Sample records for barium
from WorldWideScience.org

Sample records 1 - 20 shown. Select sample records:



4
6

高誘電率チタン酸バリウムナノ粒子を用いたフィルムキャパシタの作製とその誘電特性

近藤 修平; 喜多 達也; Pulpan Petr; 武井 貴弘; 熊田 伸弘; 和田 智志; 森吉 千佳子; 黒岩 芳弘; 鈴木 達; 打越 哲郎
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

7

高誘電率チタン酸バリウムナノ粒子の開発

和田 智志; 近藤 修平; 保科 拓也; 鶴見 敬章
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

8

高周波チューナブル(Ba,Sr)TiO3強誘電体薄膜の開発

鈴木 利昌; 石井 大基; 森戸 健太郎; 水野 洋一; 茶園 広一
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

9

高Tcチタン酸バリウム-ビスマス系ぺロブスカイト型酸化物セラミックスの結晶構造解析

大和 慶祐; 熊田 伸弘; Plupan Petr; 和田 智志; 森吉 千佳子; 黒岩 芳弘; 李 鳳淵; 飯島 高志
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

10

高TCチタン酸バリウム−ビスマス系ペロブスカイト型酸化物セラミックスの作製とその圧電特性

大和 慶祐; 熊田 伸弘; Pulpan Petr; 和田 智志; 森吉 千佳子; 黒岩 芳弘; 李 鳳淵; 飯島 高志
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

12

頻回の粘液便を主訴としIVRが奏功した下腸間膜動静脈瘻の1例

松井 あや; 岩井 和浩; 川崎 亮輔; 和田 隆宜; 水戸 康文; 土居 忠
2007-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

19

酸化物陰極の電子衝撃効果

吉田 重知; 五十嵐 能孝; 荒田 光
1954-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

24
25

遊星型ビーズミルによるセラミックス微粒子の調製

松本 広重; 酒井 孝明; 松下 正太郎; 石原 達己
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

27

超広帯域誘電スペクトルによる誘電体研究

鶴見 敬章; 保科 拓也; 武田 博明
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

31

英文タイトル記載まま

肝臓;  Vol. 25 (1984) No. supplement1  pp.24-24

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

32

胃潰瘍穿孔に伴うバリウム腹膜炎の1例

川崎 誠一; 内野 隼材; 小笠原 敬三
2006-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

34

紅藻ハリガネ中のCandicine O-Sulfateの同定

堀 貫治; 山本 孝弘; 宮沢 啓輔; 伊藤 啓二
1980-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

36

粒成長制御による高誘電率チタン酸バリウムのメソ粒子構造の最適化

近藤 修平; Pulpan Petr; 和田 智志; 森吉 千佳子; 黒岩 芳弘
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

37

粒成長制御によるチタン酸バリウムナノ粒子の合成とその誘電特性

近藤 修平; 喜多 達也; Pulpan Petr; 和田 智志; 森吉 千佳子; 黒岩 芳弘
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

40

第20回 日本肝臓学会総会抄録(1)

肝臓;  Vol. 25 (1984) No. 11  pp.1506-1510

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

42

積層セラミックコンデンサの展開

野村 武史; 中野 幸恵; 佐藤 茂樹
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

48

無添加塩非水系溶媒中におけるチタン酸バリウムナノ粒子のゼータ電位

牧野 晃久; 藤吉 国孝; 有村 雅司; 山下 洋子; 桑原 誠
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

50

濃厚分散系の流動学的性質

高野 正治; 神戸 博太郎
1961-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

51
53

湿式法により合成されたナノサイズのチタン酸バリウム粒子

黒川 晴己; 宇根本 英知; 河口 誉元; 藤田 竜次
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

54

液相界面で合成としたナノ構造チタン酸バリウム自立膜の誘電特性

下岡 弘和; 田中 暁士; 岩野 紘美; 松野 祥枝; 古曵 重美; 桑原 誠
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

55

海産魚のウラン含量

市川 龍資; 大野 茂
1981-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

56

海水中バリウムの同位体希釈質量分析法

室住 正世; 水戸部 博志; 中村 精次; 坪田 博行
1978-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

60
62

水産動物肉に関する研究-XIX

清水 亘; 藤田 真夫; 遠藤 金次
1954-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

63

水産動物筋肉中の有機燐化合物に関する研究-VIII

斎藤 恒行; 松吉 実; 新井 健一; Yasuzo ITO
1960-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

65

水溶液からのBaTiO3の合成におけるPVA添加の効果

鈴木 祥平; 忠永 清治; 辰巳砂 昌弘
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

66

水溶性造影剤(ガストログラフィン®)を用いた前処置なしの注腸造影検査の有用性

松川 英彦; 白神 伸之; 継 敏光; 足立 美穂; 宮澤 正治; 柏崎 一男; 日比 紀文
2007-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

67

水和チタン酸カリウム繊維と水酸化バリウムの水熱反応

清水 紀夫; 柳田 博明; 堀 正芳; 橋本 甲四郎; 西川 泰男
1979-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

69
71
72

新規MLCC応用を目指したフェライト-チタン酸バリウム複合微粒子の作製

脇谷 尚樹; 足立 朋之; 坂元 尚紀; 符 徳勝; 篠崎 和夫; 桜井 修; 鈴木 久男
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

74

微細グレインを有するBaTiO3セラミックスの誘電特性

保科 拓也; 木越 陽一; 八田 彩希; 武田 博明; 鶴見 敬章
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

75

微細なグレインからなるチタン酸バリウム配向セラミックスの作製とその圧電特性

森 林太郎; Pulpan Petr; 和田 智志; 林 寛; 長森 喜孝; 山本 裕一
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

76

当科における腸重積症の臨床学的検討

齋藤 武; 山田 慎一; 佐藤 嘉治; 菱木 知郎; 照井 慶太; 光永 哲也; 中田 光政; 松浦 玄; 吉田 英生
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

78

希土類イオンを添加した酸窒化ケイ素バリウムの合成と発光特性

住岡 慎一郎; 板谷 清司; 三宅 康之; 田谷 周一; 小嶋 芳行; Hintzen Bert; 幸田 清一郎
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

82

外場を用いたナノキューブ集積体の作製

和田 智志; 野澤 あい; 岩月 将吾; Pulpan Petr; 鈴木 達; 打越 哲郎
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

90

原発性小腸癌の1例

丸山 常彦; 榎本 剛史; 高垣 俊郎; 堀内 栄; 原 健; 大原 三佳
2006-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

93

半導体レーザ照射によるチタン酸バリウム薄膜の誘電特性向上

阿部 信行; 塚本 雅裕; 中村 尚行; 森本 純司; 明渡 純
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

94

十二指腸潰瘍穿孔に伴うバリウム腹膜炎の1例

鈴木 龍児; 加藤 拓見; 澤田 正志; 北村 道彦
2005-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

95

上部消化管造影後にバリウム腹膜炎を生じた横行結腸癌口側穿孔の1例

田島 雄介; 石橋 敬一郎; 岡田 典倫; 傍島 潤; 北岡 斎; 宮崎 達也; 横山 勝; 松木 盛行; 石田 秀行; 秦 怜志
2008-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

96

上部消化管造影後にバリウム腹膜炎を生じた横行結腸癌口側穿孔の1例

田島 雄介; 石橋 敬一郎; 岡田 典倫; 傍島 潤; 北岡 斎; 宮崎 達也; 横山 勝; 松木 盛行; 石田 秀行; 秦 怜志
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

97

上部消化管透視後に発生したバリウム腹膜炎の2治験例

佐野 真; 和田 徳昭; 片井 均; 前田 耕太郎; 酒井 章次; 洪 淳一; 山本 修美; 橋本 光正; 細田 洋一郎
1995-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

101

マイクロ波焼結における液相成分の影響について

安岡 正喜; 白井 孝; 長岡 孝明; 渡利 広司
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

104

ペロブスカイト型酸化物ナノキューブの合成とその集積化

野澤 あい; 桑原 哲夫; 和田 智志; 内田 寛; 黒岩 芳弘
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

109

バリウム製剤により惹起されたと考えられるアナフィラキシーショックの1例

藤原 和美; 原 泉; 長花 晴樹; 大西 泰憲; 木津 裕州; 玉尾 博康
1983-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

112

バリウムの呈色試薬

桐栄 恭二; 小葉竹 敏子
1968-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

117

ナノ領域制御による高結晶性微粒チタン酸バリウムの高度固相合成

安藤 知栄; 鈴木 利昌; 水野 洋一; 中山 三佑里; 仙名 保
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

118
123

テンプレート粒子成長法による[110]配向チタン酸バリウムセラミックスの作製とその圧電特性

武田 浩太郎; 保科 拓也; 木村 敏夫; 横尾 圭祐; 村石 智光; 掛本 博文; 鶴見 敬章; *和田 智志
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

127

チタン酸バリウム配向セラミックスのドメイン制御とその圧電特性

森 林太郎; Petr Pulpun; 和田 智志; 林 寛; 長森 喜孝; 山本 裕一
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

128

チタン酸バリウム配向セラミックスにおける新規配向度評価方法

森 林太郎; Petr Pulpan; 熊田 伸弘; 和田 智志; 鈴木 達
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

129

チタン酸バリウム系PTC材料におけるドナーの挙動と電気特性

梅木 真也; 眞田 智衛; 玉置 純; 小島 一男; 上城 政博; 松浦 康行
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

130

チタン酸バリウム微細粒子のナノ領域制御技術

鈴木 利昌; 小林 圭介; 中曽根 文; 安藤 知栄; 水野 洋一; 茶園 広一; 今井 宏明
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

132

チタン酸バリウム及びチタン酸ストロンチウムナノキューブの合成とその集積化

野澤 あい; 桑原 哲夫; 和田 智志; 内田 寛; 森吉 千佳子; 黒岩 芳弘
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

133

チタン酸バリウム及びチタン酸ストロンチウムナノキューブの分散と新規選択的接合

野澤 あい; 桑原 哲夫; 武井 貴弘; 熊田 伸弘; Petr Pulpan; 和田 智志; 内田 寛
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

134

チタン酸バリウム単結晶における温度、電界、応力制御による新規分極処理法の開発

村石 智光; 横尾 圭祐; 南 ソンミン; 掛本 博文; 鶴見 敬章; 和田 智志
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

136

チタン酸バリウムーニオブ酸カリウム系圧電セラミックスの状態図と微構造評価

和田 智志; 新田 桃世; 熊田 伸弘; 田中 大介; 森吉 千佳子; 黒岩 芳弘
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

138
140
141

チタン酸バリウムナノ粒子の粒子構造とサイズ効果

保科 拓也; 掛本 博文; 鶴見 敬章; 和田 智志; 黒岩 芳弘
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

142

チタン酸バリウムナノ粒子における巨大誘電特性の起源

和田 智志; 保科 拓也; 滝沢 佳世; 矢澤 亜希; 大石 真徳; 安野 弘明; 掛本 博文; 鶴見 敬章; 黒岩 芳弘
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

143

チタン酸バリウムナノ粒子におけるメゾスコピック粒子構造の制御と誘電特性

滝沢 佳世; 保科 拓也; 掛本 博文; 鶴見 敬章; 和田 智志; 黒岩 芳弘
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

144

チタン酸バリウムセラミックスの誘電・圧電特性におけるサイズ効果

保科 拓也; 八田 彩希; 木越 陽一; 武田 博明; 鶴見 敬章
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

145

チタン酸バリウムセラミックスのドメイン構造と誘電特性

滝沢 佳世; 保科 拓也; 李 建永; 掛本 博文; 鶴見 敬章
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

146
148

チタン酸バリウム‐ニオブ酸カリウム系セラミックスの微構造制御とその圧電特性

清水 茂仁; Pulpan Petr; 和田 智志; 田中 大介; 古川 正仁; 黒岩 芳弘
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

149

チタン酸バリウム-ビスマス系ぺロブスカイト型酸化物セラミックスの結晶構造解析と圧電特性

大和 慶祐; 熊田 伸弘; 和田 智志; 森吉 千佳子; 黒岩 芳弘; 飯島 高志; 李 鳳淵
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

150

チタン酸バリウム-ビスマス系ぺロブスカイト型酸化物セラミックスの微構造制御とその圧電特性

大和 慶祐; 熊田 伸弘; Pulpan Petr; 和田 智志; 森吉 千佳子; 黒岩 芳弘; 李 鳳淵; 飯島 高志
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

151

ゾル-ゲル法によるチタン酸バリウムナノ結晶薄膜の液相界面合成と評価

下岡 弘和; 有野 裕亮; 岩野 紘美; 松野 祥枝; 古曵 重美
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

153

ソルボサーマル法によるチタン酸バリウムナノ粒子の合成とキャラクタリゼーション

大野 健; 保科 拓也; 亀島 欣一; 大場 陽子; 掛本 博文; 鶴見 敬章; *和田 智志
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

156

シンクロトロンXAFS測定による高濃度ゾルゲル法でのBaTiO3低温結晶化挙動解析

藤吉 国孝; 牧野 晃久; 有村 雅司; 山下 洋子; 下岡 弘和; 岡島 敏浩
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

157

グレインサイズを制御したチタン酸バリウムセラミックスの誘電・圧電特性

保科 拓也; 滝沢 佳世; 八田 彩希; 木越 陽一; 掛本 博文; 鶴見 敬章
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

158

クロラニル酸バリウム法についての若干の改良

菅野 三郎; 福井 昭三; 内藤 昭治; 金子 幹宏; 小瀬 洋喜; 佐藤 正弘; 綿谷 佳子; 森下 正三
1967-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

163

エアロゾルプロセスによる単分散チタン酸バリウムナノ粒子の合成

鈴木 啓悟; 田中 伸彦; 景山 恵介; 鷹木 洋; 坂部 行雄; 武内 一夫
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

164
168

c軸配向ニオブ酸ストロンチウムバリウムの異方性焼結

高橋 拓実; 田中 諭; 古嶋 亮一; 加藤 善二; 植松 敬三
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

170

XAFS, 中性子回折, X線異常分散によるCo2Z型Baフェライトの磁性イオン分布の解析

中川 貴; 高田 幸生; 祐谷 将人; 福田 泰成; 仁谷 浩明; 橘 武司; 島田 武司; 川野 眞治; 江村 修一; 山本 孝夫
2005-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

171

Virtual bronchoscopic navigation for therapy of small pulmonary peripheral lesions

ASANO FUMISUKE (Gifukensogoiryose) MATSUNO YASUHIKO (Gifukensogoiryose) ICHIHARA TOMOFUMI (Gifukensogoiryose) TSUZUKU AKIFUMI (Gifukensogoiryose)
2007-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

172

Upper gastrointestinal roentgenography: 3-points of diagnosis of depressive lesions in the stomach-

KATO KATSUAKI (Miyagi Cancer Soc., Cancer Detect. Center, JPN) INOMATA YOSHIFUMI (Miyagi Cancer Soc., Cancer Detect. Center, JPN) SHIMADA TAKENOBU (Miyagi Cancer Soc., Cancer Detect. Center, JPN) SHIBUYA DAISUKE (Miyagi Cancer Soc., Cancer Detect. Center, JPN) OHARA SHUICHI (Tohoku Univ., Health Cent.) SHIMOSEGAWA TOORU (Tohoku Univ., Graduate School of Medicine, JPN)
2007-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

173

Transcatheter embolization of an inferior mesenteric arteriovenous fistula with frequent mucous diarrhea

MATSUI AYA (Department of Surgery, Oji General Hospital) IWAI KAZUHIRO (Department of Surgery, Oji General Hospital) KAWASAKI RYOSUKE (Department of Surgery, Oji General Hospital) WADA TAKAYOSHI (Department of Surgery, Oji General Hospital) MITO YASUFUMI (Department of Surgery, Oji General Hospital) DOI TADASHI (Department of Gastroenterology, Oji General Hospital)
2007-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

174
177

Regenerative Mechanical Systems of Insect Cells for a Quasi-Living Machine

AKIYAMA YOSHITAKE (Tokyo Univ. of Agric. and Technol.) IWABUCHI KIKUO (Tokyo Univ. of Agric. and Technol.) FURUKAWA YUJI (Tokyo Univ. of Agric. and Technol.) MORISHIMA KEISUKE (Tokyo Univ. of Agric. and Technol.)
2006-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

178

Reactive Lymphoid Hyperplasia of the Liver in a Patient with Ascending Colon Cancer: Report of a Case

TAKAHASHI HIROKI (Nagoya City Univ., Graduate School of Medical Sciences, JPN) MATSUO YOICHI (Nagoya City Univ., Graduate School of Medical Sciences, JPN) YAMAMOTO MINORU (Nagoya City Univ., Graduate School of Medical Sciences, JPN) SAWAI HIROZUMI (Nagoya City Univ., Graduate School of Medical Sciences, JPN) SATO MIKINORI (Nagoya City Univ., Graduate School of Medical Sciences, JPN) OKADA YUJI (Nagoya City Univ., Graduate School of Medical Sciences, JPN) TAKEYAMA HIROMITSU (Nagoya City Univ., Graduate School of Medical Sciences, JPN) MANABE TADAO (Nagoya City Univ., Graduate School of Medical Sciences, JPN)
2007-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

179

Pyroelectric Infrared Sensor Using Modified PbTiO3 Ceramics

電気学会論文誌E(センサ・マイクロマシン部門誌);  Vol. 122 (2002) No. 11  pp.523-530

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

180

Perthes' Disease Treated Conservatively Using a Hip Abduction Brace

OIDE TAKEHIKO (National Sanatorium Nishi Taga Hospital, JPN) BABA YUKO (National Sanatorium Nishi Taga Hospital, JPN)
2006-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

181

Pb二次電池負極への硫酸バリウム添加効果の解明

平井 信充; Horatiu Vermesan; 塩田 匡史; 田中 敏宏
2004-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

182

Malignant Lymphoma of the Rectum in a Patient with Systemic Lupus Erythematosus

SHIMAZAKI JIRO (Tokyo Medical Univ., JPN) WATANABE YOSHINORI (Tokyo Medical Univ., JPN) NAKACHI TAKESHI (Tokyo Medical Univ., JPN) UBUKATA HIDEYUKI (Tokyo Medical Univ., JPN) NAKADA ICHIRO (Tokyo Medical Univ., JPN) TABUCHI TAKAFUMI (Tokyo Medical Univ., JPN)
2007-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

183

MPBエンジニアリングによるチタン酸バリウム-ニオブ酸カリウム系セラミックスにおける圧電特性の向上

清水 茂仁; Petr Pulpan; 熊田 伸弘; 和田 智志; 田中 大介; 古川 正仁; 黒岩 芳弘
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

184

MPBエンジニアリングによるBT-KN系セラミックスの微構造制御とその圧電特性

清水 茂仁; Pulpan Petr; 熊田 伸弘; 和田 智志; 田中 大介; 古川 正仁; 黒岩 芳弘; 鈴木 達; 打越 哲郎
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

186

Imaging of Single Cell by Laser Speckle Microscopy

HIRAKAWA YASUYUKI (Kurume National Coll. Technol., JPN)
2006-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

187

Enterovesical fistula caused by inflammatory bowel diseases

Masao Miyashita; Kunihiko Hao; Takeshi Matsuda; Tomohiro Hayashi; Masahiko Onda
1992-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

193

Development of environment-friendly fingerprint remover type rust preventive oil.

MOTOYAMA TADAAKI (Nippon Oil Corp., JPN) SHIBATA JUN'ICHI (Nippon Oil Corp., JPN)
2007-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

194

Development of Drill Pipe System for Ultra-Deep Drilling

INOUE TOMOYA (Japan Agency for Marine-Earth Sci. and Technol., JPN) NISHIGAKI MAKOTO (Mitsubishi Heavy Ind., Ltd., Nagasaki Res. & Dev. Center, JPN) TERADA SHIN (Mitsubishi Heavy Ind., Ltd., Nagasaki Res. & Dev. Center, JPN) WADA KAZUYASU (Japan Agency for Marine-Earth Sci. and Technol., JPN)
2006-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

195
197

Dermatomyositis-polymyositis and malignancy

Shoko Yahata; Takao Endo; Naomi Kawaguchi; Satoshi Aoki; Yasumi Katsuta; Hirokazu Hayakawa
1993-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

202

CSD法チタン酸バリウム薄膜の特性に与える電極構造の影響

坂元 尚紀; 吉岡 春菜; 符 徳勝; 脇谷 尚樹; 鈴木 久男
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

203
205
206

BaTiO3の破壊挙動の走査型プローブ顕微鏡観察

中田 悟史; 田崎 智子; 多々見 純一; 脇原 徹; 米屋 勝利; 目黒 竹司
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

208
211

A Case of Successful Treatment by Low-Dose 5-Fluorouracil and Cisplatin for Liver Metastases of Esophageal Adenosquamous Carcinoma

UCHIKADO YASUTO (Kagoshima Univ., Graduate School of Medical and Dental Sciences, JPN) NATSUGOE SHOJI (Kagoshima Univ., Graduate School of Medical and Dental Sciences, JPN) OKUMURA HIROSHI (Kagoshima Univ., Graduate School of Medical and Dental Sciences, JPN) MATSUMOTO MASATAKA (Kagoshima Univ., Graduate School of Medical and Dental Sciences, JPN) SETOYAMA TETSURO (Kagoshima Univ., Graduate School of Medical and Dental Sciences, JPN) TAKIGAWA JOJI (Kagoshimakenkenkopurazakanoyairyose Geka) HARAGUCHI YUSEI (Kagoshimakenkenkopurazakanoyairyose Geka) ISHIGAMI SUMIYA (Kagoshima Univ., Graduate School of Medical and Dental Sciences, JPN) AIKO TAKASHI (Kagoshima Univ., Graduate School of Medical and Dental Sciences, JPN)
2006-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

213

A CASE OF ULCERATIVE COLITIS WITH SEVERE STRICTURE IN BOTH THE RECTUM AND SIGMOID COLON AFTER UNDERGOING A HAND-ASSISTED LAPAROSCOPIC TOTAL COLECTOMY

HIRATA TOSHIHIKO (Japanese Red Cross Soc., Kumamoto Red Cross Hospital, JPN) SUGIYAMA SHIN'ICHI (Japanese Red Cross Soc., Kumamoto Red Cross Hospital, JPN) YOKOMIZO HIROSHI (Japanese Red Cross Soc., Kumamoto Red Cross Hospital, JPN) YAMANE TAKAAKI (Japanese Red Cross Soc., Kumamoto Red Cross Hospital, JPN)
2007-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

214

A CASE OF SIGMOID COLON CARCINOMA WITH INVASION INTO THE APPENDIX WHICH WAS DIFFICULT TO DIAGNOSE DUE TO PRECEDING SYMPTOMS OF ACUTE APPENDICITIS

TAKENAKA KOJI (School of Medicine, Showa Univ., JPN) NAKAO KENTARO (School of Medicine, Showa Univ., JPN) TSUNODA AKIRA (School of Medicine, Showa Univ., JPN) SUZUKI NAOTO (School of Medicine, Showa Univ., JPN) OHARA KAZUNORI (School of Medicine, Showa Univ., JPN) KUSANO MITSUO (School of Medicine, Showa Univ., JPN)
2007-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

215

A CASE OF PANNICULITIS OF THE LESSER OMENTUM

MIYOSHI RIKA (Hyogo Prefectural Nishinomiya Hospital, JPN) YASUNAGA YUICHI (Hyogo Prefectural Nishinomiya Hospital, JPN) KIZU TAKASHI (Hyogo Prefectural Nishinomiya Hospital, JPN) INOUE TAKUYA (Hyogo Prefectural Nishinomiya Hospital, JPN) WATANABE CHIE (Hyogo Prefectural Nishinomiya Hospital, JPN) MATSUMOTO YUMI (Hyogo Prefectural Nishinomiya Hospital, JPN) KATATA TATSUO (Hyogo Prefectural Nishinomiya Hospital, JPN) INUI YOSHIAKI (Hyogo Prefectural Nishinomiya Hospital, JPN) NISHIKAWA MASAHIRO (Hyogo Prefectural Nishinomiya Hospital, JPN)
2007-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

216

A CASE OF JUVENILE COLON CANCER WITH BONE MARROW CARCINOSIS

NAKAZAKI TAKAYUKI (Japanese Red Cross, Nagasaki Atomic Bomb Hospital, JPN) NONAKA YOSHIKAZU (Japanese Red Cross, Nagasaki Atomic Bomb Hospital, JPN) SHINDO HISAKAZU (Japanese Red Cross, Nagasaki Atomic Bomb Hospital, JPN) TAMURA KAZUTAKA (Japanese Red Cross, Nagasaki Atomic Bomb Hospital, JPN) TANIGUCHI HIDEKI (Japanese Red Cross, Nagasaki Atomic Bomb Hospital, JPN) NAKAO SUSUMU (Japanese Red Cross, Nagasaki Atomic Bomb Hospital, JPN)
2007-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

217

A CASE OF COLONIC DUPLICATION IN AN ADULT

NAGAYAMA HIROYUKI (Japanese Red Cross Soc., Yamanashi Red Cross Hospital, JPN) NAKAO KENTARO (Japanese Red Cross Soc., Yamanashi Red Cross Hospital, JPN) HAYASHI MASAHIRO (Japanese Red Cross Soc., Yamanashi Red Cross Hospital, JPN) ARIYOSHI TOMOTAKE (Japanese Red Cross Soc., Yamanashi Red Cross Hospital, JPN) TSUNODA AKIRA (School of Medicine, Showa Univ., JPN) KUSANO MITSUO (School of Medicine, Showa Univ., JPN)
2007-01-01

J-EAST (Japan) (Japanese)

218

5'-DFUR間歇投与により3年3カ月間生存したBorrmann 4型胃癌の一例

高山 昇; 高橋 正一郎; 仲又 進; 浅海 秀一郎; 腰塚 浩; 宮本 二一; 舩冨 等; 八田 善夫
1992-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

220