Sample records for biochemical activity
from WorldWideScience.org

Sample records 1 - 20 shown. Select sample records:



2

黒毛和種におけるPPARγ2の遺伝的変異体の産肉成績

相川 勝弘; 太田垣 進; 谷本 保幸; 柴田 昌宏; 松本 和典; 寺田 文典
2004-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

17
18

酸化防止剤力価評価のための各種抗酸化活性測定法の共同試験

島村 智子; 松浦 理太郎; 徳田 貴志; 杉本 直樹; 山崎 壮; 松藤 寛; 松井 利郎; 松本 清; 受田 浩之
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

19

進行慢性肝炎 (F3) と初期肝硬変 (F4) の鑑別における肝USスコアの有用性

西浦 哲哉; 渡辺 秀明; 河野 義彦; 伊東 正博; 大畑 一幸; 藤本 俊史; 大黒 学; 八橋 弘; 松岡 陽治郎; 石橋 大海
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

20

資料

栄養と食糧;  Vol. 23 (1970) No. 9  pp.630-632

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

29

腫瘍移植マウスにおける黒酢の抗腫瘍および免疫賦活作用

上野 知子; 藤井 暁; 長野 正信; 侯 徳興; 藤井 信
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

30

肝組織が非アルコール性脂肪肝炎を呈した成人発症II型シトルリン血症の1例

福本 晃平; 角田 圭雄; 吉田 直久; 酒井 恭子; 金政 和之; 伊藤 義人; 光藤 章二; 片岡 慶正; 岡上 武
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

31

肝細胞癌の骨転移巣に対してテガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合カプセル剤(TS-1)とシスプラチンの併用療法が奏功した1例

山下 尚毅; 釈迦堂 敏; 武元 良祐; 西 秀博; 福森 一太; 福泉 公仁隆; 宮原 稔彦; 酒井 浩徳; 安森 弘太郎; 村中 光; 高見 裕子; 才津 秀樹; 渡辺 次郎
2005-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

33

緑茶アミノ酸テアニンの組織分布と GlutamateTransporter 介在性制癌剤効果増強

佐塚 泰之; 山下 恵代; 岸本 修一; 福島 昭二; 竹内 由和; 園部 尚
2002-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

34

緑茶アミノ酸テアニンの組織分布と GlutamateTransporter 介在性制癌剤効果増強

佐塚 泰之; 山下 恵代; 岸本 修一; 福島 昭二; 竹内 由和; 園部 尚
2002-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

37

紅藻スサビノリの光合成色素と葉緑体微細構造における栄養欠乏応答

植木 知佳; 村上 明男; 加藤 敏朗; 嵯峨 直恆; 本村 泰三
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

39

紅藻オオシコロの赤血球凝集素の諸性質

塩見 一雄; 山中 英明; 菊池 武昭
1980-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

44

異性化糖食で飼育したラットの体脂肪蓄積に対するD-プシコースの作用

山田 貴子; 飯田 哲郎; 林 範子; 大賀 浩史; 大隈 一裕; 何森 健
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

49

淡水魚類の腸内偏性嫌気性細菌の性状について

坂田 泰造; 光岡 知足; 杉田 治男; 柿本 大壱; 門田 元
1981-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

53
65

放射線生物影響におけるクラスターDNA損傷の量的、質的効果の実験的解明へのアプローチ

寺東 宏明; 島崎-徳山 由佳; 渡 裕美; 田中 瑠理; 中新井 祐介; 野原 智紀; 平山 亮一; 古澤 佳也; 井出 博
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

68

抗酸化物質の2成分混合系におけるDPPHラジカル消去活性

松藤 寛; 佐々 怜一郎; 本間 友輝; 宮島 拓臣; 千野 誠; 山崎 壮; 島村 智子; 受田 浩之; 松井 利郎; 松本 清; 山形 一雄
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

72

学校検尿による糖尿病検診で発見され遺伝子解析によりMODY 2と診断された母児例

吉田 彩子; 浦上 達彦; 鈴木 潤一; 齋藤 宏; 和田 美夏; 高橋 昌里; 麦島 秀雄; 依藤 亨
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

74

天然型インターフェロン-α週1回長期投与により著効となったC型肝硬変の1例

和栗 暢生; 古川 浩一; 池田 晴夫; 林 雅博; 河久 順志; 濱 勇; 横尾 健; 相場 恒男; 米山 靖; 杉村 一仁; 五十嵐 健太郎; 月岡 恵
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

75

大麻幻覚成分THCAの生合成研究

田浦 太志; 正山 祥生; 森元 聡
2005-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

76

大腸癌と腸内細菌叢に関する疫学研究の検討

河野 敦子; 石川 秀樹; 中村 富予; 河野 公一
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

85

化学データにおける線形・非線形モデリング

金谷 重彦; Md. Altaf-Ul-Amin; 黒川 顕
2005-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

86

加熱による魚肉ミオシンB Mg2+-ATPaseの変化と座り

田口 武; 菊地 和夫; 小国 盛稔; 田中 宗彦; 鈴木 康策
1978-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

89

低温蓄養がホタテガイ生鮮貝柱の硬化抑制に与える影響

武田 忠明; 秋野 雅樹; 今村 琢磨; 埜澤 尚範
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

98

ミオシンホスファターゼ阻害タンパク質 CPI-17の構造と機能

大木 進野; 江藤 真澄; 松澤 史子; 甲斐荘 正恒
2005-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

100

マダイ種苗生産過程に生ずる成長不良魚の特性

海野 徹也; 大津 正淳; 高場 稔; 中川 平介
1993-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

104

ボラ消化管内の細菌叢-IV

アリア ハミッド; 坂田 泰造; 柿本 大壱
1979-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

107
111

フーリエ変換赤外分光光度計によるAOT/isooctane系逆相ミセル内水相の構造解析

竹山 友潔; 林 良茂; Mmr Talukder; 清水 宣明; 川西 琢也; 荻野 千秋
2003-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

114

ヒストンシャペロンCIAによるヌクレオソーム構造変換とエピジェネティクス

夏目 亮; 栄徳 勝光; 赤井 祐介; 佐野 徳彦; 堀越 正美; 千田 俊哉
2008-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

115

ヒストンシャペロンCIAによるヌクレオソーム構造変換とエピジェネティクス

夏目 亮; 栄徳 勝光; 赤井 祐介; 佐野 徳彦; 堀越 正美; 千田 俊哉
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

120

タデ藍水抽出エキスの歯肉の炎症に対する効果

畑中 加珠; 福家 教子; 妹尾 京子; 冨山 高史; 岩城 完三; 國方 敏夫; 政木 直也; 福田 恵温; 前田 博史; 新井 英雄; 高柴 正悟
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

122

シロイヌナズナAtREV1の生化学的機能解析

高橋 真哉; 坂本 綾子; 田中 淳; 清水 喜久雄; 鳴海 一成
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

123

サバにおけるヒスタミン代謝に関する生化学的研究-II

大竹 茂夫; 榎本 良昭; 長野 俊一; 石河 正裕; 高橋 薫
1977-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

125
127

コイの館育水温による安静時代謝量と筋原線維Mg2+-ATPaseの変化

三嶋 敏雄; 向井 宏比古; 呉 茲華; 橘 勝康; 槌本 六良
1993-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

129

カタユウレイボヤCiona intestinalisにおける酸化的塩基損傷の修復機構の解明

加藤 誠嗣; 橋口 一成; 米倉 慎一郎; 五十嵐 健人; 秋山(張) 秋梅
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

130

カゼインから得た牛乳プロテアーゼの性質

上野川 修一; 山内 邦男; 津郷 友吉
1969-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

131

カゼインからの牛乳プロテアーゼの分離

山内 邦男; 上野川 修一; 津郷 友吉
1969-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

132

オットセイ骨格筋加水分解物中のATPase活性促進物質の分離

田宮 徹; 吉田 稔; 土屋 隆英; 田中 正男; 菊野 正隆; 松本 重一郎
1977-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

133
135

ウナギ肝臓のグルタミン酸脱水素酵素の生化学的性質

林 征一; 伊勢 国弘; 板倉 隆夫; 大城 善太郎
1982-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

138

イカ筋アクトミオシンATPaseの性質

森 康益; 堀江 登; 土屋 隆英; 松本 重一郎
1980-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

145
146

α-Lipoic acid ameliorates radiation-induced behavioural toxicity and brain oxidative stress in mice

MANDA Kailash; 上野 恵美; MANDA Sushma; 盛武 敬; 中西 郁夫; 安西 和紀
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

148

The Kallikrein-Related Peptidases hK2 and PSA with Emphasis on Genetic Variation, Secretion, and Sperm Motility

Sävblom, Charlotta

Prostate-specific antigen (PSA) and human glandular kallikrein 2 (hK2) are secreted by the prostate into seminal plasma and through leakage into blood. This leakage increases rapidly in prostate disease, and PSA is used worldwide as a marker of prostate cancer. PSA is activated in vitro by hK2, and ...

DRIVER (Japanese)

149

TS-1®/CDDP併用療法が奏効した肺転移を伴う肝細胞癌の1例

目時 亮; 今井 康晴; 市村 茂輝; 佐野 隆友; 宮田 祐樹; 村嶋 英学; 平良 淳一; 杉本 勝俊; 古市 好宏; 柳澤 京介; 清水 雅文; 山田 昌彦; 中村 郁夫; 森安 史典
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

150
151

Studies on prostatic carcinoma cell lines

Yoshizo Nakagami; Tatsuo Minowa; Kazuhiko Tozuka; Yasunori Hiraoka; Hansui Chin; Ryotaro Ishizaki; Keiichi Matsumoto
1983-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

157

RBL-2H3細胞を用いた食品成分の脱顆粒抑制作用簡易スクリーニング法

堀籠 悟; 吉田 泉; 玉木 千恵; 山口 昭弘; 木船 信行; 神部 武重; 渡井 正俊
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

158

Pseudocyst of the Auricleの10例

平岩 厚郎; 松本 義也; 高井 和子
1997-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

162

NSAID起因性小腸障害の新しい見方

石原 誠; 大宮 直木; 後藤 秀実
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

165

NASHに対するPioglitazone治療の長期効果

中山 晴夫; 岩橋 成壽; 小島 敏明; 草野 昌男; 浅野 重之; 須貝 吉樹
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

167

Mercurial Effect on Thyroid Hormone Synthesis : Enzyme Histochemical and Electron Microscopic Observations

JUN KAWADA; MIKIO NISHIDA; HISAO MATSUMOTO; SACHIKO MIYAJIMA; KANJI MURAOKA; YOSHIYUKI YOSHIMURA
1987-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

168

MRN複合体による放射線増感作用の検討

宮口 雄人; 加藤 晃弘; 太田 陽介; 小林 純也; 小松 賢志
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

174

Inhibitory Effect of Lutein and Pycnogenol on Lipid Peroxidation in Porcine Retinal Homogenate

Takako Nakanishi-Ueda; Maki Kamegawa; Seiichiro Ishigaki; Masahiko Tsukahara; Satoshi Yano; Katsuya Wada and Hajime Yasuhara
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

178

IP3レセプター

御子柴 克彦
2003-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

179

Equivalent Cross-Relaxation Rate Imagingを用いた耳下腺機能評価

清水 秀年; 宮村 廣樹; 松島 秀; 村上 政隆; 惠良 聖一; 内山 良一; 紀ノ定 保臣
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

181

Enterococcus faecalis TN-9を用いた発酵豆乳の卵巣摘出ラットに対する抗肥満作用

元永 智恵; 近藤 正敏; 林 篤志; 岡森 万理子; 古米 保; 北村 良久; 嶋田 貴志
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

184

DNA二重鎖切断の認識・修復におけるDNA-PKの役割

松本 義久; Mukesh Kumar Sharma; Radhika Pankaj Kamdar; 能村 悠司
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

186

D-galactosamine-induced liver injury in mice fed on a diet of different protein content

Yoko Wakayama; Harumi Taguchi; Hitoshi Yunoki; Masayasu Minami; Shigeru Sato
1987-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

187

Bone turnover markers and prediction of bone loss in elderly women

Lenora, Janaka

Around 70,000 osteoporosis-related fractures occur in Sweden annually and approximately half of the women in western world will sustain a fragility fracture after the age of 50 years. Fracture preventive efforts require the identification of individuals who are at high risk. Biochemical markers of b...

DRIVER (Japanese)

189

Antimicrobial activity of human seminal plasma and seminal plasma proteins

Edström, Anneli

Seminal plasma is semen without the spermatozoa. Human seminal plasma is a complex mixture of secretions from the sex accessory glands, mainly the seminal vesicles and the prostate. Seminal plasma has high protein content and it also contains ions, sugars and low molecular weight components. Immedia...

DRIVER (Japanese)

190

Aniline-Degrading Bacteria in River Water

YOSHIHIRO TAKUBO; NEVIL GOONEWARDENA; SHINJI KASAI; MASAO NASU; TSUTOMU NISHIHARA; MASAOMI KONDO
1990-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

192

Allelopathic effect of Tamarindus indica L. leaf on weed and agronomic crop species

Syeda Shahnaz Parvez; Mohammad Masud Parvez; Hiroshi Gemma; Yoshiharu Fujii
2003-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

196

5-Fluorourail関連代謝酵素およびmRNAを分子マーカーとした感受性試験

久保田 哲朗; 石川 洋一郎; 古川 俊治; 大谷 吉秀; 渡邊 昌彦; 熊井 浩一郎; 北島 政樹
2001-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

197

4-Hydroxy-3,5,3',4'-Tetrachlorobiphenyl Induced Membrane Permeability Transition in Isolated Rat Liver Mitochondria

Hirofumi Fujita; Yuya Okimura; Toshihiko Utsumi; Shigeyuki Kitamura; Hiroaki Kuroki; Takemi Otsuki; Junzo Sasaki; Akihiko Kashiwagi and Kozo Utsumi
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)