Sample records for liver
from WorldWideScience.org

Sample records 1 - 20 shown. Select sample records:



3

脳死肝移植

北海道肝臓移植研究会; 谷口 雅彦; 古川 博之; 嶋村 剛; 鈴木 友己; 山下 健一郎; 藤堂 省
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

4

第26回 日本急性肝不全研究会

肝臓;  Vol. 41 (2000) No. 9  pp.679-680

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

5

第23回 日本肝臓学会東部会抄録

肝臓;  Vol. 30 (1989) No. 12  pp.1755-1758

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

6

2型糖尿病における脂肪肝の臨床的特徴および危険因子の検討

利國 信行; 中島 弘二; 大本 明義; 満永 幹雄
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

7

日本の肝移植医療における移植肝臓内科医の役割と展望

山敷 宣代; 菅原 寧彦; 田村 純人; 幕内 雅敏; 小俣 政男
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

8

第27回日本肝臓学会総会

肝臓;  Vol. 32 (1991) No. supplement1  pp.40-41

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

9

第24回日本肝臓学会総会

肝臓;  Vol. 29 (1988) No. supplement1  pp.36-36

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

10

肝機能異常を伴った多発性骨髄腫の1例

斎藤 広信; 高橋 敦史; 阿部 和道; 物江 恭子; 菅野 有紀子; 横川 順子; 大平 弘正
2011-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

11

第26回日本肝臓学会西部会

肝臓;  Vol. 32 (1991) No. supplement2  pp.27-28

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

12

第24回日本肝臓学会西部会

肝臓;  Vol. 30 (1989) No. supplement3  pp.28-28

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

13

第23回日本肝臓学会東部会

肝臓;  Vol. 29 (1988) No. supplement2  pp.20-21

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

14

MR Elastographyの初期経験:組織学的線維化スコアとの対比

本杉 宇太郎; 市川 智章; 曹 博信; 佐野 勝廣; 荒木 力
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

15

生体肝移植により治癒したspur cell anemiaの1例

中塚 英樹; 佐藤 好信; 大矢 洋; 山本 智; 黒崎 功; 白井 良夫; 畠山 勝義
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

17

日本肝臓学会コンセンサス神戸2009:NASHの診断と治療

岡上 武; 西原 利治; 小野 正文; 角田 圭雄; 橋本 悦子; 田村 信司; 山田 剛太郎; 河田 純男; 工藤 正俊
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

18

転移性肝癌と鑑別を要した膵頭十二指腸切除術および残胃全摘後の限局性脂肪肝の1例

野坂 加苗; 植木 賢; 孝田 雅彦; 藤井 容子; 有本 一仁; 應儀 長子; 村脇 義和
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

19

日本の脳死肝移植医療における適応,評価,待機の現状と問題点:東大移植チームの経験から

山敷 宣代; 菅原 寧彦; 田村 純人; 金子 順一; 野尻 佳代; 小池 和彦; 國土 典宏
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

20

進行性で致命的な経過をたどった特発性Peliosis hepatisの1例

北原 拓也; 久保 恭仁; 吉澤 海; 安部 宏; 会澤 亮一; 松岡 美佳; 相澤 良夫; 砂川 恵伸; 高山 忠利; 幕内 雅敏
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

21

著明な肝障害を伴ったプロトポルフィリン症の1例

嶋崎 宏明; 有馬 裕子; 中野 卓二; 村尾 道人; 新田 佳史; 原田 雅生; 川部 直人; 橋本 千樹; 長野 健一; 石川 哲也; 奥村 明彦; 林 和彦; 片野 義明; 黒田 誠; 吉岡 健太郎
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

22

減量再投与により肝障害再発の回避が可能であったメシル酸イマチニブによる薬物性肝障害の1例

綾田 穣; 石川 哲也; 奥村 明彦; 堀田 直樹; 古田 恵子; 山内 妙子; 土方 康孝; 大橋 知彦; 佐藤 顕; 各務 伸一
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

23

『劇症肝炎に対する肝移植適応ガイドライン』の小児期発症劇症肝不全への適用

十河 剛; 日衛嶋 栄太郎; 菅原 秀典; 角田 知之; 小松 陽樹; 乾 あやの; 阿久津 麗香; 小原 由起子; 宇佐美 晶子; 小林 光太郎; 高橋 宏行; 星野 健; 藤澤 知雄
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

24

Child-Pugh B肝硬変合併肝細胞癌に対するミリプラチン動注化学療法の検討

今井 則博; 池田 健次; 瀬古 裕也; 平川 美晴; 川村 祐介; 保坂 哲也; 小林 正宏; 斎藤 聡; 瀬崎 ひとみ; 芥田 憲夫; 鈴木 文孝; 鈴木 義之; 荒瀬 康司; 熊田 博光
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

25

肝限局性結節性過形成による下大静脈狭窄によりBudd-Chiari症候群様の血流異常を認めた1例

川村 梨那子; 関 寿人; 古川 富紀子; 朝山 俊樹; 井口 亮輔; 梅原 秀人; 池田 耕造; 是枝 ちづ; 岡崎 和一; 海堀 昌樹; 權 雅憲; 坂井田 紀子
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

26

Acoustic Radiation Force Impulseによる非侵襲的肝線維化診断法の有用性

飯島 尋子; 田中 弘教; 吉田 昌弘; 池田 直人; 山本 晃久; 岩田 恵典; 榎本 平之; 齋藤 正紀; 今西 宏安; 下村 壯治; 中正 恵二; 廣田 誠一; 辻村 亨; 西口 修平
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

27

ALTが長期間正常にもかかわらず組織学的に高度の炎症像を認めたNASHを基盤に発症したと考えられる高齢女性肝硬変の4例

杉本 元信; 中西 員茂; 瓜田 純久; 永井 洋子; 原 規子; 加藤 博人; 秋元 達雄; 渡辺 周治; 本田 善子; 島田 長人; 渡辺 学; 野中 博子
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

28

ARFI(Acoustic Radiation Force Impulse):新しい非侵襲的方法による肝線維化の評価

高木 慎太郎; 川上 由育; 阿座上 隆広; 木村 友希; 横山 聡栄; 片村 嘉男; 河岡 友和; 實藤 宏美; 石飛 朋和; 柘植 雅貴; 平松 憲; 脇 浩司; 今村 道雄; 兵庫 秀幸; 相方 浩; 高橋 祥一; 茶山 一彰
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

29

Real-time Tissue Elastographyを用いた肝線維化の非侵襲的評価法〜Liver Fibrosis Index(LF Index)によるstage判定

藤本 研治; 加藤 道夫; 外村 明子; 矢田 典久; 辰巳 千栄; 尾下 正秀; 和田 滋夫; 上嶋 一臣; 石田 哲士; 古田 朋子; 山崎 大; 辻本 正彦; 元木 満; 三竹 毅; 金 栄浩; 山本 佳司; 椎名 毅; 工藤 正俊; 林 紀夫
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

32
33

魚類の生殖腺成熟に関する生理学的研究-II

会田 勝美; 広瀬 慶二; 横手 元義; 日比谷 京

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

37

食餌成分によるラット新生仔肝チトクロムP450の誘導

荒井 美幸; 杉原 数美; 北村 繁幸; 太田 茂
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

39

配座固定を基盤とした核内受容体LXRの新規アンタゴニスト創製

青山 惇; 青山 洋史; 闐闐 孝介; 石本 憲司; 槇島 誠; 土井 健史; 橋本 祐一; 宮地 弘幸
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

40

進行慢性肝炎 (F3) と初期肝硬変 (F4) の鑑別における肝USスコアの有用性

西浦 哲哉; 渡辺 秀明; 河野 義彦; 伊東 正博; 大畑 一幸; 藤本 俊史; 大黒 学; 八橋 弘; 松岡 陽治郎; 石橋 大海
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

44

脳死肝移植

北海道肝臓移植研究会; 谷口 雅彦; 古川 博之; 嶋村 剛; 鈴木 友己; 山下 健一郎; 藤堂 省

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

45

胆管結紮ラットにおけるボセンタンの体内動態

堀内 威佐男; 森 ゆんい; 田口 雅登; 市田 蕗子; 橋本 征也
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

46

肝臓におけるタウリン輸送機構

池田 早織; 赤沼 伸乙; 立川 正憲; 細谷 健一
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

48

肝移植後のC型肝炎ウイルス再感染にともなう問題点-世界の動向とわが国の立場-

市田 文; 森 広樹; 菊池 哲; 阿部 哲史; 石川 雅邦; 村上 ロミ; 成田 諭隆; 小川 薫
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

50

肝移植による門脈側副血行路の変化

近森 文夫; 井上 敦; 岡本 博司; 国吉 宣俊; 国吉 和重; Selvaggi Gennaro; Nishida Seigo; Tzakis Andreas G.; 河島 孝彦; 高瀬 靖広
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

51

肝移植における超音波診断

菅原 寧彦; 幕内 雅敏
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

56

肝癌における肝移植

幕内 雅敏; 菅原 寧彦
2005-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

57

肝生検後の胆道出血の1例 : 自然消退への経過とカラーモザイク所見の推移について

山本 修一; 丸山 紀史; 瀬座 文香; 桝谷 佳生; 露口 利夫; 松谷 正一; 税所 宏光; 真々田 賢司; 野村 文夫; 杉浦 信之
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

58

肝及び小腸CYP3A活性と体内脂質レベルとの関係性

太田井 寛; 岩永 一範; 宮崎 誠; 掛見 正郎
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

59

肝切除後のApolipoproteinを指標とした肝機能評価と選択的アミノ酸投与による肝不全対策

桂巻 正; 水口 徹; 永山 稔; 目黒 誠; 木村 康利; 山口 浩司; 古畑 智久; 平田 公一
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

61

肝S8 focal spared areaの1例

片桐 義文; 鬼束 惇義; 飯田 豊; 杉本 琢哉; 井原 頌
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

63

経皮的肝腫瘍生検にて診断された肝原発神経内分泌癌の1例

長谷川 裕子; 葛下 典由; 中水流 正一; 伊藤 麻里; 荒木 学; 吉岡 千晶; 末村 茂樹; 大田 真紀代; 由雄 敏之; 外山 隆; 伊倉 義弘; 三田 英治
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

64

硬変肝表面結節像の超音波検査による分類

西浦 哲哉; 渡辺 秀明; 河野 義彦; 伊東 正博; 小森 敦正; 藤本 俊史; 大黒 学; 八橋 弘; 松岡 陽治郎; 石橋 大海
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

66

生体肝移植の術後管理と合併症

清水 哲也; 清水 哲也; 田尻 孝; 秋丸 琥甫; 吉田 寛; 横室 茂樹; 真々田 裕宏; 谷合 信彦; 川野 陽一; 水口 義昭; 高橋 翼; 水田 耕一; 河原崎 秀雄
2003-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

73

本邦における生体肝移植

谷合 信彦; 秋丸 琥甫; 吉田 寛; 田尻 孝
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

82

巨大感染性肝嚢胞の一例

田中 俊樹; 竹中 博昭; 林 雅規; 小野田 雅彦; 守田 信義; 濱野 公一
2005-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

83

小児における脂肪肝とプレメタボリックシンドロームの関連性について

渡邉 恒夫; 森田 綾子; 宇野 由里子; 林 恭子; 川瀬 晴美; 加藤 義弘; 松岡 敏男; 伊藤 弘康; 清島 満
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

87

多包性肝エキノコッカス症の1例

郷間 薫; 吉田 秀紀; 川井 夫規子; 下田 将之
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

88

卵黄生成に関する生化学的研究

飯田 九州男; 青木 幸子; 庄司 圭吾; 麻生 和衛

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

94

全身性エリテマトーデスの経過中に肝障害をきたした1例

則武 秀尚; 小林 良正; 早田 謙一; 川村 欣也; 川田 一仁; 高橋 百合美; 渡辺 晋也; 末廣 智之
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

95

健康診断で血清肝酵素活性の上昇がみられ肝生検を行った若齢猫の8例

杉本 典子; 鈴木 清美; 棚橋 咲子; 加藤 万由子; 平野 貴史; 高橋 多樹; 西飯 直仁; 湯木 正史
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

96

低体温療法時における薬物動態変動のin vitro肝ホモジネート実験系による予測

宮元 敬天; 麓 伸太郎; 中嶋 幹郎; 佐々木 均; 西田 孝洋
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

98

下垂体腺腫摘出後に非アルコール性脂肪肝炎を発症し,肝硬変に至った糖尿病の1症例

安芸 菜奈子; 松下 玲子; 三浦 順之助; 柳沢 慶香; 佐倉 宏; 八辻 賢; 橋本 悦子; 白鳥 敬子; 岩本 安彦
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

99

ラット歯周炎モデルにおける肝病変に及ぼすブラッシングの影響

三部 俊博; 友藤 孝明; 江國 大輔; 山中 玲子; 東 哲司; 玉木 直文; 山本 龍生; 渡邊 達夫; 宮内 睦美; 高田 隆
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

105

マハラノビス距離を用いた球面SOMによる肝疾患判別支援法

神崎 訓枝; 松野 洋平; 山内 仁; 金川 明弘
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

107

マウス肝臓におけるCYPおよびUGT発現に及ぼすヒドロコタルニンの影響

五十嵐 信智; 須藤 智史; 堀田 麻乃; 伊藤 清美; 落合 和; 杉山 清
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

110

フェノフィブラートによる肝機能検査値上昇の危険因子に関する研究

早川 達; 林 明美; 宮川 舞子; 下山 光一; 関谷 繁; 関口 雅友; 猪爪 信夫

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

111

フェノフィブラートによる肝機能検査値上昇の危険因子に関する研究

早川 達; 林 明美; 宮川 舞子; 下山 光一; 関谷 繁; 関口 雅友; 猪爪 信夫
2002-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

113

ヒト肝・小腸におけるグルクロン酸抱合代謝の定量的予測 

中森 文洋; 成富 洋一; 森口 博行; 山野 勝弘; 寺下 茂之; 寺村 俊夫
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

114

ヒト肝subcellular分画中の蛋白質の同定

上野 郁子; 野津 祐三; 正田 純一; 次田 晧; 上條 憲一
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

116

ニジマス脂質代謝の内分泌調節-I.

隆島 史夫; 日比谷 京; 渡辺 武; 原 武史

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

120

タイワンシジミ抽出物がラットの肝機能に及ぼす影響

千々松 武司; 山田 亜希子; 宮木 寛子; 吉永 智子; 村田 夏紀; 秦 政博; 阿部 和明; 小田 裕昭; 望月 聡
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

124

ウナギ肝臓の乳酸脱水素酵素の生化学的性質

林 征一; 大城 善太郎; 板倉 隆夫; 増田 育司

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

135

cDNAマイクロアレイを用いた慢性肝炎,肝硬変,肝細胞癌の解析

本多 政夫; 金子 周一; 河合 博志; 代田 幸博; 小林 健一
2001-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

136

V-1. 軟体類の処理

関 秀司; 川辺 雅生
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

137

Use of toxicogenomics for discrimination between the types of liver weight increase

Abe-Tomizawa Kaori; Minowa Yohsuke; Morishita Katsumi; Yamada Hiroshi; Urushidani Tetsuro; Ohno Yasuo
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

138

Use of toxicogenomic profiling in single-dose studies for predicting the type of liver weight increase

Kaori ABE-TOMIZAWA; Yohsuke MINOWA; Katsumi MORISHITA; Hiroshi YAMADA; Tetsuro URUSHIDANI; Yasuo OHNO
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

140

Three novel mutations in the liver-type arginase gene in three unrelated Japanese patients with argininemia.

Mizutani, N; Uchino, T; Aparicio, J M; Haraguchi, Y; Higashikawa, M; Matsuda, I; Naitoh, H; Mori, M

Argininemia is caused by a hereditary deficiency of liver-type arginase (E.C.3.5.3.1) and is characterized by psychomotor retardation and spastic tetraplegia. We examined findings in three Japanese patients with argininemia, by using the PCR, cloning, and sequencing procedures. We found three differ...

DRIVER (Japanese)

144

Ribonuclease and amylase activities in duodenal juice of liver disease

Takehiko Tsunashima; Terukatsu Arima; Kimio Oka; Yoshito Ohashi; Showichi Kita

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

146

Radioprotective and metalloprotective efficacy of Panax ginseng in Swiss albino mice

SHARMA Mukesh Kumar; SHARMA Ambika; KUMAR Ashok; MATSUMOTO Yoshihisa; KUMAR Madhu
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

147

Quantitative 2D-µHPLC MALDI-TOF MS reveals serum peptides related to the disease progression in patients with chronic hepatitis C

Meno Kohji; Yamaguchi Eiji; Fujimoto Hirotaka; Tanigawa Tetsuo; Hiroyuki Fukuda; Ohmi Shinobu; Katagiri Takuya; Shiraki Katsuya; Uchida Kazuhiko
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

149

Presence of a newly described human DNA virus (TTV) in patients with liver disease

Naoumov, NV; Petrova, EP; Thomas, MG; Williams, R

Background A newly described DNA virus, named transfusion-transmitted virus (TTV), was recently detected with high prevalence in Japanese patients with fulminant hepatitis end chronic liver disease of unknown aetiology. We investigated the presence of this virus in patients with liver disease in the...

DRIVER (Japanese)

150

Polychlorinated biphenyls as inducers of hepatic porphyria in Japanese quail, with special reference to δ-aminolevulinic acid synthetase activity, fluorescence, and residues in the liver

Vos, J.G.; Strik, J.T.W.A.; Holsteyn, C.W.M. van; Pennings, J.H.

Male Japanese quail were orally dosed, daily for 7 days, with 1000, 500, 250, 100, 50, and 0 mg PCB (Aroclor 1260) per kg body weight. The birds receiving 1000 mg/kg died. A dose-related increase in liver and liver: body weight ratio was found. Macroscopic and microscopic examination under ultraviol...

DRIVER (Japanese)

153

PXBマウスにおけるドナー年齢別薬物代謝酵素発現量比較

大下 浩樹; 柳 愛美; 石田 雄二; 立野 知世
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

154

Outcomes of liver transplantation in 490 patients with hepatocellular carcinoma: Validation of a uniform staging after surgical treatment

Vauthey, Jean-Nicolas; Ribero, Dario; Abdalla, Eddie; Jonas, Sven; Bharat, Ankit; Schumacher, Guido; Lerut, Jan; Chapman, William C.

BACKGROUND: The aim of this study was to compare the ability of staging systems (American joint Committee on Cancer/Union Internationale contre le Cancer [AJCC/UICC], Japanese TNM, Pittsburgh, United Network for Organ Sharing [UNOS], Cancer of the Liver Italian Program [CLIP], Japan Integrated Stagi...

DRIVER (Japanese)

155

OXIDATION/GLUCURONIDATION OF A NOVEL NEUROPROTECTIVE AGENT T-817MA IN HUMAN AND MONKEY LIVER MICROSOMES AND HEPATOCYTES

中村 哲朗; 加藤 寛; 清水 美由紀; 中島 美紀; 横井 毅; 齋藤 昭人; 早川 大善
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

162

Liver alcohol dehydrogenase in Japanese: high population frequency of atypical form and its possible role in alcohol sensitivity.

Stamatoyannopoulos, G; Fukui, M; Chen, S H

Electrophoretic and quantitative studies reveal that 85% of Japanese carry an atypical liver alcohol dehydrogenase (ADH). The frequency of ADH polymorphism is identical with the reported frequency of alcohol sensitivity in the Japanese population. This identity in population frequencies points to a ...

DRIVER (Japanese)

163

Liver alcohol dehydrogenase and aldehyde dehydrogenase in the Japanese: isozyme variation and its possible role in alcohol intoxication.

Goedde, H W; Harada, S; Agarwal, D P; Misawa, S

Forty autopsy livers from Japanese individuals were studied concerning alcohol dehydrogenase (ADH) and aldehyde dehydrogenase (ALDH) isozymes using electrophoretic and enzyme assay methods. A remarkably high frequency (85%) was found for the atypical ADH phenotype. The gene frequencies of ADH22 and ...

DRIVER (Japanese)

165

Lack of effects of atrazine on estrogen-responsive organs and circulating hormone concentrations in sexually immature female Japanese quail (Coturnix coturnix japonica)

Wilhelms, K.W.; Cutler, S.A.; Proudman, J.A.; Carsia, R.V.; Anderson, L.L.; Scanes, C.G.; USDA, ARS

The widely used herbicide, atrazine, has been reported to exhibit reproductive toxicity in rats and amphibians. The present studies investigate toxicity of atrazine in Japanese quail and its ability to influence reproduction in sexually immature females. Atrazine was administered in the diet at conc...

DRIVER (Japanese)

170

Genotypes of alcohol-metabolizing enzymes in Japanese with alcohol liver diseases: a strong association of the usual Caucasian-type aldehyde dehydrogenase gene (ALDH1(2)) with the disease.

Shibuya, A; Yoshida, A

Genetic polymorphisms of two major alcohol-metabolizing enzymes-i.e., one of the class I alcohol dehydrogenase isozymes (ADH2) and the mitochondrial aldehyde dehydrogenase (ALDH2)-exist in Japanese and other Orientals but not in Caucasians. Liver ADH activity of about 90% of Orientals is much higher...

DRIVER (Japanese)

172

Gene Expression Analysis of Fatty Liver Induced by Orotic Acid in Rats

阿部(富澤) 香織; 後藤 浩彦; 森下 克美
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

178

Evaluation of mitochondrial injury in preclinical safety assessment

Takashi YAMOTO; Atsushi SANBUISSHO; Sunao MANABE
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

182

Effect of calorie restriction on spontaneous mutation shows tissue-specificity in different mouse tissues

HE Dongwei; UEHARA Yoshihiko; YAMAUCHI Kazumi; KAKINUMA Shizuko; SHIMADA Yoshiya; ONO Tetsuya
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

196

Comparison of DNA Damage Caused By Chlorodibromomethane in the Rat in Vivo UDS and Comet Test

Burlinson Brian; Hynes Geoffrey; Mason Christine; Barfield William; Hynes Leigh; *Earl Lesley
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

201

Bone turnover markers and prediction of bone loss in elderly women

Lenora, Janaka

Around 70,000 osteoporosis-related fractures occur in Sweden annually and approximately half of the women in western world will sustain a fragility fracture after the age of 50 years. Fracture preventive efforts require the identification of individuals who are at high risk. Biochemical markers of b...

DRIVER (Japanese)

203

Antimicrobial activity of human seminal plasma and seminal plasma proteins

Edström, Anneli

Seminal plasma is semen without the spermatozoa. Human seminal plasma is a complex mixture of secretions from the sex accessory glands, mainly the seminal vesicles and the prostate. Seminal plasma has high protein content and it also contains ions, sugars and low molecular weight components. Immedia...

DRIVER (Japanese)

206

Acoustic Radiation Force Impulseによる非侵襲的肝線維化診断法の有用性

飯島 尋子; 田中 弘教; 吉田 昌弘; 池田 直人; 山本 晃久; 岩田 恵典; 榎本 平之; 齋藤 正紀; 今西 宏安; 下村 壯治; 中正 恵二; 廣田 誠一; 辻村 亨; 西口 修平

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

207

AFP高値を契機として発見され,副腎腫瘍との鑑別を要した異所性肝細胞癌の1例

福田 慎一郎; 矢野 公士; 大畑 一幸; 野中 孝一; 立山 雅邦; 田浦 直太; 小森 敦正; 阿比留 正剛; 八橋 弘; 伊東 正博; 藤岡 ひかる; 石橋 大海
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

208

A case with subcapsular hematoma of the liver following laparoscopic cholecystectomy

Kunihiko Obara; Shigeru Imai; Shoichi Uchiyama; Kiichiro Uchiyama; Yukichi Moriyama

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

211

9 & 10. Liver function test in hepatic amoebiasis, based on 274 clinical cases

Vikit Viranuvatti; Tronakchit Harinasuta; Ukrist Plengvanich; Pisniu Choungchareon; Vikul Viranuvatti

Journal@rchive (Japan) (Japanese)