Sample records for breeding
from WorldWideScience.org

Sample records 1 - 20 shown. Select sample records:



2

黒毛和種集団における集団構造の変遷

石田 孝史; 福原 利一; 向井 文雄
1996-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

6

黒毛和種屠肉形質の超音波推定値の遺伝的趨勢

Lellah Rahim; 原田 宏; 石田 孝史; 福原 利一
1997-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

7

鶏におけるB血液型多型現象

夏目 長城; 藤尾 芳久; 近藤 恭司
1972-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

8

魚類の炭水化物退社-I.

永井 正徳; 池田 静徳
1971-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

10

高増殖を目指したナトリウム冷却酸化物燃料炉心の検討

大木 繁夫; 小川 隆; 小林 登; 永沼 正行; 水野 朋保
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

11

高増殖を目指したナトリウム冷却酸化物燃料炉心の検討

小川 隆; 大滝 明; 大木 繁夫; 水野 朋保; 田中 俊彦
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

12

高バイオマス量サトウキビの育種と利用展開

境垣内 岳雄; 寺島 義文; 松岡 誠; 寺内 方克; 杉本 明
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

18

雄性不稔化を目指したスギの雄花特異的発現遺伝子の単離と遺伝子組換え

谷口 亨; 栗田 学; 渡邉 敦史; 大宮 泰徳; 坪村 美代子; 田部井 豊; 小長谷 賢一; 近藤 禎二
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

22

都市緑地におけるコゲラの生息に関わる要因

濱尾 章二; 山下 大和; 山口 典之; 上田 恵介
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

25

遺伝子組換え技術を用いた林業用有用品種の開発に向けた取り組み

栗田 学; 谷口 亨; 渡邉 敦史; 近藤 禎二; 石井 克明
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

31

親子回帰から推定されたミズナラの樹高の遺伝率

生方 正俊; 那須 仁弥; 福田 陽子; 田村 明; 久保田 権; 佐藤 新一
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

35

若齢時におけるスギクローンの材質評価

宮下 久哉; 織田 春紀; 半田 孝俊
2009-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

37

胚珠培養および開花調節によるアジサイ種間雑種の育成年限短縮

巣山 拓郎; 谷川 孝弘; 山田 明日香; 松野 孝敏; 國武 利浩
2010-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

39

肉豚生産に伴う地球温暖化ガス排出量の推定

梁 瑞録; 谷口 郁; 川島 洋人; 菊地 英治; 相馬 隆雄
2007-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

40

肉牛の育種価予測値に及ぼす主効果としての枝肉市場の影響

藤中 邦則; 道後 泰治; 太田垣 進; 佐々木 義之
2003-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

41

繁殖季節中の成熟雄ヤギ特異臭成分の同定について

佐々田 比呂志; 杉山 長美; 山下 恭平; 正木 淳二
1983-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

45

糞中progesterone濃度の測定によるメキシカンヘアレスピッグの発情周期把握

筒井 真理子; 寺井 禎貴; 山田 由香理; 竹下 剛; 森好 政晴
2007-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

48

第一世代精英樹と第二世代精英樹候補木の成長比較

三浦 真弘; 福田 友之; 渡辺 敦史; 河崎 久男
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

49

短葉性ネギ品種‘ふゆわらべ’の育成とその特性

若生 忠幸; 小島 昭夫; 山下 謙一郎; 塚崎 光; 小原 隆由; 坂田 好輝
2010-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

53

炭素貯蔵能の高いトドマツ実生家系の選抜の試み

田村 明; 丹藤 修; 那須 仁弥; 井城 泰一; 阿部 正信; 渡邊 謙一; 西岡 直樹; 佐藤 亜樹彦; 上野 義人; 飯田 玲奈; 尾坂 尚紀
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

59

栃木県におけるオオタカ雄成鳥の行動圏の季節変化

堀江 玲子; 遠藤 孝一; 野中 純; 尾崎 研一
2007-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

62

本邦産二葉松類3樹種間の遺伝子多様性

スハリヤント .; 白石 進; 大平 峰子; 酒井 康子
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

64

日本ウズラにおける遺伝的荷重

佐藤 勝紀; 山本 敏幸; 伊東 伸一; 小林 英文; 猪 貴義
1984-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

67

御崎馬の馬群内の種雄馬と子馬の父子関係

加世田 雄時朗; 野澤 謙; 茂木 一重
1982-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

70

年二回産卵系ニジマスの産卵と再生産形質

会田 勝美; 酒井 清; 野村 稔; 羅 秀婉; 羽生 功; 田中 深貴男; 田崎 志郎; 大渡 斉
1984-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

76

埼玉県中央部の丘陵地帯でのオオタカAccipiter gentilisの生息状況と営巣特性

内田 博; 高柳 茂; 鈴木 伸; 渡辺 孝雄; 石松 康幸; 田中 功; 青山 信; 中村 博文; 納見 正明; 中嶋 英明; 桜井 正純
2007-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

77

固定化光合成細菌による養鯉水槽水の簡易浄化と脱窒

永富 寿; 竹野 健次; 渡辺 昌規; 佐々木 健; ハン-チュ ヤン
2001-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

78

和牛集団における枝肉形質の遺伝率推定に及ぼす標本サイズの影響

Sudirman Baco; 井上 俊介; 須藤 貞樹; 久留 文博; 原田 宏; 福原 利一
1997-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

79

受精卵移植の費用と収益の評価

富樫 研治; 佐々木 修; 峰沢 満
1992-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

80

反復戻し交配によって育成したコムギ縞萎縮病抵抗性系統「滝系麦」の収量性

西村 努; 鈴木 孝子; 神野 裕信; 浅山 聡; 宗形 信也; 堀田 治邦; 吉村 康弘; 小林 聡; 佐藤 三佳子
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

86

北海道乳牛父牛の年齢構成

清水 弘; 寺見 裕; 上田 純治; 八戸 芳夫
1985-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

87

副腎皮質機能の反芻動物栄養における特異性に関する研究

佐々木 義之; 道後 泰治; 川島 良治; 上坂 章次
1971-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

89

分子遺伝学的情報の抵抗性育種への利用

磯田 圭哉; 渡邉 敦史; 平尾 知士
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

91

人工交配家系を用いたスギ雄花着花性の遺伝性

坪村 美代子; 中田 了五; 武津 英太郎; 福田 陽子
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

92

人工交配によるアカシア・ハイブリッド創出試験

加藤 一隆; 千吉良 治; 山口 秀太郎; 村山 孝幸; 吉田 温; 佐藤 裕
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

93
94

九州育種基本区におけるスギ次世代品種開発のための基礎解析

倉本 哲嗣; 松永 孝治; 大平 峰子; 村上 丈典; 中島 久美子; 星 比呂志
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

100
101

ヴェトナムにおける外国系アヒルの体重に関する遺伝的パラメター

リー トウイ シー; ヅォン ズー ッェン; 韮澤 圭二郎; 高橋 秀彰; 古川 力; 長嶺 慶隆
1998-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

110

マツノザイセンチュウ抵抗性マツ交配家系の遺伝解析

倉本 哲嗣; 大平 峰子; 平岡 裕一郎; 谷口 亨; 柏木 学; 井上 祐二郎; 福田 友之; 佐藤 省二; 村山 孝幸; 植田 守; 岡村 政則; 星 比呂志; 藤澤 義武
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

111

マツノザイセンチュウ抵抗性クロマツのさし木発根性における家系内変異

大平 峰子; 倉本 哲嗣; 松永 孝治; 星 比呂志; 白石 進
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

113

マツノザイセンチュウの毒性の違いによるマツ抵抗性候補木の選抜の効果

加藤 一隆; 近藤 禎二; 松永 孝治; 小川 靖; 山本 茂弘
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

117

ホルスタイン種とジャージー種における牛乳蛋白質型と乳量との関連性

小松 正憲; 横内 圀生; 阿部 恒夫; 小澤 周司; 北沢 貴一
1981-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

119

ブナのさし木増殖

小澤 創; 高橋 誠; 矢野 慶介; 宮本 尚子; 渡邉 次郎
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

121

ピーマン青枯病抵抗性育種における抵抗性評価と台木用品種の育成

世見 由香里; 杉田 亘; 藺牟田 真作; 黒木 利美; 木下 哲次; 長田 龍太郎
2010-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

122

ピロディンによる容積密度の効率的な推定法の検討

田村 明; 井城 泰一; 丹藤 修; 那須 仁弥; 福田 陽子; 阿部 正信; 西岡 直樹; 渡邊 謙一; 佐藤 亜樹彦; 上野 義人; 澤村 高至; 辻山 善洋; 尾坂 尚樹
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

123

ビワ果肉色の遺伝および果肉色に連鎖するRAPDマーカーの同定

福田 伸二; 吉田 俊雄; 稗圃 直史; 佐藤 義彦; 寺上 伸吾; 山本 俊哉; 富永 由紀子; 根角 博久
2009-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

125

ハマダイコンの栽培化と利用について

伴 琢也; 小林 伸雄; 本谷 宏志; 門脇 正行; 松本 真悟
2009-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

126

ナトリウム冷却高速増殖炉核特性への拡張バイアス因子法の適用

久語 輝彦; 森 貴正; 横山 賢治; 沼田 一幸; 石川 眞; 岡嶋 成晃
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

128

トリチウム増殖材のLi資源リサイクル技術の開発

林 君夫; 星野 毅; 土谷 邦彦; *蓼沼 克嘉; 照沼 仁; 中村 和
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

131

トドマツ精英樹家系の炭素貯蔵量の改良効果

田村 明; 生方 正俊; 那須 仁弥; 丹藤 修; 西岡 直樹; 佐藤 新一; 小園 勝利; 林 勝洋; 飯田 玲奈; 上野 義人; 井城 泰一; 阿部 正信; 澤村 高至; 尾坂 尚紀; 辻山 善洋; 佐藤 亜樹彦; 渡邉 謙一
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

132

トドマツ実生家系の林分あたりの炭素貯蔵量の改良効果の試算

田村 明; 丹藤 修; 那須 仁弥; 井城 泰一; 阿部 正信; 渡邊 謙一; 西岡 直樹; 上野 義人; 佐藤 新一; 林 勝洋; 飯田 玲奈
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

138

タイにおけるチークの育種計画

栗延 晋; タンミチャロン スワン
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

140

スギ花粉アレルゲンCry j 1の新規アイソフォームの探索

福田 陽子; 安枝 浩; 齋藤 明美; 高橋 誠; 渡邉 敦史
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

142

スギ精英樹における光合成能力と針葉形質特性の関係

平岡 裕一郎; 松永 孝治; 藤澤 義武; 下村 治雄
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

144
147

シミュレーションを用いた泌乳量に関する育種価の真値と推定値の違い

長嶺 慶隆; 谷口 康子; 吉田 みその; 池内 豊; 樋口 幹人; 粟田 崇
1995-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

153

クロマツのさし穂のサイズが発根性に及ぼす影響

松永 孝治; 大平 峰子; 倉本 哲嗣; 星 比呂志
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

156

カラマツの繊維傾斜度の遺伝性および採種園による改良効果

武津 英太郎; 倉原 雄二; 中田 了五; 加藤 一隆; 小山 泰弘
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

162

アカマツの樹冠上部における高い結実に受粉様式がおよぼす影響

岩泉 正和; 高橋 誠; 生方 正俊; 山田 浩雄; 野村 考宏; 矢野 慶介
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

164

アイソザイムを用いたケヤキ天然林12集団での遺伝的多様性

矢野 慶介; 高橋 誠; 宮本 尚子; 岩泉 正和; 山田 浩雄; 生方 正俊
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

165

さし木繁殖によるマツ材線虫病抵抗性クロマツ苗生産技術の開発

大平 峰子; 宮原 文彦; 森 康裕; 宮崎 潤二; 真崎 修一; 山田 康裕; 白石 進
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

166

うどんこ病抵抗性‘きゅうり中間母本農5号’の育成とその特性

坂田 好輝; 森下 昌三; 北谷 恵美; 杉山 充啓; 小原 隆由; 杉山 慶太; 小島 昭夫
2008-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

168

Élevage de la palourde japonaise Ruditapes philippinarum dans le bassin d'Arcachon. Bilan des dix dernières années et perspectives de développement Breeding of the Japanese clam Ruditapes philippinarum in the basin of Arcachon. Assessment ten last years and development prospect

Robert Rene; Deltreil Jean-pierre

Farming of the Japanese clam Ruditapes philippinarum took place for the first time in 1980 in the Arcachon basin. After an experimentation period of about ten years, a farming strategy, taking into consideration the distinctive features found in the bay, was able to emerge. For example, in order to ...

DRIVER (Japanese)

169

Transmutation of High-level Wastes in a Spherical-tokamak Reactor

電気学会論文誌A(基礎・材料・共通部門誌);  Vol. 125 (2005) No. 11  pp.953-957

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

170

The root systems of onion and Allium fistulosum in the context of organic farming: a breeding approach

Melo, P., de

Keywords: Allium cepa , Allium roylei , Japanese bunching onion, introgression breeding, organic agriculture, linkage map, AFLP, QTL analysis, Arbuscular Mycorrhizal Fungi, in vitro multiplication Repository : View repository documents , Wageningen University and Researchcenter Publications Language(s) : English

DRIVER (Japanese)

171

The breeding and cultivation of marine fish species for mariculture

Nash Colin E.

The culture of the marine fish has not made as much progress as other species in aquaculture, for example the marine and freshwater prawns. The large number of red seabream released each year by the Japanese into the Seto Inland Sea constitutes one of the maJor marine fish proJects, but the economic...

DRIVER (Japanese)

173

SSRマーカーによる希少樹種トガサワラの地理的な遺伝変異の推定

玉城 聡; 磯田 圭哉; 高橋 誠; 矢野 慶介; 中森 由美子; 西村 尚之; 山田 浩雄
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

174

Real-time PCR法を用いたマツノザイセンチュウ増殖特性

能勢 美峰; 白石 進; 宮原 文彦; 大平 峰子; 草野 僚一; 松永 孝治; 前田 勇平
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

176

Prégrossissement et élevage de palourdes japonaise en marais : technique entre filet

Zanette Yvan; Heral Maurice; Peyre Roger

Another breeding technique was worked out for Japanese clam Ruditapes philippinarum. It consists in breeding it in a large two-fold net dipped into mud. Une nouvelle technique d'élevage a été mise au point pour la palourde japonaise : Ruditapes philippinarum, elle consiste à élever ce mollusque dans ...

DRIVER (Japanese)

182

Neutron Shielding and Blanket Neutronics Study on Low Aspect Ratio Tokamak Reactor

電気学会論文誌A(基礎・材料・共通部門誌);  Vol. 125 (2005) No. 11  pp.943-946

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

184

Method R Estimates of Heritability and Repeatability for Milk, Fat and Protein Yields of Japanese Holstein

Juan Antonio C. PEREIRA; Mitsuyoshi SUZUKI; Kouichi HAGIYA; Tsutomu YOSHIZAWA; Shogo TSURUTA; Ignacy MISZTAL
2001-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

187

Lactuca属とCichorium属におけるセスキテルペンラクトン含量の変異

荒川 浩二郎; 南 峰夫; 中村 浩蔵; 松島 憲一; 根本 和洋
2008-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

188

L'economie d'un secteur aquacole : la crevette imperiale sur le littoral Atlantique Aquaculture activity economics : Penaeus japonicus on the french Atlantic coastal zone

Weber Jacques

Japanese sand shrimp (Penaeus japonicus) breeding started in 1984 in Charentes and in the Loire region. It is an activity that is still experimental, as much from a technical point of view as biological and commercial. Although the number of farmers and the surface area farmed are increasing rapidly...

DRIVER (Japanese)

189

III-3. 沿岸域と内水面のカワウ繁殖率の違い

井上 裕紀子; 藤井 英紀; 新妻 靖章
2010-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

190

Genetic Evaluation of Bulls with Economic Weights Equivalent to Relative Desired Gains in Japanese Shorthorn

Takako KIMURA; Masaaki IINO; Hajime DAKE; Kiyoshi NISHIDA; Ryu ITOH; Yukiko OHTOMO; Hisashi SHINOHARA; Toshihiro YAMAGISHI; Akira NISHIDA
2001-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

191
192

GISを用いたスギ遺伝資源の評価に向けた取り組み

宮本 尚子; 渡辺 敦史; 小野 雅子; 高橋 誠
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

195

Elevage de la palourde japonaise en baie de Bourgneuf Breeding of the Japanese clam in the bay of Bourgneuf (France)

Saint-felix Christian; Baud Jean-pierre; Hommebon Prestal

L'étude vise à identifier les techniques de prégrossissement (préélevage) et d'élevage de la palourde japonaise (Ruditapes philippinarum) adaptées aux marais (polders) et sur l'estran de la baie de Bourgneuf ainsi que l'évaluation des coûts de production. La nourricerie-pilote, réalisée à la station...

DRIVER (Japanese)

197

Diversification de la production conchylicole. Approche d'une stratégie d'élevage de la palourde japonaise (Ruditapes philippinarum) dans la région de la baie de Bourgneuf Conchological production diversification. Approach a strategy of breeding of the Japanese clam (Ruditapes philippinarum) in the area of bay of Bourgneuf.

Baud Jean-pierre; Hommebon Prestal; Haure Joel

If clam growth is no longer an issue during the pre-growth phase in the Bourgneuf bay region, the two year growth phase shows several problems: in the south bay area, the growth of Ruditapes phi¿lippinarum clams is inconsistent and depends on oyster and mussel stocks. In fattening ponds raising stan...

DRIVER (Japanese)

198

DNAマーカーによる育種集団林の系統管理と系統の評価

三浦 真弘; 渡邉 敦史; 宮本 尚子; 高橋 誠
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

199

DNAタイピングとICタグを利用した新たな系統管理手法

渡辺 敦史; 宮本 尚子; 高橋 誠; 三浦 真弘; 植田 守
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

200

Current trends in comparative endocrinology : proceedings of the ninth International Symposium on Comparative Endocrinology, Hong Kong, 7-11 December 1981 Current trends in comparative endocrinology : proceedings of the ninth International Symposium on Comparative Endocrinology, Hong Kong, 7-11 December 1981

International Symposium on Comparative Endocrinology (9th : 1981 : Hong Kong); International Symposium on Comparative Endocrinology (9th : 1981 : Hong Kong)

v.1 Steroidogenesis in the amago salmon (Oncorhynchus rhodurus) ovarian follicle: a two cell-type model / Nagahama, Y. p239 v.1 Role of androgen in amphibian reproduction / D'Istria, M. p243 v.1 Annual cycle of gonadotropin and testicular steroid hormones in the Japanede red-bellied newt / Imai, K. ...

DRIVER (Japanese)

202

Croissance de jeunes palourdes (Venerupis Semidecussata) en nurserie et en mer en fonction des conditions d'élevage Growth of young clams (Venerupis semidecussata) reared in hatchery or at sea in relation to the breeding conditions

Lucas Albert

The japanese palourde Venerupis semidecussata was reared in the Bay of Brest, using hatchery reared spat. Experiments were performed with individuals of lenght 2 to 10 mm raised in a nursery, using raceways with slow running water enriched with unicellular algae, and also with individuals of lenght ...

DRIVER (Japanese)

206

Campagne d'évaluation du stock de palourdes du bassin d'Arcachon Clams stock assessment study in Arcachon bay (France)

Caill-milly Nathalie; Duclercq Benoit; Morandeau Gilles

Between 1980 and 1986, some Arcachon oyster farmers took up breeding the Japanese clam on the foreshore (Robert et Deltreil, 1990). This production was short lived. The steep fall in prices due to economic competition from Spain, Portugal, Italy and Tunisia, predator action such as the trigger fish ...

DRIVER (Japanese)

210

1990年度日本農芸化学大会特別講演会

日本農芸化学会誌;  Vol. 64 (1990) No. 3  pp.839-840

Journal@rchive (Japan) (Japanese)