Sample records for gene activators
from WorldWideScience.org

Sample records 1 - 20 shown. Select sample records:



1

高齢者動脈硬化症の退縮に関する研究 (4) 中心性陥凹を呈する動脈硬化性病変と peroxisome proliferator-activated receptors (PPARs) 発現についての検討

山田 勉; 末吉 純久; 大荷 澄江; 生沼 利倫; 三俣 昌子; 渡辺 英幸; 松本 太郎; 上野 高浩; 藤岡 考之; 上松瀬 勝男

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

6

閉塞性腎症の基礎と臨床

石戸谷 滋人; 金藤 博行; 福崎 篤; 竹田 篤史; 尾形 幸彦; 中川 晴夫; 折笠 精一; 荒井 陽一

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

7

血清IL-6高値を呈しゲフィチニブが著効した悪性胸水を伴う肺腺癌の1例

小牧 祐雅; 寒川 卓哉; 東 陽一郎; 副島 賢忠; 長濱 博行; 坪内 博仁

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

13

腎移植における尿 tissue plasminogen activator (tPA) の動態

秋山 隆弘; 池上 雅久; 植村 匡志; 光林 茂; 松浦 健; 栗田 孝

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

19

線虫における静磁場と放射線応答に関する研究

木村 孝文; 森 ちひろ; 高浪 タカ子; 坂下 哲哉; 小林 泰彦; 東谷 篤志
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

21

第73回日本内科学会講演会 (1976年)

日本内科学会雑誌;  Vol. 65 (1976) No. 11  pp.1114-1333

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

22

第48回 日本輸血学会総会記録 その1

日本輸血学会雑誌;  Vol. 47 (2001) No. 3  pp.423-461

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

23

第46回 日本細菌学会東北支部総会

日本細菌学雑誌;  Vol. 48 (1993) No. 2  pp.435-449

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

25

痴呆の基礎と臨床

三好 功峰; 高橋 智; 東海林 幹夫; 武田 雅俊; 下濱 俊; 北本 哲之

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

30
31

新規HMG-CoA還元酵素阻害薬ピタバスタチン(リバロ錠®)の薬理および薬物動態的特徴と臨床効果

山崎 裕之; 藤野 秀樹; 金澤 瑞穂; 玉木 太郎; 佐藤 文泰; 鈴木 幹夫; 北原 真樹
2004-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

32

抄録

脳卒中;  Vol. 25 (2003) No. 1  pp.91-194

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

37

大会講演要旨

日本農芸化学会誌;  Vol. 75 (2001) No. sup  pp.348-357

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

38

大会講演要旨

日本農芸化学会誌;  Vol. 75 (2001) No. sup  pp.212-221

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

41

初回治療にbezafibrateの単独投与が有効であった原発性硬化性胆管炎の1例

権藤 和久; 小野 哲二朗; 都田 憲司; 向笠 道太; 宗 篤史; 今村 賢一郎; 佐田 通夫

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

42

初回治療にbezafibrateの単独投与が有効であった原発性硬化性胆管炎の1例

権藤 和久; 小野 哲二朗; 都田 憲司; 向笠 道太; 宗 篤史; 今村 賢一郎; 佐田 通夫
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

44

内皮細胞の機能と血管新生

豊田 淑江; 森田 育男; 室田 誠逸

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

47

レプチンと感染免疫

中根 明夫; 差波 拓志; 池島 進

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

49

ファンコニ貧血経路の活性化制御とFANCIタンパク質のリン酸化メカニズム

冨田 純也; 内田 亜希子; 北尾 洋之; 木下 英司; 内田 恵美; 小林 昌彦; 山本 健一; 小池 透; 石合 正道; 高田 穣
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

52

ヒト脳血管におけるtPA,PAI-1の発現分布

長根 百合子; 槍沢 公明; 吉村 正博; 東儀 英夫

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

53

シンポジウム

電子顕微鏡;  Vol. 38 (2003) No. Supplement2  pp.3-164

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

54

カルプロテクチンの培養上皮細胞における発現調節

廣島 佑香; 板東 美香; 片岡 正俊; 永田 俊彦; 木戸 淳一

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

55

カルプロテクチンの培養上皮細胞における発現調節

廣島 佑香; 板東 美香; 片岡 正俊; 永田 俊彦; 木戸 淳一
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

56

イネ培養細胞における病害抵抗性誘導物質の違いによるプライミング効果の差異

伊代住 浩幸; 加藤 公彦; 影山 智津子; 稲垣 栄洋; 古瀬 勝美; 馬場 康司; 土屋 広司
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

69

Study on Heat-Energy Exchange Media of Kalina Cycle. High-Pressure and High-Temperature Vapor-Liquid Equilibria for the Binary Mixtures Containing Perfluorobenzene.

NAKAMURA KENSAKU; MIYATA TOMOYUKI; NAKAMURA KAZUO; YAMADA KENJI; KATAYAMA HIROKAZU; NAGANO YATSUHISA; OGAKI KAZUNARI
2000-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

70

Structural biology on transcription.

OKUDA MASAHIKO; NISHIMURA YOSHIFUMI
2002-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

71

Spiny lobsters.

Shizuoka Prefecture Fisheries Experiment Station, JPN,Mie Prefectural Sci. and Technol. Promotion Center, JPN,Nihon Saibai Gyogyo kyokai
2002-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

76

PPARγと大腸癌

藤澤 信隆; 藤澤 聡郎; 藤田 浩司; 高橋 宏和; 中島 淳

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

77

PPARγと大腸癌

藤澤 信隆; 藤澤 聡郎; 藤田 浩司; 高橋 宏和; 中島 淳
2005-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

79

PPARsの生理·薬理機能

高橋 信之; 河田 照雄
2001-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

82
85

Evaluotion of refractive index in liquid xenon.

HITACHI AKIRA; SOLOVOV V N; CHEPEL V; LOPES M I; FERREIRA MARQUES R; POLICARPO A J P L
2001-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

86

Elicitor-responses in rice cells are differentially potentiated by plant defense activators.

IYOZUMI HIROYUKI; KATO KIMIHIKO; KAGEYAMA CHIZUKO; INAGAKI HARUHIRO; FURUSE KATSUMI; BABA KOJI; TSUCHIYA HIROSHI
2006-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

91

Biological Implications of Heme Metabolism

Journal of Clinical Biochemistry; Nutrition;  Vol. 38 (2006) No. 3  pp.138-155

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

93

Anti-dementia drugs for Alzheimer disease in present and future.

NABESHIMA TOSHITAKA; NODA YUKIHIRO; KAMEI HIROYUKI
2002-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

99

Active suspension control of the elastic vehicle using multibody dynamics

SUZUKI YASUHIRO; SAGANE TAKAHITO; TAJIMA HIROSHI; WATANABE TOORU; SETO KAZUTO
2004-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)