Sample records for gene amplification
from WorldWideScience.org

Sample records 1 - 20 shown. Select sample records:



5

黒毛和種におけるκ-カゼイン遺伝子型と泌乳性について

由本 智子; 田畑 利幸; 吉川 昭雄; 中山 收; 小杉山 基昭; 島田 和宏; 高橋 政義; 竹之内 直樹; 大島 一修

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

10

首都圏におけるB型急性肝炎の実態と変遷:―Genotype Aに焦点をあてて―

山田 典栄; 四柳 宏; 小板橋 優; 長瀬 良彦; 奥瀬 千晃; 安田 清美; 鈴木 通博; 小池 和彦; 飯野 四郎; 伊東 文生
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

13

頭頸部癌におけるRad9発現

石川 和宏; 石井 秀始; 西野 宏; 古川 雄祐; 市村 恵一

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

14

頭頸部癌におけるRad9発現

石川 和宏; 石井 秀始; 西野 宏; 古川 雄祐; 市村 恵一
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

16

雌性化胚性幹細胞の分離とその性質

内田 昌樹; 徳永 智之; 相沢 慎一; 丹羽 晧二; 今井 裕

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

18

過酸化水素は電離放射線とは異なる機構でDNA二本鎖切断を誘導する

勝部 孝則; 森 雅彦; 辻 秀雄; 塩見 忠博; 小野田 眞
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

23

被爆者乳癌でのHER2およびC-MYC遺伝子のFISH解析:遺伝子増幅と放射線被曝との関連

三浦 史郎; 中島 正洋; 伊東 正博; 近藤 久義; セリック メイルマノフ; 林 徳真吉; 早田 みどり; 松尾 武; 関根 一郎
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

25

血液型遺伝子解析によって dispermic chimera と推定された血液型キメラの1例

山岡 正暢; 稲澤 志津子; 児玉 加代子; 池田 忠明; 小川 茂樹; 仁田 浩; 筒井 英子; 横山 繁樹

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

26

血液サンプルからの直接PCR法による犬バベシア感染診断の検討

渡辺 征; 久末 正晴; 相馬 武久; 並河 和彦; 池原 秀壱; 土屋 亮; 山田 隆紹
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

28

膵胆道癌患者における膵液及び胆汁の上清中K-ras , p53遺伝子変異の検討

王 穎; 山口 泰志; 阿依 古麗; 渡辺 弘之; 毛利 久継; 大坪 公士郎; 藤井 保治; 元雄 良治; 岡井 高; 澤武 紀雄

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

29

膵胆道癌患者における膵液及び胆汁の上清中K-ras , p53遺伝子変異の検討

王 穎; 山口 泰志; 阿依 古麗; 渡辺 弘之; 毛利 久継; 大坪 公士郎; 藤井 保治; 元雄 良治; 岡井 高; 澤武 紀雄
2001-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

33

膀胱癌におけるRetinoblastoma gene protein およびCyclin D1発現の意義

釜井 隆男; 阿部 英行; 古賀 文隆; 新井 京子; 辻井 俊彦; 本田 幹彦; 吉田 謙一郎

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

34

膀胱癌におけるRetinoblastoma gene protein およびCyclin D1発現の意義

釜井 隆男; 阿部 英行; 古賀 文隆; 新井 京子; 辻井 俊彦; 本田 幹彦; 吉田 謙一郎
2001-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

40

肺癌における EGFR 遺伝子変異の組織内多様性とその抗癌剤感受性への影響

谷口 一也; 岡見 次郎; 東山 聖彦; 児玉 憲; 加藤 菊也
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

43

細胞増殖·分化·死を制御するイオンメカニズムと創薬

森 泰生; 稲垣 千代子; 久野 みゆき; 井上 隆司; 岡田 泰伸; 今泉 祐治
2003-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

45

種特異的プライマーを用いたPCRによる花き生産環境からのPythium helicoidesの検出

銀 玲; 景山 幸二; 浅野 貴博; 千田 昌子; 渡辺 秀樹; 須賀 晴久; 福井 博一
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

47

発酵リキッド飼料を給与した豚ふん便の16s rDNA配列を用いた菌叢解析

角川 幸治; 井尻 哲; 中野 公隆; 山内 慎也; 土屋 義信
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

48

癌において異常メチル化している遺伝子の網羅的解析と腫瘍マーカーへの応用

豊田 実; 鈴木 拓; 秋野 公臣; 丸山 玲緒; 佐藤 裕信; 時野 隆至; 篠村 恭久; 今井 浩三

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

49

癌において異常メチル化している遺伝子の網羅的解析と腫瘍マーカーへの応用

豊田 実; 鈴木 拓; 秋野 公臣; 丸山 玲緒; 佐藤 裕信; 時野 隆至; 篠村 恭久; 今井 浩三
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

52

特別講演

日本細菌学雑誌;  Vol. 51 (1996) No. 1  pp.53-55

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

54

消化管癌に対する分子病理診断の実践

横崎 宏; 安井 弥; 田原 榮一
2001-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

61

標準治療を受けた進行上皮性卵巣癌の予後を規定する遺伝子の網羅的検索

冨永 英一郎; 津田 浩史; 荒尾 徳三; 西村 貞子; 片岡 史夫; 野村 弘行; 千代田 達幸; 進 伸幸; 西尾 和人; 青木 大輔

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

62

標準治療を受けた進行上皮性卵巣癌の予後を規定する遺伝子の網羅的検索

冨永 英一郎; 津田 浩史; 荒尾 徳三; 西村 貞子; 片岡 史夫; 野村 弘行; 千代田 達幸; 進 伸幸; 西尾 和人; 青木 大輔
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

65

染色体解析

鵜澤 成一
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

67

早期悪性胸膜中皮腫-病理診断の問題点と対策-

辻村 亨; 佐藤 鮎子; 鳥井 郁子; 玉置 知子; 吉川 良恵; 福岡 和也; 田中 文啓; 長谷川 誠紀; 中野 孝司

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

68

日本人インスリン依存型糖尿病患者のアンギオテンシンI変換酵素遺伝子の多型性の意義についての検討

小林 基章; 雨宮 伸; 志村 由江; 東田 耕輔; 石原 俊秀; 沢登 恵美; 小林 浩司; 望月 美恵; 中澤 眞平

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

69

日本人インスリン依存型糖尿病患者のアンギオテンシンI変換酵素遺伝子の多型性の意義についての検討

小林 基章; 雨宮 伸; 志村 由江; 東田 耕輔; 石原 俊秀; 沢登 恵美; 小林 浩司; 望月 美恵; 中澤 眞平
1996-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

70

日本人3型Bartter症候群患者5例における遺伝子型および表現型に関する研究

野津 寛大; 貝藤 裕史; 神田 杏子; 松尾 雅文; 中西 浩一; 吉川 徳茂; 上辻 秀和; 神田 祥一郎; 林 良樹; 志水 信彦; 里村 憲一; 飯島 一誠

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

71

日本人3型Bartter症候群患者5例における遺伝子型および表現型に関する研究

野津 寛大; 貝藤 裕史; 神田 杏子; 松尾 雅文; 中西 浩一; 吉川 徳茂; 上辻 秀和; 神田 祥一郎; 林 良樹; 志水 信彦; 里村 憲一; 飯島 一誠
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

75
81

導電性平膜による細菌濃縮と遺伝子分離を利用した天然温泉からのレジオネラ属菌検出

島部 弘之; 菅原 俊継; 木村 主幸; 三澤 顕次; 有澤 準二; 五十嵐 治
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

84

子宮体癌における hypoxia-inducible protein 2 (HIG2)蛋白発現

津田 浩史; 西村 貞子; 進 伸幸; 阪埜 浩司; 片岡 史夫; 青木 大輔

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

85

子宮体癌における hypoxia-inducible protein 2 (HIG2)蛋白発現

津田 浩史; 西村 貞子; 進 伸幸; 阪埜 浩司; 片岡 史夫; 青木 大輔
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

87

増幅DNA断片長多型解析による紅茶の品種判別

加藤 みゆき; 加藤 芳伸; 木下 朋美; 山口 優一; 大森 正司
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

89
97

再発を繰り返したClostridium difficile関連下痢症の1例-分離菌株のPCRリボタイピングによる検討-

加藤 秀章; 西 祐二; 大山 展; 中村 誠; 泉田 さゆり; 橋本 政治; 加藤 はる
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

98

内科的加療にて消失した特発性門脈血栓症の1例

三原 弘; 吉田 聖子; 八木 満; 伊藤 博行; 七澤 洋
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

104

レトロトランスポゾンIAPの逆転写測定技術の確立

田中 泉; 田中 美香; 石渡 明子; 松島 裕美子; 近森 穣; 鈴木 桂子; 石原 弘
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

105

リンゴ3品種の自家結実性および後代実生のS遺伝子型判別

斎藤 彰; 深沢(赤田) 朝子; 五十嵐  恵; 佐藤 耕; 鈴木 正彦
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

106

リポ蛋白糸球体症における新たなアポE変異体

小川 哲史; 新井 英夫; 渡部 登志雄; 小林 靖子; 森川 昭廣; 丸山 健一; 服部 浩明; 江頭 徹
1998-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

110

ラット顎下腺半側切除後の促進性回復

山田 龍男; 山本 浩貴; 覚道 健治
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

112

ラットHPRT遺伝子のDNA解析実験系の開発

立花 章; 谷崎 美智; 島田 義也
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

116
117
121

ヒト精巣腫瘍におけるmyc遺伝子群の発現

三崎 博司; 執印 太郎; 矢尾 正裕; 窪田 吉信; 穂坂 正彦

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

129

ニホングリSSRマーカーによる朝鮮半島由来のクリ7品種の解析

井上 栄一; 寧 林; 山本 俊哉; 阮 樹安; 松木 裕美; 安西 弘行; 原 弘道

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

130

ニホングリSSRマーカーによる朝鮮半島由来のクリ7品種の解析

井上 栄一; 寧 林; 山本 俊哉; 阮 樹安; 松木 裕美; 安西 弘行; 原 弘道
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

131

ドパミンによる運動精神機能調節:新たな研究への展開

笹 征史; 西 昭徳; 小林 和人; 佐野 裕美; 籾山 俊彦; 浦村 一秀; 矢田 俊彦; 森 則夫; 鈴木 勝昭; 三辺 義雄
2003-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

132

タマネギの品種識別用DNAマーカーの開発

臼井 裕一; 足立 静香; 紙谷 元一; 中島 寿亀; 山元 義久; 鈴木 忠直; 安井 明美
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

133
135

カルプロテクチンの培養上皮細胞における発現調節

廣島 佑香; 板東 美香; 片岡 正俊; 永田 俊彦; 木戸 淳一
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

136

カキ‘富有’の成熟に伴うカロテノイドの蓄積特性

新川 猛; 鈴木 哲也; 尾関 健; 加藤 雅也; 生駒 吉識
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

137

カイコ胚休眠の分子機構

柳沼 利信; 新美 輝幸; 塩見 邦博
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

138

ウシ第6染色体の雄特異的連鎖地図の作成

米田 一裕; 森友 靖生; 平田 四郎; 菊川 良男; 国枝 哲夫

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

139

ウシ白血病抑制因子(LIF)遺伝子のクローニング

加藤 ゆうこ; 工藤 季之; 佐藤 靜治; 須藤 鎮世

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

140

ウシSry遺伝子のクローニングとその特徴

加藤 ゆうこ; 佐藤 静治; 崔 暁; 板垣 佳明; 須藤 鎮世

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

144

p53 mutations in MeIQ-induced mouse forestomach tumors

Hiroshi Makino; Toshikazu Ushijima; Masahiko Onda; Minako Nagao

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

149

Usefulness and problems with procedures for biliary drainage before pancreaticoduodenectomy

SHINOZUKA NOZOMI; TAGA MAKOTO; OKADA KATSUYA; TORII TAKAHIRO; TABUCHI SATOSHI; HIROOKA EIJI; AIKAWA KIMIYASU; TAWARA HIDEYUKI; OZAWA SHUTARO; OGAWA NOBUJI; MIYAZAWA MITSUO; TAKEDA AKIHIKO; OTANI YOSHIHIDE; KOYAMA ISAMU
2006-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

152

Trial Manufacture of Short Span Strainmeter using a Mechanical Magnification System

MATSUO SHIGEMITSU; ONOUE KENSUKE; SHIGETOMI KUNIHIRO; MORII WATARU; ASADA TERUYUKI; HOSO YOSHINOBU; TAKAHASHI TERUO; ISHII HIROSHI
2005-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

156

The mucosa-associated bacteria from the sigmoid colon of nine healthy 60 years old individuals, identified by bacterial 16S rDNA

Pettersson, Bertil; Ahrné, Siv; Wang, Mei; Jeppsson, Bengt; Uhlén, Mathias; Molin, Göran

The bacterial flora of the gastro intestinal (GI) tract may be involved in chronic inflammation and colon cancer and affected by antibiotics, cytotoxic drugs and radiotherapy, trauma and intensive care therapy. It is important to map the mucosa-associated flora in healthy individuals to clarify the ...

DRIVER (Japanese)

166

Staveware Web Application Framework

IMAMURA DAISUKE; SAITO MINORU; TSUKADA MAKIKO
2004-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

174
177

Recent advance in RNAi therapy

AKASHI HIDEO; TAIRA KAZUNARI
2004-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

178

Rad9制御による頭頸部癌細胞死誘導の可能性の検討

石川 和宏; 石井 秀始; 西野 宏; 古川 雄祐; 市村 恵一

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

179

Rad9制御による頭頸部癌細胞死誘導の可能性の検討

石川 和宏; 石井 秀始; 西野 宏; 古川 雄祐; 市村 恵一
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

183

Preparation of (-)-perillyl alcohol oligosaccharides

YONEMOTO NAOKO; SAKAMOTO SO; FURUYA TSUTOMU; HAMADA HIROKI
2005-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

185

Polymerase chain reaction (PCR)法を用いたHBV DNAの超高感度検出法

横須賀 収; 小俣 政男; 多田 稔; 細田 和彦; 田川 まさみ; 伊藤 よしみ; 大藤 正雄

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

187

PTHrPの腎における発現

綾 邦彦; 田中 弘之; 清野 佳紀
1997-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

189

P53/P21経路におけるRad9の役割と頭頸部癌への関与

石川 和宏; 石井 秀始; 西野 宏; 古川 雄祐; 市村 恵一
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

190

Optimal trajectory analysis of Turn over Problem of Tether Satellite System

TONE TOMOO; TONE TOMOO; WATANABE TAKEO; FUJII HIRONORI
2005-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

191

Operator-Assisted Distribution Work Robot Voice Interface

HANDA HIROYUKI; HASHIGUCHI YUKIO; NODA SEIKI
2006-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

193

Numerical simulation of ice accretion on a wind turbine blade

KIMURA SHIGEO; SATO TAKESHI; TSUBOI KAZUHIRO; MORIKAWA HIROSHI
2006-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

199

Midterm Results of Mitral Valve Repair with a Rigid Ring

YASUDA FUYUHIKO; HANDA MITSUTERU; TAKAMORI ATSUSHI; SUZUKI TOMOAKI; MIYAKE YOICHIRO; KANAMORI YUUO; OKABE MANABU
2005-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

200
202

Male urethritis caused by Neisseria meningitidis: A case report

HAYASHI MIKA; YASUDA MITSURU; DEGUCHI TAKASHI
2006-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

203

MRE11遺伝子変異はセッケル症候群の発症に関与している

松本 祥幸; 坂本 裕美; 泉 秀樹; 宮本 達雄; 松浦 伸也
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

204

Long-PCR法を用いた血液凝固第VIII因子遺伝子の逆位解析

山田 貴之; 高木 明; 中出 祐介; 村手 隆; 柳田 正光; 中山 享之; 山本 晃士; 松下 正; 高松 純樹; 齋藤 英彦; 小嶋 哲人
2001-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

207

LDL吸着療法が著効した難治性ネフローゼ症候群の1例

金田 由美; 岡本 恭明; 尾迫 貴章; 前田 浩; 徳山 正徳; 竹中 義昭; 服部 益治; 谷澤 隆邦
2002-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

208

LAMP法用リアルタイムDNA検出装置の開発

角川 幸治; 山田 憲嗣; 前田 博史; 高柴 正悟
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

213

LAMP法と導電性中空糸膜を利用したウイルス検査法におけるウシ血清個体差の影響

大西 陽; 菅原 俊継; 木村 主幸; 三澤 顕次; 有澤 準二; 五十嵐 治
2005-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

214

K-sam II を分子標的マーカーとしたスキルス胃癌治療

中村 和憲; 八代 正和; 天道 正成; 山田 靖哉; 山下 好人; 澤田 鉄二; 大平 雅一; 三輪 篤史; 平川 弘聖

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

215

K-sam II を分子標的マーカーとしたスキルス胃癌治療

中村 和憲; 八代 正和; 天道 正成; 山田 靖哉; 山下 好人; 澤田 鉄二; 大平 雅一; 三輪 篤史; 平川 弘聖
2005-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

216

Is K-ras Point Mutation an Early Event in Lung Tumorigenesis of Mice?

市川 富夫; 矢野 善久; 内田 三香子; 大谷 周造; 尾野 俊朗; 江指 隆年; 矢野 友啓

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

217
218

Introduction of New 5-AT

MARUSUE TOSHIHISA; ISHIYAMA TAKASHI; OYAMA HAJIME; HONGAWARA NARIHITO; IWASHITA NORIO; NAKAGISHI MASARU; SAKAKI MINJI
2005-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

222

Identification of point mutations in the alpha-galactosidase A gene in classical and atypical hemizygotes with Fabry disease.

Shimmoto, M; Sakuraba, H; Fukuhara, Y; Oshima, A; Nagao, Y; Suzuki, Y; Bishop, D F; Desnick, R J

Efforts were directed to identify the specific mutations in the alpha-galactosidase A (alpha-Gal A) gene which cause Fabry disease in families of Japanese origin. By polymerase-chain-reaction-amplification of DNA from reverse-transcribed mRNA and genomic DNA, different point mutations were found in ...

DRIVER (Japanese)

223

IPMN由来浸潤癌とIPMNに併存した通常型膵癌との鑑別に苦慮した1切除例-遺伝子学的検索の導入-

武藤 俊博; 清水 泰博; 細田 和貴; 佐野 力; 水野 伸匡; 谷田部 恭; 山雄 健次; 柳澤 昭夫

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

224

IPMN由来浸潤癌とIPMNに併存した通常型膵癌との鑑別に苦慮した1切除例-遺伝子学的検索の導入-

武藤 俊博; 清水 泰博; 細田 和貴; 佐野 力; 水野 伸匡; 谷田部 恭; 山雄 健次; 柳澤 昭夫
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

229
231

Functionalization of single-walled carbon nanotubes by Bingel reaction

TEZUKA NORIYASU; UMEYAMA TOMOKAZU; MATANO YOSHIHIRO; IMAHORI HIROSHI; YOSHIDA KANAME; ISODA SEIJI; TAKEDA NORIHIKO; MURAKOSHI KEI
2006-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

232

Frequency-Domain Optimization Technique

ODA MASAYOSHI; YAMAGAMI YOSHIHIRO; NISHIO YOSHIFUMI; KAWATA JUNJI; USHIDA AKIO
2005-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

233

Fast and Compact NFA Pattern Matching Circuit using FPGAs

KATASHITA TOSHIHIRO; MAEDA ATSUSHI; ONO MASATO; TODA KENJI; YAMAGUCHI YOSHINORI
2005-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

235

Expression of Agouti Signaling Protein gene (ASIP) in Pigs

OKUMURA NAOHIKO; NII MASAHIRO; HAMASHIMA NORIYUKI
2005-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

241

Electrochemical Properties of Carbon-Aluminum Hybrid Bipolar Plate Materials for Polymer Electrolyte Fuel Cell (PEFC)

ITO TAKASHI; YIN DONGZHU; TOKI KAZUMASA; KASUYA ATSUO; YAMADA MUNEYOSHI; UCHIDA TATSUO
2006-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

243

Effects on Nitrate on the Growth of Gametophytes of Laminaria religiosa

KAWAI TADASHI; OKA NAOHIRO; HIRAOKA MASANORI; YOTSUKURA NORISHIGE; NAKAME YUKIHIRO
2004-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

245
246

Difference in Structure of the Gene Encoding H+-ATPase between Streptococcus bovis and Ruminococcus albus

Takehiro MIWA; Juzoh UMEMORI; Takafumi NAGAMINE; Koretsugu OGATA; Akio TAKENAKA; Tsuneo HINO

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

247

Diagnosis of severe acute respiratory syndrome (SARS) and urgent scientific research on testing method. 3. The vaccine research for the SARS virus. 3.1. The selection of the vaccine candidate stock.

ODAGIRI TAKAHITO; ISHII TAKASHI; SUZUKI TETSURO; MIYAMURA TATSUO; FUJII HIDEKI; YOKOTA KYOKO; TAKEMORI TOSHITADA; HASEGAWA HIDEKI; MORIKAWA SHIGERU
2004-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

250

Development of BioMEMS devices using Cultured Cardiomyocytes-Bio-Actuated Micropump using Cardiomyocytes sheet-

MORISHIMA KEISUKE; MORISHIMA KEISUKE; TANAKA YO; SHIMIZU TATSUYA; YAMATO MASAYUKI; KIKUCHI AKIHIKO; OKANO TERUO; KITAMORI TAKEHIKO; KITAMORI TAKEHIKO; KITAMORI TAKEHIKO
2005-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

251
252

DNA修復因子NBS1の中心体維持における新規役割

島田 幹男; 小林 純也; 小松 賢志
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

253

DNA修復因子NBS1の中心体維持における役割

島田 幹男; 寒河江 瑠里; 小林 純也; 小松 賢志
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

254

DNA修復因子MRE11における中心体制御の役割

寒河江 瑠里; 島田 幹男; 小林 純也; 小松 賢志
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

257

Conversion of Concentrated Solar Energy to Chemical Energy: (50) Hybrid Fuel Produced from Solar Natural Gas Reforming

TAMAURA YUTAKA; AOKI HIROFUMI; KANEKO HIROSHI; HASEGAWA NORIKO; TAMURA YUTAKA; SUZUKI AKIO
2004-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

259

Control System Design of Pneumatic Servo System Considering Dynamic Characteristics of Servo Valve

FUJITA TOSHINORI; KOJIMA EISUKE; TAJIMA MASAYUKI; MIYAJIMA TAKASHI; SAKAKI KAZUTOSHI; KAWASHIMA KENJI; KAGAWA TOSHIHARU
2006-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

260

Composition of Myosin Heavy Chain Isoforms in Relation to Meat Texture in Duroc, Landrace and Meishan Pigs

Ryo-ichi TANABE; Tetsuya MURAKAMI; Takahiro KAWAHARA; Rinko YAMASHIRO; Mitsuru MITSUMOTO; Susumu MUROYA; Ikuyo NAKAJIMA; Koichi CHIKUNI

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

261

Complete Nucleotide Sequence of a Shiba Goat (Capra hircus) Heat-shock Protein 70-3 (Hsp 70-3) Gene

Yupin LUENGRATTANA; Sakae KOHARA; Hiromi HARA; Harutaka MUKOYAMA; Kei HANZAWA; Seiki WATANABE

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

262
263

Cloning, Expression, and Characterization of a Cellulase Gene from Prevotella ruminicola

Hiroki MATSUI; Koretsugu OGATA; Kiyoshi TAJIMA; Takafumi NAGAMINE; Mutsumi NAKAMURA; Rustem I. AMINOV; Yoshimi BENNO

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

264

Clinical and pathological characteristics of Chinese patients with BRCA related breast cancer

Kwong, Ava; Wong, P. L.; Wong, N. H.; Law, F. B. F.; Ng, O. K. E.; Tang, H. Y.; Chan, K. W.; Suen, K. T. D.; Choi, C.

Breast cancers related to BRCA mutations are associated with particular biological features. Here we report the clinical and pathological characteristics of breast cancer in Chinese women with and without BRCA mutations and of carriers of BRCA1 mutations compared to BRCA2 mutations. Two hundred and ...

DRIVER (Japanese)

267

Chromosomal Localization of Two Z Chromosome-specific DNA Fragments (DZGif1 and DZGif2) in Japanese Quail

Mami SHIBUSAWA; Miho INOUE-MURAYAMA; Chizuko NISHIDA-UMEHARA; Yoichi MATSUDA; Shin'ichi ITO

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

269

Characterization of the reaction catalyzed by class V chitinase from cycas revoluta

YAMAUCHI YUKA; NISHIMURA MINAKO; HAYASHI HIROKO; TAIRA TOKI; ISHIHARA MASANOBU; FUKAMIZO CHIKA
2006-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

270
271

B型および非A非B型慢性肝炎のパラフィン包埋肝組織切片からのHBVDNAの検索

進藤 道子; 奥野 忠雄; 新井 賢; 松本 昌之; 武田 誠; 加嶋 敬; 島田 守; 宗川 吉汪

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

272

Bacillus thuringiensisのcryIIIA遺伝子の増幅と同定

浅野 真一郎; 佐々木 潤; 伴戸 久徳; 飯塚 敏彦

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

274

Asymmetric Epoxidation Catalyzed by Novel Chiral Quaternary Ammonium Salts under Phase Transfer Conditions

HORI KAZUSHIGE; TERAO KANA; TAMURA MINA; NISHIWAKI NAGATOSHI; TANI KEITA; ARIGA MASAHIRO; TODA YASUO
2004-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

276

Association of the HLA-DRB1 Gene with Susceptibility to Aortoarteritis in a Chinese Han Population

Aimin DANG; Bing WANG; Yuhui ZHANG; Penghua ZHANG; Jianfeng HUANG; Guozhang LIU; Deyu ZHENG; Changchun QIU and Lisheng LIU
2002-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

282

Amplification of N-myc gene and increase of urinary VMA and HVA in patients with neuroblastic tumors

Koho Akimaru; Tasuku Shoji; Yoshitaka Fukunaga; Masao Yamamoto; Ryotaro Ishizaki; Nobuo Nomura

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

285

Actinin-4はI期肺腺癌の予後マーカーである

野呂 林太郎; 本田 一文; 前島 亜希子; 蔦 幸二; 石井 源一郎; 淺村 尚生; 永井 完治; 弦間 昭彦; 山田 哲司

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

286

Actinin-4はI期肺腺癌の予後マーカーである

野呂 林太郎; 本田 一文; 前島 亜希子; 蔦 幸二; 石井 源一郎; 淺村 尚生; 永井 完治; 弦間 昭彦; 山田 哲司
2011-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

287

Abstracts from the 32nd Annual Meeting of the Japanese Society for Comparative Physiology and Biochemistry

比較生理生化学,     Vol. 27 (2010)     No. 3.4      pp.81-94
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

290

AMT Gearing Control using Sliding Mode Control

SHIMOJO KANAKO; YASUI YUJI; SHIMABUKURO EIJIRO; IWAKI YOSHIHISA
2005-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

292

A Twist Technique Based on Third Power Residue and Non Residue

HIDAKA YOSHITO; OBARA MAYUMI; NOGAMI YASUYUKI; MORIKAWA YOSHITAKA
2004-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

295

A Study on Operation Condition of Steam-Driven Water-Piston EngineEnglish Title

UCHIDA MASAHIRO; HU TAO; MOMOSE YUTAKA; KITAGAWA KUNIYUKI; HASEGAWA TATSUYA
2006-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

298
300
301

A High-NA lensed fiber with a high-index layer

WATANABE KENJI; KAWASAKI NOBUYUKI; UNAZU MASATO; YODA HIDEHIKO; SHIRAISHI KAZUO; MASUJIMA TAKESHI; SHIKANO SHUJI
2005-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

302

7種の遺伝子を用いた移植骨髄細胞の生着, 白血病再発の検討 Polymerase chain reaction (PCR) 増幅断片の制限酵素切断多型を利用して

郡谷 哲男; 国分寺 晃; 谷脇 清助; 山口 雅生; 伊藤 眞紀; 阿南 和昭; 三澤 眞人; 大江 与喜子; 甲斐 俊朗; 原 宏; 辻野 吉昭; 神谷 孝; 山本 益嗣; 和田 博義; 西中川 篤; 山本 義弘; 古山 順一

Journal@rchive (Japan) (Japanese)