; Kouji HIGUCHI; Koichiro UEDA; Osamu ENISHI; Takehiro NISHIDA; Mitsunori KURIHARA; Fuminori TERADA

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

184

Is Earthquake Prediction Possible by Means of Electromagnetic Phenomena ?

電気学会論文誌A(基礎・材料・共通部門誌);  Vol. 124 (2004) No. 1  pp.3-4

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

186

GMDHによる下水処理場の放流水質の推定モデル (第2報)

山村 優; 北岸 秀司; 山下 輝幸; 井上 順平; 山脇 重信; 馬場 〓一; 小瀬 洋喜

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

189

C型慢性肝炎に対するペグインターフェロン,リバビリン併用療法24週時の血清HCV RNA陰性予測におけるコア抗原の有用性

釈迦堂 敏; 田中 崇; 猪俣 慎二郎; 阿南 章; 松本 照雄; 花野 貴幸; 上田 秀一; 森原 大輔; 西澤 新也; 竹山 康章; 横山 昌典; 入江 真; 岩田 郁; 早田 哲郎; 向坂 彰太郎

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

190

CFDを用いたポンプ軸スラストの予測

原田 一郎; 小林 克年; 小野 滋義
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

191

Bone turnover markers and prediction of bone loss in elderly women

Lenora, Janaka

Around 70,000 osteoporosis-related fractures occur in Sweden annually and approximately half of the women in western world will sustain a fragility fracture after the age of 50 years. Fracture preventive efforts require the identification of individuals who are at high risk. Biochemical markers of b...

DRIVER (Japanese)

198

6ヵ月齢までの子牛の尿中エネルギー含量の推定

関根 純二郎; 花田 正明; 森田 茂; 諸岡 敏生; 近藤 誠司; 大久保 正彦; 朝日田 康司

Journal@rchive (Japan) (Japanese)