Sample records for lead 213
from WorldWideScience.org

Sample records 1 - 20 shown. Select sample records:



1

黒毛和種子牛の鉛中毒

小林 正人; 渡辺 一博; 佐藤 慎一

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

4

雑録

照明学会雑誌;  Vol. 2 (1918) No. 3  pp.307-315

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

7

鉛バッテリースライムの湿式処理プロセス

嘉藤 雅記; 今井 美和子; 新井 甲一; 位崎 敏男

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

11

酸化膜付着鋼材のレーザ溶接現象

小野 数彦; 安達 馨; 堅田 寛治; 三代 正幸; 宮本 勇; 井上 孝

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

17

舞鶴湾の海水中の硫化ジメチル(DMS)の季節変動

内田 有恆; 大栗 智昭; 石田 丈博; 石田 祐三郎

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

19
25

猛禽類オオワシ,オジロワシおよびイヌワシにおける微量元素の蓄積特性

安永 玄太; 田辺 信介; 金 恩英; 岩田 久人; 須藤 明子; 増田 泰; 藤田 正一; 神 和夫

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

36

心エコー図法における弁穿孔の診断精度に関する検討

由井 恵美; 種村 正; 佐々木 伸子; 片岡 容子; 堤 由美子; 渡邊 伸吾

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

55

光学文献集59

光学ニュース;  Vol. 1962 (1962) No. 59  pp.13-18

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

56

体格を考慮した成長期の心筋厚と心機能の基準値の検討

神宮字 広明; 鮎沢 衛; 大平 清; 小沼 結花; 藤井 かお

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

57

人と重金属のかかわり

新矢 将尚; 船坂 邦弘; 加田平 賢史; 油谷 藍子; 森脇 洋

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

62

七宝焼工場作業員の鉛暴露に関する研究

山村 行夫; 吉田 稔; 荒井 二三夫; 山村 恵彦

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

63

七宝教室における鉛暴露の調査

吉田 稔; 山村 行夫; 荒井 二三夫; 高田 英臣; 山村 恵彦

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

69

フィリピンにおける鉛作業者健康診断の結果

牧野 茂徳; 松野 康二; 久永 直見; 関 幸雄; Victor SD. ORTEGA; Maria Beatriz G. VILLANUEVA; Ma. Teresita S. CUCUECO; Susan Yu-SISON; Felicidad T. CASTRO

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

76
80

アンチノック剤運搬用コンテナの気中アルキル鉛濃度

山村 行夫; 山内 博; 吉田 稔; 平山 二三夫; 大倉 栄子

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

81

『欧文誌』抄録

日本原子力学会誌;  Vol. 22 (1980) No. 9  pp.663-664

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

82

『欧文誌』抄録

日本原子力学会誌;  Vol. 22 (1980) No. 7  pp.504-505

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

87
90

Measurement of Response Function of Organic Liquid Scintillator and Transmission Experiment through Iron Shield for Intermediate Energy Neutron

MORIYA TAKAHIRO; TANIGUCHI SHINGO; ITO TAKU; SUGISAKI SEIJI; NUNOMIYA TOMOYA; TAKADA MASASHI; SHIN KAZUO
2002-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

91

Measurement of Neutron Production Double Differential Cross Section by Heavy-Ion Interaction.

NAKAMURA TAKASHI; KUROSAWA TADAHIRO; SASAKI MICHIYA; IWASE HIROSHI; NUNOMIYA TOMOYA; NAKAO NORIAKI; UWAMINO YOSHITOMO; ITO SHOKO; FUKUMURA AKIFUMI
1999-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

94