Sample records for azulene
from WorldWideScience.org

Sample records 1 - 20 shown. Select sample records:



5

電解重合ポリアズレン合成の最適条件

岩崎 賢太郎; 種田 靖夫; 松本 和雄; 日野 照純
1990-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

6

酸化還元コアを有する有機エレクトロクロミズム系の合成

佐々木 慎吾; 伊東 俊司; 川上 淳; 森田 昇
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

8

薄荷油高沸点部の組成に関する研究

中村 幸彦; 下村 得治; 沢井 功
1952-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

12

第15族元素化合物の反応特性を活かした置換アズレン類の合成

柴崎 稔久; ラハマン A. F. M. ムスタフィズール; 村藤 俊宏; 杉原 美一
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

14

樟腦azuleneに關する研究

福士 俊一; 小幡 彌太郎
1953-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

15

樟脳azuleneに関する研究

小幡 弥太郎; 福士 俊一
1953-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

16
18

抗潰瘍剤 Azuletil sodium(KT1-32)の一般薬理試験

若林 修一; 関口 仁美; 小坂井 一宏; 望月 誠一郎; 加島 正明; 冨山 格
1990-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

19

実験的慢性胃潰瘍に対するAzuletil sodium(KT1-32)の治癒促進効果及びSPF施設での実施による治癒の促進について

若林 修一; 望月 誠一郎; 小坂井 一宏; 関口 仁美; 松本 真; 冨山 格; 竹内 雅也; 竹内 孝治; 岡部 進
1991-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

20

共役拡張アズリポルフィリンの合成と物性

奥島 鉄雄; 久保田 浩; 中村 純; 大石 章博; 山田 容子; 宇野 英満; 小野 昇
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

21

今日の話題

化学と生物;  Vol. 6 (1968) No. 3  pp.148-154

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

22

ベンゾアズリポルフィリンの合成と芳香族性

吉川 侑; 小野 昇; 山田 容子; 奥島 鉄雄
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

23

ヘテロアリールアズレンの合成と性質

豊田 耕三; 庄子 卓; 横山 隆二; イスラム D. M. S.; 伊藤 攻; 渡辺 政隆; 伊東 俊司; 安並 正文; 森田 昇
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

25

フェロセニル基を有するカリックス[4]アズレン誘導体の合成

東 隼也; 庄子 卓; 豊田 耕三; 森田 昇; 伊東 俊司; 安並 正文
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

26

フェロセニルエチニルアズレン類の合成と性質

庄子 卓; 伊東 俊司; 豊田 耕三; 安並 正文; 森田 昇
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

27

ビアズレン類の新規合成反応

畑澤 友行; 村藤 俊宏; 柴崎 稔久; 原田 一正; 杉原 美一
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

28

セマコウバシの清油成分について

仁井 晧迪; 古川 靖; 岩切 三雄; 久保田 尚志
1983-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

30

シリルアズレンの合成と反応性

柴崎 稔久; 村藤 俊宏; 杉原 美一
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

31

シアニン構造の安定性を活用した有機エレクトロクロミズム系の合成

伊東 俊司; 水島 陽; 田畑 奨太; 飯田 尚弘; 川上 淳; 森田 昇
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

32

シアニン-シアニンハイブリッド構造を利用した有機エレクトロクロミズム系の合成

伊東 俊司; 佐々木 慎吾; 秋元 航路; 川上 淳; 庄子 卓; 森田 昇
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

36

イミノ基ならびにアミド基の配位特性を活かした置換アズレンの分子設計

藤永 雅之; 末武 宏一; 長友 宏洋; 村藤 俊宏; 杉原 美一
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

42

アズレン環を縮環した安定有機エレクトロクロミズム系の合成

田畑 奨太; 伊東 俊司; 川上 淳; 中川 昂介; 森田 昇
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

43

アズレンの新しい求電子置換反応

豊田 耕三; *山本 拓也; 岡田 和之; 横山 隆二; 伊東 俊司; 安並 正文; 森田 昇
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

46

アズレニルホスフィン類の合成と構造および性質 : 脱ブロモ化反応への展開

藤永 雅之; Rahman A.F.M. Mustafizur; 末武 宏一; 村藤 俊宏; 杉原 美一; 三方 裕司
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

48

Succinic acid mono-3-guaiazulenamideの抗潰瘍作用

小島 勝彦; 岩野 勝行; 西村 英明; 吉村 明; 奥田 博久; 鈴木 良雄
1982-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

50

N,N,N',N'-置換ー1,3-ビス(5-アミノチエン-2-イル)アズレンの合成と構造および有機EL材料への応用

グエン チュン タン; 中嶋 慶太; 宮武 滝太; 黒田 重靖; 猪飼 正道; 藤川 久喜; 小田 晃規
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

51

Lumisantonin誘導体の薬理,特に抗炎症作用とHistamine遊離抑制作用

山崎 英正; 近藤 和二; 宇田 昭夫; 山本 孝; 遠藤 晃市
1960-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

53

Guaiazuleneの薬理,特に抗炎症作用とHistamine遊離抑制作用

山崎 英正; 入野 昭三; 宇田 昭夫; 内田 可亮; 大野 博之; 斉藤 詔昭; 近藤 和二; 秦泉寺 圭; 山本 孝
1958-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

55
56
57

6-ヘキサデシルアズレンを用いた液晶性を有する多電子酸化還元系の構築

中川 昂介; 横山 喬大; 野村 明子; 安東 真理子; 太田 和親; 田畑 奨太; 伊東 俊司; 豊田 耕三; 森田 昇
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

59

5-ヘテロアリールアズレン類の合成・反応とその性質

庄子 卓; 伊東 俊司; 豊田 耕三; 安並 正文; 森田 昇
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

60

5,6-ジブロモ-1,2-ジホルミルアズレンの合成とその反応性

加野 泰平; 上野 幹広; 大平 雅之; 堀野 良和; 黒田 重靖
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

61

4ポーラログラフィー

石橋 雅義; 藤永 太一郎; 館 勇; 永田 美之介
1959-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

63

1吸光定量

西村 雅吉; 鷲塚 重成; 佐藤 善重; 丸山 正生
1959-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

65

1,1-ジ(2-アズレニル)エチレンの生成と反応

柳井 英治; 太田 哲; 藤森 邦秀
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)