Sample records for biological availability
from WorldWideScience.org

Sample records 1 - 20 shown. Select sample records:



4

養魚飼料中の有効リン含量の簡易測定法

佐藤 秀一; Voranop Viyakarn; 山崎 芳恵; 竹内 俊郎; 渡邉 武
1992-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

5

養豚飼料の粉砕およびフィターゼ添加がその消化率に及ぼす影響

高田 良三; 市川 隆久; 山崎 正史; 大塚 誠; 甘利 雅拡
2004-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

14

里山放置林における林内植生構造の変化と自生ツツジ類の動態

上原 三知; 重松 敏則; 藤井 義久; 岩本 辰一郎
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

15

達古武沼における植物プランクトンの季節変化と水平分布

中川 惠; 高村 典子; 金 白虎; 辻 ねむ; 五十嵐 聖貴; 若菜 勇
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

17

記念講演

岩石鉱物科学;  Vol. 32 (2003) No. 3  pp.125-

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

18

記念講演

岩石鉱物科学,     Vol. 32 (2003)     No. 3      pp.125-
2003-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

19

脳死肝移植

北海道肝臓移植研究会; 谷口 雅彦; 古川 博之; 嶋村 剛; 鈴木 友己; 山下 健一郎; 藤堂 省
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

22
28

生態系におけるガス交換:その全体像とケーススタディ

和田 英太郎; John A. LEE; 木村 真人; 小池 勲夫; William S. REEBURGH; Jose G. TUNDISI; Tadashi YOSHINARI; 吉岡 崇仁; Margret M.I. VAN VUUREN
1991-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

34

特別講演

日本細菌学雑誌;  Vol. 52 (1997) No. 1  pp.56-57

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

37

海洋環境モニタリングにおける海鳥の役割とその保全

風間 健太郎; 伊藤 元裕; 新妻 靖章; 桜井 泰憲; 高田 秀重; William J. Sydeman; John P. Croxall; 綿貫 豊
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

41

沖縄諸島におけるオリイオオコウモリの分布と生息状況

中本 敦; 佐藤 亜希子; 金城 和三; 伊澤 雅子
2009-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

42

沖縄諸島におけるオリイオオコウモリの分布と生息状況

中本 敦; 佐藤 亜希子; 金城 和三; 伊澤 雅子
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

44

樹木指標による土壌CO2フラックスの空間変動の推定

橋本 徹; 三浦 覚; 池田 重人; 志知 幸治
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

47
53

年令群クラス分けプログラムとその応用

松崎 憲四郎; 松崎 加奈美; 小川 数也
1983-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

57

富栄養化した霞ヶ浦の堆積物に養殖の痕跡を残すリンの形態と分布

小松 伸行; 石井 裕一; 渡邊 圭司; 本間 隆満; 北村 立実; 根岸 正美; 岩崎 順
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

58

季節, 時刻および植生が大阪のニホンジカ (Cervus nippon) の行動圏に及ぼす影響

石塚 譲; 川井 裕史; 大谷 新太郎; 石井 亘; 山本 隆彦; 八丈 幸太郎; 片山 敦司; 松下 美郎
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

65

合成ハプテンを用いた抗シガトキシン抗体の作製とサンドイッチイムノアッセイ法の開発

円谷 健; 藤井 郁雄; 大栗 博毅; 上原 久俊; 丸山 潤美; 新藤 由美; 佐々木 信也; 平間 正博
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

68

動原体を分染するC-バンド法の改良と線量評価への適用性について

中田 章史; 穐山 美穂; 高島 良生; 高田 実佐紀; 吉田 光明
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

70

伊豆諸島海域におけるカツオ漁獲動向の季節変化

Muhammad Zainuri; 根本 雅生; 毛利 雅彦; 竹内 正一
1993-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

75

メッキ工場作業者の毛髪および血液中微量元素濃度

兵井 伸行; 今堀 彰; 塩原 正一; 福島 一郎
1986-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

77

マダコによる海水からの60Coの取り込み及び排出

中原 元和; 小柳 卓; 上田 泰司; 清水 千秋
1982-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

78

マダイ種苗生産過程に生ずる成長不良魚の特性

海野 徹也; 大津 正淳; 高場 稔; 中川 平介
1993-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

79

マダイの産卵に及ぼす親魚飼料の影響

渡辺 武; 荒川 敏久; 北島 力; 藤田 矢郎
1984-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

82

ホテイアオイの水抽出物および枯死・分解物の植物生育阻害作用

アハメド サエドアシューラ; 伊藤 操子; 植木 邦和
1982-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

87

ニジマスによる各種魚為分中Znの利用性

佐藤 秀一; 井爪 一宏; 竹内 俊郎; 渡辺 武
1987-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

92

サルミンの抗菌性に及ぼすメイラード反応の影響

柳本 卓; 田中 宗彦; 長島 裕二; 田口 武
1992-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

96

クロレラエキスを投与したアユの絶食時の体成分の変化

中川 平介; 笠原 正五郎; 辻村 明夫; 明楽 公男
1984-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

97

クロレラの食糧化に関する研究 (第5報)

満田 久輝; 鹿内 健彦; 吉田 耕一; 河合 文雄
1961-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

104
105

アルギニンパラドックス

中木 敏夫; 菱川 慶一
2002-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

106

アユに対する飼料脂質含量の影響とクロレラエキスの添加効果

ネマチプール Gh.R.; 中川 平介; 笠原 正五郎; 大家 正太郎
1988-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

107

ならたけもどき病被害地におけるナラタケ属菌の杭捕捉法による検出

小野 里光; 河辺 祐嗣; 太田 祐子; 菊地 泰生; 金澤 好一
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

111

Thymoxamine hydrochlorideの体内薬物動態

栗本 忠; 市田 茂人; 佐藤 成實; 平山 八彦
1985-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

112

The interleukin hypothesis

Stanley Shaldon; G. Lonnemann; Karl M. Koch
1988-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

122

Milk Nitrogenous Components as Measured by Near Infrared Spectroscopy-study on the Repeatability for Predicting Different Population Samples

Agung PURNOMOADI; Keshab Kumar BATAJOO; Itoko NONAKA; Kouji HIGUCHI; Koichiro UEDA; Osamu ENISHI; Takehiro NISHIDA; Mitsunori KURIHARA; Fuminori TERADA
1999-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

125

Increased F2-Isoprostane Levels in the Rat Brain and Plasma Caused by Oxidative Stress and Aging, and Inhibitory Effect of Vitamin E

Tomoko Nishio; Ryota Miyadera; Ryuta Sakai; Kouichi Abe; Hideko Kanazawa; Koji Fukui and Shiro Urano
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

128

Effect of Dietary Microbial Phytase on Zinc Bioavailability in Growing Pigs

Kin-ya ASHIDA; Akira TAMURA; Tohru MATSUI; Hideo YANO; Takashi NAKAJIMA
1999-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

131

Conceptions of Crisis Management Capabilities – Municipal Officials’ Perspectives

Nilsson, Jerry

In the Swedish crisis management system, the municipalities have a great responsibility. One part of this responsibility concerns preparing for crises by making risk and vulnerability analyses as well as plans for how to handle extraordinary events. Such preparedness planning involves municipal offi...

DRIVER (Japanese)

132

Biological Responses to Typhoon-induced Mixing in Two Morphologically Distinct Basins of Lake Biwa

Jean-Jacques FRENETTE; Warwick F. VINCENT; Louis LEGENDRE; Toshi NAGATA; Keiichi KAWABATA; Michio KUMAGAI
1996-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

135

Availability of a Zinc Amino Acid Chelate for Growing Pigs

Hisashi SUSAKI; Tohru MATSUI; Kin-Ya ASHIDA; Shoji FUJITA; Takashi NAKAJIMA; Hideo YANO
1999-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

136

Availability of Cell Wall-fractured Yeast, Phaffia rhodozyma, Containing High Concentration of Astaxanthin for Egg Yolk Pigmentation

Yukio AKIBA; Kan SATO; Kazuaki TAKAHASHI; Masaaki TOYOMIZU; Yoko TAKAHASHI; Hiroshi TSUNEKAWA; Yutaka HAYASAKA; Hidenori NAGAO
2000-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)