Sample records for biomass
from WorldWideScience.org

Sample records 1 - 20 shown. Select sample records:



8

高バイオマス量サトウキビ系統KY01-2044の個葉光合成特性

服部 太一朗; 寺島 義文; 寺内 方克; 境垣内 岳雄
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

9

高バイオマス量サトウキビの育種と利用展開

境垣内 岳雄; 寺島 義文; 松岡 誠; 寺内 方克; 杉本 明
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

21

連続式振動ミルによる木質バイオマス粉砕性能

小林 信介; 上田 泰之; 大鹿 由梨; 水野 憲治; 塚田 茂男; 清川 英明; 小林 潤; 羽多野 重信; 板谷 義紀; 森 滋勝
2008-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

26

茶滓を原料とするバイオコークスによる溶解炉内観察と燃焼シミュレーション

石井 一義; 村田 博敏; 桑名 一徳; 水野 諭; 森田 明宏; 井田 民男
2009-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

27

若齢のクリ人工林における林木の現存量および樹冠の形状

渡邉 仁志; 大洞 智宏; 井川原 弘一; 杉山 正典; 横井 秀一; 鈴川 はるな
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

35

用材とバイオマスの同時搬出作業の生産性

吉田 智佳史; 陣川 雅樹; 久保山 裕史; 吉田 貴紘; 伊神 裕司; 高野 勉; 鈴木 秀典; 上村 巧; 西園 朋広; 中澤 昌彦; 近藤 耕次; 田中 良明; 岡 勝; 水田 展洋; 大西 裕二; 水戸辺 栄三郎
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

38

琵琶湖国際共同観測(BITEX'93)の成果から

熊谷 道夫; 中野 伸一; ヨルグ インバーガー; 平山 彰彦; 和氣 亜紀夫; 板倉 安正; 遠藤 修一; 奥村 康昭; 津田 良平; 田中 祐志; 紀本 岳志; 橋谷 博; 清家 泰; 奥村 稔; 藤永 薫; 佐藤 徹治; 中西 正己; 関野 樹; 永田 俊; フレネット ジャンニジャック; ヴィンセント ワーウィック; ルジャンドル ルイ; 占部 城太郎; 川幡 佳一
1995-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

44
53

森林バイオマス利用の可能性

實村 昂士; 矢部 和弘; 豊川 勝生
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

56

東北海域におけるキチジの資源量と再生産成功率の経年変化

服部 努; 成松 庸二; 伊藤 正木; 上田 祐司; 北川 大二
2006-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

57

東北海域におけるキチジの資源量と再生産成功率の経年変化

服部 努; 成松 庸二; 伊藤 正木; 上田 祐司; 北川 大二
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

58
59

東アジア諸国におけるバイオマス利活用の持続性評価 2

小西 友子; 工藤 祐揮; 匂坂 正幸; 定道 有頂
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

60
63

木質バイオマススラリー流通式連続熱水処理装置の開発

小林 信介; 岡田 信彦; 羽多野 重信; 板谷 義紀; 森 滋勝
2009-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

64

木質バイオマスの粉砕エネルギーと輸送性評価に及ぼす半炭化熱分解の影響

澤井 徹; 森田 明宏; 井田 民男; 渕端 学; 梶本 武志; 多田 達; 加治 増夫
2008-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

67

木質バイオマスで代替可能なエネルギー需要

久保山 裕史; 古川 邦明; 伊神 裕司; 陣川 雅樹; 高野 勉
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

78

持続可能型社会の経済特区と生態工学

玉浦 裕; 青木 宏文; 西尾 光夫; 大政 謙次; 村松 晋; 長谷川 紀子; 新田 慶治; 西崎 進治
2004-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

82

微生物支持体「バイオループ」を用いた下水処理

栗山 光央; 柿井 一男; 小林 実; 熊 岳平; 植場 久昭; 大橋 一晃; 佐藤 等
1992-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

83

微生物ライブラリーからのソフトバイオマス分解菌の探索

石崎 孝之; *土屋 有紀; 星野 達雄; 奥田 徹
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

93

宮古島に設置したバイオマス変換プラント群のライフサイクル分析

亀山 幸司; 凌 祥之; 中川 陽子; 東江 幸優; 芳賀 聖; 田崎 厚也; 上野 正実; 川満 芳信; 小宮 康明
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

98

多様なバイオマス資源の組成・熱分解分析から抽出した特性とその相関

水野 諭; 森田 明宏; 井田 民男; 難波 邦彦; 渕端 学; 澤井 徹
2008-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

99

堆肥施用の有無が初年目の夏雑草の草種および発生量に及ぼす影響

有澤 岳; 玉井 富士雄; 元田 義春; 廣瀬 友二; 名越 時秀; 平野 繁; 松嶋 賢一; 福山 正隆
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

108

南極フリクセル湖における細菌群集の垂直分布

近田 俊文; 滝井 進; 福井 学; 楠岡 泰; 松本 源喜; 鳥居 鉄也
1994-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

110
111

北海道東部太平洋域におけるトドハダカ Diaphus theta の音響生物量推定

安間 洋樹; 大島 達樹; 本田 聡; 宮下 和士; 青木 一郎
2010-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

113

再生可能エネルギー

平良 万寿美; 小池 浩一郎
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

114

余剰活性汚泥の回分式好気性消化に及ぼすpHの影響

松田 晃; 川崎 健二; 平井 加奈子; 中原 靖尚
2002-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

120
122

京都府南部の広葉樹二次林における根現存量および根表面積

檀浦 正子; 鈴木 麻友美; 小南 裕志; 後藤 義明; 金澤 洋一
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

123

亜熱帯域におけるヘアリーベッチと数種クローバーの生育と成分吸収量

ファジリ アヌグロホ; 鬼頭 誠; 南雲 不二男; 渡嘉敷 義浩
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

125

下水汚泥炭化物のバイオマス燃料利用

志村 進; 甲 忠敏; 北林 誠; 清水 健司
2007-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

129

モウソウチク群落の地下部現存量

鳥居 厚志; 木村 光男; 山田 倫章; 松浦 陽次郎; 野口 享太郎
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

133
138

バイオマス由来ポリエチレンのライフサイクル評価

菊池 康紀; 平尾 雅彦; 成田 賢治; 杉山 英路; Oliveira Sueli; Chapman Sonia; Marzullo Rita M.; Arakaki Mariana M.; Novaes Leonora M.
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

140

バイオマス性素材を利用した貴金属イオンの選択的分離

島田 雪子; 二井手 哲平; 久保田 富生子; 神谷 典穂; 後藤 雅宏
2010-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

141
142
146

バイオマスの低温接触ガス化による高効率合成ガス製造

冨重 圭一; アサドゥラ モハマド; 伊藤 伸一; 国森 公夫
2002-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

148

バイオブリケットの基礎燃焼特性

呂 国慶; 外山 哲也; 金 煕濬; 成瀬 一郎; 大竹 一友; 上出 光志
1997-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

150

ダム貯水池におけるPeridinium淡水赤潮の集積機構の評価

山田 正人; 宗宮 功; 小野 芳朗; 小林 尚礼
1995-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

151
152

セルロースをモデル物質としたバイオマス熱分解挙動の解明

上岡 健太; 松下 洋介; 山本 剛; 青木 秀之; 三浦 隆利
2004-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

157
162

イネのバイオマスに関する年次間の変動を考慮したAB-QTL 解析

神戸 崇; 青木 直大; 佐々木 治人; 山岸 徹; 大杉 立
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

163

イネのバイオエタノール化を中心としたバイオマスタウンのモデルプラン

土肥 哲哉; 吉田 浩爾; 白井 瑛里子; 迫田 章義; 森田 茂紀
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

172
175

Primary Production in Lake Kasumigaura, 1981-1985

高村 典子; 岩熊 敏夫; 安野 正之
1987-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

178

PALSARの森林解析

渡辺 学; 佐藤 源之
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

181

Influence de la densite et de l'age des huitres japonaises (Crassostrea gigas ) sur la croissance et la composition biochimique en bassins de terre Changes in growth, biochemical composition and reproductive conditions related to the reared biomass and the age of Japanese oysters (Crassostrea gigas ).

Bodoy A; Geiaron P; Garnier Jacqueline; Heurtebise S

Two different biomasses (100 g multiplied by m super(-2) and 1 kg multiplied by m super(-2)) of oysters were put in identical sea-water ponds, thus leading to different trophic conditions, corresponding to rearing techniques. Changes in growth, biochemical composition and sexual maturation were reco...

DRIVER (Japanese)

191

Dekoratyvinių augalų, naudojamų energetiniams tikslams, augimas ir vystymasis GROWING AND DEVELOPMENT OF ORNAMENTAL PLANS USED FOR ENERGETIC PURPOSES

Karpinskaitė, Inga

Tyrimo objektas – Lietuvos žemdirbystės instituto, energetinėje plantacijoje augantys augalai: sida (Sida hermaphrodita), drambliažolė (Miscanthus x gigantus), sachalininės ir japoninės rūgtys (Reynoutria sachalinensis FR., Reynoutria japonica Houtt.), geltonžiedis legėstas (Silphium perfoliatum L....

DRIVER (Japanese)

193

Carbonization of agricultural wastes under elevated pressures

Jittiwuttinon Pornpen; Nunoura Teppei; Nakajima Fumiyuki; Yamamoto Kazuo
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

194

Campagne d'évaluation du stock de palourdes du bassin d'Arcachon Clams stock assessment study in Arcachon bay (France)

Caill-milly Nathalie; Duclercq Benoit; Morandeau Gilles

Between 1980 and 1986, some Arcachon oyster farmers took up breeding the Japanese clam on the foreshore (Robert et Deltreil, 1990). This production was short lived. The steep fall in prices due to economic competition from Spain, Portugal, Italy and Tunisia, predator action such as the trigger fish ...

DRIVER (Japanese)

195

Biomass expansion factors of Pinus densiflora stands by stand age in Inge area, Korea.

李 曉東; 鄭 美貞; Lee KyongHak; 李 在善; 李 明鐘
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

196

Biomass and production of Pinus densiflora forest in Inge, Korea.

鄭 美貞; 李 曉東; Son Yohwan; 崔 龍義; 李 明鐘
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

197

Biomass and diversity of understory vegetation after fertilization

Son Yowhan; Lee Mi Hyang; Kang Byenug Hoa; Yi Myong Jong; Byun Jae Kyung; Yi Koong; Noh Nam Jin
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

200

Allometric equations and biomass estimation for Pinus densiflora in Bongwha, Korea

Noh NamJin; Seo KyungWon; Lee SuKyung; Heo SuJin; Yi MyongJong; Park PilSun; Kim RaeHyun RaeHyun; Son YeongMo; Lee KyeHan; Son Yowhan
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)