Sample records for genome mutations
from WorldWideScience.org

Sample records 1 - 20 shown. Select sample records:



1

Mutations of HCV genome and response to interferon therapy.

KUROSAKI MASAYUKI; ENOMOTO NOBUYUKI; SATO CHIFUMI
1999-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

3

高等植物におけるCPD光回復酵素の生体内機能

日出間 純; 寺西 美佳; 高橋 正明; 熊谷 忠
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

4

高密度マイクロアレイCGH法を用いた放射線の遺伝的影響調査(2):720Kアレイを用いた予備実験

小平 美江子; 中本 芳子; 三浦 昭子; 辻 隆弘; 今中 正明; 西村 まゆみ; 島田 義也; 古川 恭治; CULLINGS Harry; 浅川 順一
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

6

高密度マイクロアレイCGH法を用いたマウス欠失突然変異の解析

浅川 順一; 小平 美江子; 高畠 貴志; 柿沼 志津子; 島田 義也
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

9

雌性化胚性幹細胞の分離とその性質

内田 昌樹; 徳永 智之; 相沢 慎一; 丹羽 晧二; 今井 裕

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

16

遅延型突然変異におけるp53遺伝子配列の解析

岡崎 龍史; 大津山 彰; 法村 俊之
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

18

転写因子CREBによるプレセニリン-1の発現調節

満田 憲昭; 大久保 信孝; 荻原 俊男; 遠山 正彌; 前田 信治

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

20

色素性乾皮症A群細胞におけるPCNAの紫外線DNA損傷部位への遅延型集積の意味

森 俊雄; 勝見 祥子; 小林 信彦; 宮川 幸子; 浅田 秀夫
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

26

肝癌に対する分子標的治療

田中 真二; 有井 滋樹
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

27

線虫における酸化ヌクレオチド分解機構の研究

真田 悠生; 西川 陽貴; 橋口 一成; 秋山(張) 秋梅
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

29
31

精巣腫瘍におけるp53遺伝子およびゲノム不安定性の解析

王 春喜; 内田 豊昭; 佐藤 威文; 入江 啓; 宋 成浩; 岩村 正嗣; 大堀 理; 小柴 健

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

32
33

突然変異生成の分子遺伝学的解析

石川 智子; 亀井 保博; 音在 信治; 藤堂 剛
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

35

疾患感受性遺伝子からみたクローン病

木内 喜孝; 高橋 成一; 下瀬川 徹
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

38

特異的な抗体反応を示したC型慢性肝炎の1例

小松 陽樹; 乾 あやの; 茂木 陽; 黒木 康富; 宮川 芳宏; 尾上 昌弘; 藤沢 知雄

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

39

特別講演

日本細菌学雑誌;  Vol. 54 (1999) No. 1  pp.53-56

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

40

消化管間質腫瘍におけるLINE-1低メチル化と悪性度との相関

山本 英一郎; 鈴木 拓; 五十嵐 伸一; 今井 浩三; 豊田 実; 篠村 恭久

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

41

消化管間質腫瘍におけるLINE-1低メチル化と悪性度との相関

山本 英一郎; 鈴木 拓; 五十嵐 伸一; 今井 浩三; 豊田 実; 篠村 恭久
2011-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

45
46

日本肝臓学会コンセンサス神戸2009:B型肝炎の診断と治療

溝上 雅史; 田中 榮司; 茶山 一彰; 田中 靖人; 黒崎 雅之; 泉 並木; 荒瀬 康司; 熊田 博光; 今関 文夫; 横須賀 收; 工藤 正俊

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

47

日本肝臓学会コンセンサス神戸2009:B型肝炎の診断と治療

溝上 雅史; 田中 榮司; 茶山 一彰; 田中 靖人; 黒崎 雅之; 泉 並木; 荒瀬 康司; 熊田 博光; 今関 文夫; 横須賀 收; 工藤 正俊
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

49
57

愛媛Gianotti病顛末記

恩地 森一; 道堯 浩二郎; 堀池 典生

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

58

愛媛Gianotti病顛末記

恩地 森一; 道堯 浩二郎; 堀池 典生
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

70

レトロトランスポゾンを利用したサツマイモ加工品の原料品種判定

大江 夏子; 田原 誠; 山下 裕樹; 丸谷 優; 蔵之内 利和
2004-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

71

メダカ変異体を用いたDSB修復と放射線誘発mutationの解析

漆原 佑介; 飛田 恭平; 尾田 正二; 野田 朝男; 小林 純也; 小松 賢志; 三谷 啓志
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

72

メダカにおける逆遺伝学的手法を用いた変異体の作製

石川 智子; 亀井 保博; 金 鎭炯; 音在 信治; 藤堂 剛
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

73

メダカにおける逆遺伝学的手法の確立:メダカRev1変異体の作製

石川 智子; 亀井 保博; 櫻庭 喜行; 金 鎭炯; 冨田 純也; 権藤 洋一; 藤堂 剛
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

74

メタボリック症候群における消化・吸収

瓜田 純久; 竹本 育聖; 中嶋 均; 島田 長人; 杉本 元信

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

75

メタボリック症候群における消化・吸収

瓜田 純久; 竹本 育聖; 中嶋 均; 島田 長人; 杉本 元信
2011-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

79

マクロサテライトを指標としたメダカにおけるゲノム不安定性の解析

石川 智子; 音在 信治; 亀井 保博; 尾田 正二; 三谷 啓志; 藤堂 剛
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

80

マウス胸腺リンパ腫における放射線とエチルニトロソウレアの複合影響

山内 一己; 柿沼 志津子; 須藤 聡美; 鬼頭 誠司; 能美 健彦; 島田 義也
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

85

ポストトランスレーショナルな機構によるGタンパク質共役型受容体の多様性の創出と臨床上の意味

田上 昭人; 輿水 崇鏡; 辻本 豪三; 中田 裕康; 広瀬 茂久; 福澤 拓; 阿部 純平; 黒瀬 等
2004-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

86

ペグインターフェロン・リバビリン72週併用療法後の再燃に対し,インターフェロン単独療法の追加にて著効を得たC型慢性肝炎の1例

奥瀬 千晃; 公文 大輔; 小林 稔; 遠藤 陽; 木下 雄一; 野口 陽平; 伊澤 直樹; 小澤 俊一郎; 中原 一有; 山田 典栄; 岡本 賢; 高橋 秀明; 片倉 芳樹; 松永 光太郎; 松本 伸行; 石井 俊哉; 四柳 宏; 飯野 四郎; 鈴木 通博; 伊東 文生

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

87

ペグインターフェロン・リバビリン72週併用療法後の再燃に対し,インターフェロン単独療法の追加にて著効を得たC型慢性肝炎の1例

奥瀬 千晃; 公文 大輔; 小林 稔; 遠藤 陽; 木下 雄一; 野口 陽平; 伊澤 直樹; 小澤 俊一郎; 中原 一有; 山田 典栄; 岡本 賢; 高橋 秀明; 片倉 芳樹; 松永 光太郎; 松本 伸行; 石井 俊哉; 四柳 宏; 飯野 四郎; 鈴木 通博; 伊東 文生
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

92

バキュロウイルス

橋本 義文; 四方 正光; 桜井 真紀子

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

93

バイオインフォマティクスからみたGeneChipTM System

高橋 泰夫; 永田 俊人; 中山 智祥; 石井 敬基; 石川 紘一; 浅井 聰

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

94

バイオインフォマティクスからみたGeneChipTM System

高橋 泰夫; 永田 俊人; 中山 智祥; 石井 敬基; 石川 紘一; 浅井 聰
2002-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

95

ネフローゼ症候群離脱にシクロスポリンが奏効した家族性巣状糸球体硬化症の1例

金田 尚; 太田 和秀; 三浦 正義; 河内 裕; 北村 明子; 塚口 裕康; 飯島 一誠

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

96

ネフローゼ症候群離脱にシクロスポリンが奏効した家族性巣状糸球体硬化症の1例

金田 尚; 太田 和秀; 三浦 正義; 河内 裕; 北村 明子; 塚口 裕康; 飯島 一誠
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

99

トランスポゾンを指標にしたコシヒカリ品種内の遺伝的差異

貴島 祐治; 堀田 夕夏; 石黒 聖也; 山村 和照; 塙 章; 内藤 聡; 佐野 芳雄

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

100

トランスポゾンを指標にしたコシヒカリ品種内の遺伝的差異

貴島 祐治; 堀田 夕夏; 石黒 聖也; 山村 和照; 塙 章; 内藤 聡; 佐野 芳雄
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

101

シンポジウム

日本細菌学雑誌;  Vol. 60 (2005) No. 1  pp.43-62

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

103

コバスTaqMan HCV「オート」によるC型慢性肝炎抗ウイルス療法時のウイルス動態と効果予測

豊田 成司; 狩野 吉康; 赤池 淳; 大村 卓味; 佐藤 隆啓; 山崎 克; 桑田 靖昭; 荒川 智宏; 古谷 茂之; 松山 和弘; 原田 隆雄
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

105

クローン病の長期予後

木内 喜孝; 角田 洋一; 高橋 成一; 下瀬川 徹

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

106

クローン病の長期予後

木内 喜孝; 角田 洋一; 高橋 成一; 下瀬川 徹
2011-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

107

オルトバナジン酸ナトリウムによるp53制御メカニズムの解明

山元 真一; 森田 明典; 伊藤 あずさ; 榎本 敦; 松本 義久; 船津 修; 細井 義夫; 鈴木 紀夫; 池北 雅彦
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

109

イネにおけるTos17でタグされた根の形態に関する突然変異系統の分子遺伝学的解析

岩尾(虫鹿) 純子; 湯尾 崇央; 武田 真; 宮尾 安藝雄; 廣近 洋彦; 一井 眞比古

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

110

イネにおけるTos17でタグされた根の形態に関する突然変異系統の分子遺伝学的解析

岩尾(虫鹿) 純子; 湯尾 崇央; 武田 真; 宮尾 安藝雄; 廣近 洋彦; 一井 眞比古
2005-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

111

イヌ・ナルコレプシーにおける各種抗カタプレキシー薬による治療効果

戸野倉 雅美; 田熊 大祐; 島田 雅美; 馬場 亮; 井原 麻里子; 杉本 洋太; 難波 直; 藤原 香; 笹原 沙衣子; 鴇田 真弓; 藤田 桂一; 西野 精治

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

112

イヌ・ナルコレプシーにおける各種抗カタプレキシー薬による治療効果

戸野倉 雅美; 田熊 大祐; 島田 雅美; 馬場 亮; 井原 麻里子; 杉本 洋太; 難波 直; 藤原 香; 笹原 沙衣子; 鴇田 真弓; 藤田 桂一; 西野 精治
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

117

iBestSolutions/EnvironmentalManagement.

HAYASHI YUSHIRO; ACHIWA JUNKO; YAMASHITA HIDEYUKI; UMEMURA KUNIO; ABE ISSEI
2000-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

118

gpt-deltaマウスを用いた複合暴露胸腺細胞における欠失変異の解析

山内 一己; 柿沼 志津子; 須藤 聡美; 太田 有紀; 鬼頭 靖司; 増村 健一; 能美 健彦; 西村 まゆみ; 島田 義也
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

120

WHY DO MUTATIONS IN OATP1B3 AND MRP2 AFFECT DOCETAXEL-INDUCED NEUTROPENIA?

山田 哲裕; 前田 和哉; 筵田 泰誠; 中村 祐輔; 杉山 雄一
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

121

Unilateral Darier's Disease Following Blaschko's Lines

SHIMIZU HIDENAO; HARA HIROYUKI; FUKUDA NAOZUMI; MASUDA TAKAKO; TERUI TADASHI
2005-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

123

UVA1のマウス皮膚に対するゲノム毒性

池畑 広伸; 河井 一明; 葛西 宏; 二階堂 修; 小野 哲也
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

132

The Kallikrein-Related Peptidases hK2 and PSA with Emphasis on Genetic Variation, Secretion, and Sperm Motility

Sävblom, Charlotta

Prostate-specific antigen (PSA) and human glandular kallikrein 2 (hK2) are secreted by the prostate into seminal plasma and through leakage into blood. This leakage increases rapidly in prostate disease, and PSA is used worldwide as a marker of prostate cancer. PSA is activated in vitro by hK2, and ...

DRIVER (Japanese)

136

S遺伝子変異株が検出され急性増悪後にHBs抗原が持続陰性化したpre-C変異型B型慢性肝炎の1例

本間 定; 唐沢 達信; 河辺 朋信; 島田 青佳; 小井戸 薫雄; 相沢 良夫; 銭谷 幹男; 戸田 剛太郎; 鈴木 正章

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

138

Syntheses of NH...O hydrogen bonded carboxlate calcium complexes capable of rotation of amide plane.

SUMI TOSHIAKI; YAMAMOTO HITOSHI; ONODA AKIRA; OKAMURA TAKAAKI; UEYAMA NORIKAZU
2001-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

140

Surveillance study on primary immunodeficiency syndrome. Diagnosis of and hematopoietic stem cell transplantation for patients with abnormality in Artemis gene.

UEMATSU KAZUNAGA; KAWAI JUN'YA; YAMAZAKI KAZUKO; KOBAYASHI NORIMOTO; YAMAZAKI TAKASHI; NAGUMO HARUO; YASUI KOZO; KOIKE KEN'ICHI; INAGAKI JIRO
2006-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

145
147

SSRマーカーを利用したスギ精英樹のクローン識別

平尾 知士; 渡辺 敦史; 福田 陽子; 近藤 禎二; 高田 克彦

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

148

SSRマーカーを利用したスギ精英樹のクローン識別

平尾 知士; 渡辺 敦史; 福田 陽子; 近藤 禎二; 高田 克彦
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

153

Recovery of phosphate from the layered double hydroxide (The second report)

NOMURA RYOSUKE; INOUE HIROFUMI; KANEZAKI EIJI; YABUTANI TOMONORI
2004-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

156

Proof of Signer and Privacy Revocation Protocol in Ring Signature

KIKUCHI HIROAKI; TADA MINAKO; NAKANISHI SHOHACHIRO
2004-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

159

PAX2遺伝子異常 (Renal-coloboma syndrome): 症例報告

佐藤 忠司; 田代 克弥; 在津 正文; 宮崎 澄雄; 徳田 雄治; 真崎 善二郎

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

160

PAX2遺伝子異常 (Renal-coloboma syndrome): 症例報告

佐藤 忠司; 田代 克弥; 在津 正文; 宮崎 澄雄; 徳田 雄治; 真崎 善二郎
2000-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

166
171

In vivo 突然変異検出系作製の試み_II_

野田 朝男; 末盛 博文; 平井 裕子; 児玉 喜明; Kretzshmar Warren; 濱崎 幹也; 楠 洋一郎; 中村 典
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

172

In vivo 突然変異検出系作製の試み

野田 朝男; 末盛 博文; 児玉 喜明; 中村 典
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

176

ISSR, AFLPおよびRAPD分析によるハゼノキ優良候補個体のクローン識別と遺伝的類縁関係の推定

平岡 裕一郎; 倉本 哲嗣; 岡村 政則; 大平 峰子; 谷口 亨; 藤澤 義武
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

177

IP-Based Multiplex Radio Equipment (simple type)

MAGARIFUCHI MASATOSHI; TAKAMIZAWA GAKU; KITAMURA TADAYUKI; MORI KOJI; KISHINO HIROSHI; MURATA SHIN'YA; TAKAMUNE MASAO; YOSHIE HIROMU
2004-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

181

HIV,HBV subgenotype Ae重複キャリアに急性発症したB型急性肝障害の1例

松居 剛志; 姜 貞憲; 西森 博幸; 矢根 圭; 桜井 康雄; 辻 邦彦; 真口 宏介
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

184
186

HBV genotype Cの急性感染後にキャリア化した1成人例

塩道 信一; 今利 泰久; 鮎川 楠夫; 徳松 誠; 中牟田 誠

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

187

Granulomatous Prostatitis Masquerading as Prostate Carcinoma: A Report of Therr Cases.

TOMITA KENTARO; INATOMI HISATO; AKASAKA SOICHIRO; TERADO MICHIKAZU; YAMAGUCHI RAIZO; MATSUMOTO TETSURO
2002-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

189

Genotype EによるB型急性肝炎の1例

原田 直毅; 竹田 晃; 春名 能通; 齋藤 義修; 藤永 哲治; 田中 聡司; 石井 修二; 西山 範; 入江 孝延; 鈴木 貴弘; 井上 敦雄

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

190

Genotype EによるB型急性肝炎の1例

原田 直毅; 竹田 晃; 春名 能通; 齋藤 義修; 藤永 哲治; 田中 聡司; 石井 修二; 西山 範; 入江 孝延; 鈴木 貴弘; 井上 敦雄
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

191

Genome-wide association analysis of canine atopic dermatitis and identification of disease related SNPs

Wood, SH; Ke, XY; Nuttall, T; McEwan, N; Ollier, WE; Carter, SD

In humans, genome-wide association studies (GWAS) have been shown to be an effective and thorough approach for identifying polymorphisms associated with disease phenotypes. Here, we describe the first study to perform a genome-wide association study in canine atopic dermatitis (cAD) using the Illumi...

DRIVER (Japanese)

193

Genetic and Metabolic Markers for the Development of Diabetes after Gestational Diabetes Mellitus

Ekelund, Magnus

The aims of this work were to determine the prevalence of postpartum diabetes among women with gestational diabetes mellitus (GDM) in a prospective study 5 years postpartum; to characterize these women according to insulin secretion, insulin sensitivity, autoimmunity and genetics; and to identify po...

DRIVER (Japanese)

194

GeneChip system from a bioinformatical point of view.

TAKAHASHI YASUO; NAGATA TOSHIHITO; NAKAYAMA TOMOHIRO; ISHII YUKIMOTO; ISHIKAWA KOICHI; ASAI SATOSHI
2002-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

196

Foot damages of the clam Meretrix lamarckii caused by clam dredging.

YAMASAKI SHINTARO; HIGANO JUN'YA; WATANABE TOSHIHIRO
2002-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

198

Ezetimibe併用によるC型慢性肝疾患に対するPeginterferon/Ribavirin療法の成績向上について

野ツ俣 和夫; 神野 正隆; 松田 尚登; 真田 拓; 新 浩一; 小坂 星太郎; 渡邊 弘之; 登谷 大修; 田中 延善; 須藤 嘉子; 宮山 士朗
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

199

Extracting Motion Patterns from Trajectories of Moving Objects.

YANAGISAWA YUTAKA; YAMADA TATSUMI; SATO TETSUJI
2003-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

200

Effect of residual chlorine to hydrogenation of naphthalene in supported Pd catalysts.

ITO KOKI; KOGASAKA YOSHIFUMI; KIMURA AKIKO; OSHIMA MASAAKI; KUROKAWA HIDEKI; SUGIYAMA KAZUO; MIURA HIROSHI
2001-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

203

Development of a Method for Determination of the Amount of Particles Reaching the Wall of a Coal Gasifier.

HARADA YOSUKE; YAMASHITA TAKUYA; YAMAMOTO TSUYOSHI; AOKI HIDEYUKI; MIURA TAKATOSHI
2003-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

205

DNA損傷応答機構と白血病

高木 正稔; 水谷 修紀
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

207

DNAマーカーを用いたコムギ変異型Wx-B1遺伝子の欠失点の推定

齊藤 美香; 石川 吾郎; 米丸 淳一; 中村 俊樹
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

209
219

Comprehensive studies of epidemiology, diagnosis and therapy of dystonia. Genetic screening of dystonia patients.

HASEGAWA KAZUKO; OTA ETSURO; HORIUCHI EMIKO; TOYOSHIMA ITARU; ICHINOSE HIROSHI; OBATA FUMIYA
2006-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

220

Chromosomal Localization of Two Z Chromosome-specific DNA Fragments (DZGif1 and DZGif2) in Japanese Quail

Mami SHIBUSAWA; Miho INOUE-MURAYAMA; Chizuko NISHIDA-UMEHARA; Yoichi MATSUDA; Shin'ichi ITO

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

231
234

Assessment of the Appropriate Fee for Dispensing Herbal Medicine

MITSUMA TADAMICHI; AKIBA TETSUO; SATO HIROSHI; ITO TAKASHI; KUKI NOBUO; KOTA KAZUFUMI
2005-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

237

An update on the familial headache syndromes

TAKESHIMA TAKAO; KUSUMI MASAYOSHI; FUKUHARA YOKO; KOWA HISANORI; ADACHI YOSHIKI; NAKAJIMA KENJI
2004-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

238

An Intuitive Teaching Method for a Mobile Manipulator

YANO YOSHIO; MIURA JUN; SHIRAI YOSHIAKI; SHIMADA NOBUTAKA
2002-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

239

An Attempt of Active Flow Control System

YOSHIDA HIROO; SEGAWA TAKEHIKO; ABE HIROYUKI; KIKUSHIMA YOSHIHIRO; NISHIZAWA AKIRA
2004-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

240

Advanced CMP Consumables with Low Defectivity

SHIHO HIROSHI; HATTORI MASAYUKI; HASEGAWA KO; KONNO TOMOHISA; MOTONARI MASAYUKI; KAWAHARA KOJI; KAWAHASHI NOBUO
2005-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

241

A sudden death autopsy case of Marfan syndrome, diagnosed by genetic methods.

FUJIWARA KUMI; FUJIWARA KOTARO; DOI YOSHINORI; MURAKAMI FUMITAKA; KONDO YUMIO; SATO KYOKO; HAMAZAKI SHUJI; YOSHINO TADASHI; AKAGI TADAATSU
2001-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

242

A case of unilateral acute segmental atrophy of retinal pigment epithelium

YAMAJI KOHEI; ODE HISAO; SHINODA KEI; INOUE MAKOTO; TERAO KEN'ICHI; MASHIMA YUKIHIKO; OGUCHI YOSHIHISA
2003-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

244
245

8.肺がんの分子標的治療

曽根 三郎; 柿内 聡司; 矢野 聖二

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

251

1. 座談会

三代 俊治; 溝上 雅史; 岡本 宏明; 佐久川 廣; 田中 靖人; 矢野 公士
2005-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)