Sample records for antigens
from WorldWideScience.org

Sample records 1 - 20 shown. Select sample records:



1
3

高線量率放射線誘発マウス急性骨髄性白血病細胞の起源となる白血病幹細胞の探索

廣内 篤久; 高畠 貴志; 吉田 和子; 田中 聡; 一戸 一晃; 野津 美由紀; 外舘 暁子; 中村 正子; 小木曽 洋一; 田中 公夫
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

5

食道癌患者の血清より同定されたBORIS は新規食道癌予後因子である

岡林 剛史; 藤田 知信; 長谷川 博俊; 石井 良幸; 遠藤 高志; 岡田 勉; 岩田 卓; 平尾 薫丸; 竹内 裕也; 上田 政和; 北川 雄光; 河上 裕
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

6

食道扁平上皮癌SEREX抗原の癌診断への適用

日和佐 隆樹; 島田 英昭; 加賀谷 暁子; 瀧口 正樹; 落合 武徳
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

8

頻回に血小板輸血された患者に認めた抗HLA抗体とHLA抗原の関係

荒木 延夫; 成瀬 妙子; 坊池 義浩; 浜中 泰光; 清水 準也; 谷脇 清助; 甲斐 俊朗; 原 宏; 永井 謙一; 能勢 義介
1992-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

11

野菜非透析性抽出物がU-937ヒト白血病細胞の分化に与える影響

小堀 真珠子; 實山 安英; 津志田 藤二郎; 新本 洋士; 篠原 和毅
1995-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

14

赤血球凝集反応を利用した犬用血液型(DEA1.1型)判定試薬の臨床的有用性の評価

政田 早苗; 片岡 アユサ; 加藤 郁; 高島 一昭; 坂井 尚子; 山根 義久
2004-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

15

豚血清中に検出された3種のアロタイプ

大石 孝雄; 阿部 恒夫; 小松 正憲
1979-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

18

自己抗体

日野田 裕治; 濱中 裕一郎
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

19

膵臓がんにおけるCA19-9キャリアタンパク質の同定

平尾 嘉利; 小笠原 諭; 栂谷内 晶; 雄長 誠; 澤木 弘道; 松野 裕樹; 中森 正二; 池原 譲; 成松 久
2011-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

21

膀胱腫瘍における malignant potential の指標としてのABH isoantigen

公文 裕巳; 朝日 俊彦; 森岡 政明; 松村 陽右; 大森 弘之
1980-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

23

膀胱がんにおけるA型抗原の発現消失とABO glycosyl transferaseの異常

千原 良友; 菅野 康吉; 山本 秀伸; 中薗 昌明; 藤本 博行; 垣添 忠生; 平尾 佳彦
2005-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

28

腎細胞癌におけるHLA class II antigenassociated invariant chain の発現

斎藤 俊弘; 冨田 善彦; 木村 元彦; 西山 勉; 佐藤 昭太郎
1993-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

29

胆汁中に存在する胆管上皮抗原の検索

佐野 萬瑳壽; 足立 正彦; 竹内 孝男; 伊藤 憲一; 美馬 聰昭
1978-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

30

胃癌患者血清中におけるCEACAM6値およびCEA値の比較検討

衣笠 哲史; 黒木 政秀; 黒木 求; 芝口 浩智; 山下 裕一; 白日 高歩
2005-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

31

胃癌患者血清中におけるCEACAM6値およびCEA値の比較検討

衣笠 哲史; 黒木 政秀; 黒木 求; 芝口 浩智; 山下 裕一; 白日 高歩
2005-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

32

胃癌におけるsTn 発現の意義とsTn キャリアタンパク質の同定

尾崎 秀徳; 安藤 秀信; 佐藤 隆; 松崎 英樹; 平林 淳; 中西 速夫; 池原 譲; 成松 久
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

33

緬羊の血清学的体質に関する研究

赤木 昭治; 渡辺 誠喜; 鈴木 正三
1970-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

34

緬羊の血清学的体質に関する研究

赤木 昭治; 渡辺 誠喜; 鈴木 正三
1970-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

35

糖鎖のα1,2 フコシル化は大腸癌における予後予測因子として重要である

坪井 香保里; 浅尾 高行; 井出 宗則; 橋本 信次; 野口 加寿美; 小湊 慶彦; 桑野 博行; 矢澤 伸
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

39

稀な部位に発生し, 診断治療に難渋した滑膜肉腫の1例

友永 真人; 青野 勝成; 久田原 郁夫; 大園 健二; 中 紀文
2005-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

48

異なる4種類のHCV抗原に対する抗体反応について

金崎 巧; 木下 清二; 辻野 儀一; 吉岡 慶一郎; 池上 信子; 真鍋 貞夫; 高見沢 昭久
1992-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

51

特別講演

日本細菌学雑誌;  Vol. 38 (1983) No. 1  pp.47-51

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

52
53

減数分裂期特異的な相同組換え蛋白質の発癌への関与

細谷 紀子; 半谷 匠; 西村 智子; 宮川 清
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

58

日本人のIgA欠損献血者のHLA抗原型

二上 由紀; 須藤 克己; 小野寺 由美; 佐藤 博美; 野本 喜代; 前川 孝子; 村田 愿; 柿崎 眞吾; 佐久間 香枝; 寺谷 美雪; 小澤 直宏; 奥山 美樹; 比留間 潔
2002-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

59

日本のイノシシ集団における血液型変異

黒澤 弥悦; 田中 一栄; 鈴木 正三; 大石 孝雄
1984-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

60

新規胆管癌マーカー WFA-Sialyl MUC1 検出系の確立

松田 厚志; 久野 敦; 松崎 英樹; 入村 達郎; 池原 譲; 正田 純一; 平林 淳; 成松 久
2011-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

61

新規肝内胆管癌糖タンパク質マーカーの開発

松田 厚志; 久野 敦; 川本 徹; 松崎 英樹; 入村 達郎; 中沼 安二; 山本 雅一; 大河内 信弘; 池原 譲; 正田 純一; 平林 淳; 成松 久
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

62

放射線腸管障害に対する移植胚性幹細胞の生着と分化

工藤 幸清; 阿部 由直; 胡 東良; 鬼島 宏; 中根 明夫
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

63

招請講演

日本網内系学会会誌;  Vol. 31 (1991) No. 2  pp.117-117

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

64

招待講演

日本細菌学雑誌;  Vol. 59 (2004) No. 1  pp.41-41

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

65

成分献血者に見られたHLA-B座モザイクと考えられる症例の解析

斉藤 敏; 小松 由美; 大田 智; 玉木 啓子; 瀬下 秀幸; 山崎 雄一郎; 野村 節夫
2005-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

67

慢性肝炎・肝硬変患者末梢血中におけるGlypican-3 特異的細胞傷害性T細胞の検出による肝細胞がんの超早期診断の可能性の検討

林 恵美子; 本村 裕; 角田 祥之; 白川 博文; 吉川 聡明; 児島 辰也; 水口 泰宏; 西中川 秀太; 大場 信之; 野村 和弘; 中面 哲也
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

70

局所型多発性グロムス腫瘍の1例

雄山 瑞栄; 和泉 智子; 清島 真理子
2000-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

71

尿路腫瘍関連抗原に関する検討

辻橋 宏典; 松浦 健; 秋山 隆弘; 栗田 孝; 井口 正典
1987-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

72

尿路系悪性腫瘍とHLA抗原 (第1報)

近藤 猪一郎; 藤井 浩; 鈴木 勝雄; 公平 昭男; 斉藤 清
1982-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

73

尿路感染を契機に急性発症した抗ミトコンドリア抗体陽性の自己免疫性肝炎の1例

桐山 和雄; 臼井 健郎; 竹村 忠晴; 池田 公一郎; 岸田 裕志; 泉本 高之; 金山 良男; 廣田 誠一
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

75

家族内発症した大腿骨頭すべり症の2例

小林 祥; 金 洪海; 内藤 健一; 美崎 朋子; 長野 昭
2004-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

77

子宮内膜NK様細胞によるマウス着床組織の発育制御

王 春蓮; 田中 哲二; 荻田 幸雄; 金田 研司; 梅咲 直彦
2001-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

78

子宮内膜NK様細胞によるマウス着床組織の発育制御

王 春蓮; 田中 哲二; 荻田 幸雄; 金田 研司; 梅咲 直彦
2001-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

79

妊娠の経過中に疱疹状天疱瘡の像を呈した尋常性天疱瘡の1例

阿南 隆; 波多野 豊; 伊勢 知子; 藤原 作平; 高安 進; 駒田 信二
2000-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

81

大腸癌におけるフコシル糖鎖抗原発現の病理組織学的評価

井出 宗則; 浅尾 高行; 桑野 博行; 西村 東洋; 赤松 優; 立川 哲也; 中島 孝; 矢澤 伸
2002-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

82

大腸癌におけるフコシル糖鎖抗原発現の病理組織学的評価

井出 宗則; 浅尾 高行; 桑野 博行; 西村 東洋; 赤松 優; 立川 哲也; 中島 孝; 矢澤 伸
2002-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

84

外用H1ブロッカー塩酸レボカバスチン(リボスチン点眼薬,リボスチン点鼻薬)の薬理作用と臨床効果

秋吉 恵; 重岡 恒彦; 鳥居 慎一; 牧 栄二; 榎本 悟; 高橋 宏正; 平野 文也
2002-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

86

圧搾パン酵母の軟化と細胞壁タンパクの遊離

新本 洋土; 新本 美智枝; 玉井 洋一; 高桑 正義
1983-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

88

品胎のうち一卵性双胎にみられた膜性腎症の症例

中原 小百合; 澤井 俊宏; 岩井 勝; 成宮 成朗; 野村 康之; 竹内 義博
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

89

同種免疫性流産患者におけるHLA-GとHLA-E遺伝子多型の解析

渡辺 浩彦; 田村 出; 石川 弘伸; 木下 勝治; 田中 亜理佐; 假野 隆司; 吉川 枝里; 猪子 英俊; 森 崇英
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

90

司会者のことば

柳瀬 敏幸; 堀内 淑彦
1979-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

91

原発巣が完全及び部分消退を示し,病勢が急速に進行した悪性黒色腫2例

境 恵祐; 影下 登志郎; 石原 剛; 三角 修子; 牧野 貴充; 小野 友道
2001-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

92

単純性肝胞の1例:Em18-WBによる鑑別診断の有用性

青木 貴徳; 紀野 修一; 山崎 弘貴; 小原 充裕; 葛西 眞一; 山 浩; 伊藤 亮
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

97

全身性血管炎患者における抗内皮細胞抗体の対応抗原の同定:プロテオミクスの手法を用いて

唐澤 里江; 大岡 正道; 増子 佳世; 遊道 和雄; 中村 洋; 尾崎 承一; 西岡 久壽樹; 加藤 智啓
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

103

中国南方地区におけるハンセン病とHLAについての研究

王 黎曼; 王 建中; 蘇 素玉; 王 卓浩; 李 佩華; 佐藤 真夏; 木村 彰方; 峰下 哲
1998-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

104
106

リポソームを用いる抗原の競争的免疫測定法

冨岡 寛治; 中山 大地; 熊田 陽一; 加藤 滋雄
2005-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

107

メラノーマ患者におけるRT-PCR法を用いたセンチネルリンパ節微小転移発見の試み

師井 洋一; 小幡 千景; 藤田 尚平; 柴田 智子; 小西 さわ子; 段 虹; 西郷 しおり; 深川 修司; 田代 あかり; 豊田 美都; 柳原 憲一; 占部 和敬; 古賀 哲也; 古江 増隆
2002-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

108

マダイの滑走細菌症に対する浸漬ワクチンの効果

加藤 文仁; 石丸 克也; 村田 修; 熊井 英水
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

110

プロテオミクスを用いた、ループス精神病における抗神経細胞抗体の認識エピトープの検出

飯塚 進子; 広畑 俊成; 岡本 一起; 増子 佳世; 末松 直也; 黒川 真奈絵; 松下 礼子; 加藤 智啓
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

112

ブタCD4遺伝子の多型解析と第5番染色体へのマッピング

小林 栄治; 松本 敏美; 柳井 智; 佐藤 周史; 大西 知佳; 上本 吉伸; 粟田 崇; 鈴木 啓一
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

116

ヒト睾丸胎児性癌細胞の表面マーカー

本山 悌一; 山本 尊彦; 佐藤 昭太郎
1985-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

117

ヒト病原細菌と細菌毒素に対する乳清タンパク濃縮物中の自然抗体

木島 佳子; 岩附 聡; 赤松 裕久; 寺戸 国昭; 桑原 祥浩; 上田 成子; 塩野谷 博
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

121

セログループと遺伝子型の乖離例より検出した新規の2b/1b recombinant HCV

星野 博美; 日野 邦彦; 宮川 浩; 高橋 和明; 三代 俊治
2010-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

122

セログループと遺伝子型の乖離例より検出した新規の2b/1b recombinant HCV

星野 博美; 日野 邦彦; 宮川 浩; 高橋 和明; 三代 俊治
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

128

エコー下生検にて診断し得た線毛性前腸性肝嚢胞の1例

稲見 真木子; 松岡 俊一; 大城 周; 林 順平; 石上 晃庸; 藤川 博敏; 宮川 正秀; 川崎 篤史; 荒牧 修; 三松 謙司; 久保井 洋一; 大井田 尚継
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

129

ウマ血清蛋白質に対するモノクローナル抗体の作製

横濱 道成; 近藤 民章; 天野 卓; 黒木 一仁; 石島 芳郎
1996-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

130

ウシ血液型抗原に対するモノクローナル抗体の作製とその特性

野村 こう; 天野 卓; 田中 一栄; 印牧 美佐生; 宝達 勉
1991-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

133

インターフェロンによるHLA class I抗原誘導時の細胞内情報伝達機構に関するHuh6における検討

砥綿 崇博; 林 紀夫; 片山 和宏; 竹原 徹郎; 佐々木 裕; 笠原 彰紀; 房本 英之; 鎌田 武信
1991-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

138

Virion and soluble antigens of japanese encephalitis virus.

Eckels, K H; Russell, P K; Hetrick, F M

Japanese encephalitis virions contain a 58 X 10-3-molecular-weight envelope glycoprotein antigen that can be solubilized with sodium lauryl sulfate and separated from other virion structural polypeptides and viral ribonucleic acid by gel filtration chromatography. The 58 X 10-3-molecular-weight enve...

DRIVER (Japanese)

139

Verrucous Skin Lesions on the Feet in Diabetic Neuropathy

一宮 誠; 井上 佳代; 濱本 嘉昭; 武藤 正彦
1998-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

142

The Second Case of Anti-Fyb Found in A Healthy Male Blood Donor in Himeji Red Cross Blood Center

Masaharu Kawase; Kayoko Ohsaki; Miyako Kita; Norio Mochizuki; Isao Hara
1980-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

144

The Kallikrein-Related Peptidases hK2 and PSA with Emphasis on Genetic Variation, Secretion, and Sperm Motility

Sävblom, Charlotta

Prostate-specific antigen (PSA) and human glandular kallikrein 2 (hK2) are secreted by the prostate into seminal plasma and through leakage into blood. This leakage increases rapidly in prostate disease, and PSA is used worldwide as a marker of prostate cancer. PSA is activated in vitro by hK2, and ...

DRIVER (Japanese)

145

T cell activation with ‘extended antigen presentation’ was induced differentially by DCs and B cells.

澁谷 美穂子; 藤尾 圭志; 庄田 宏文; 岡村 僚久; 岡本 明子; 山本 一彦
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

146

Subclass Conversion from IgG4 to IgG1 of a Novel Human Anti-CEA Antibody for Increasing Its Biological Activity

Jian Huang; Hirotomo Shibaguchi; Motomo Kuroki; Yumiko Hirose; Hiromi Yamada; Jun Zhao; Tetsushi Kinugasa and Masahide Kuroki
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

147

Serological studies of antigenic similarity between Japanese spotted fever rickettsiae and Weil-Felix test antigens.

Suto, T; Amano, K; Okuta, M; Hatakeyama, H; Mahara, F

Acute and convalescent-phase sera obtained from 10 patients infected with a Japanese strain of spotted fever group (SFG) rickettsia were tested by the indirect immunoperoxidase test, the Weil-Felix test, an enzyme-linked immunosorbent assay (ELISA), and immunoblotting. By the Weil-Felix test, the re...

DRIVER (Japanese)

148

Screening of Protective Antigens of Japanese Encephalitis Virus by DNA Immunization: a Comparative Study with Conventional Viral Vaccines

Jou, Ruwen; Chen, Hsin-Wei; Liau, Ming-Yi; Pan, Chien-Hsiung; Tsai, Chiao-Jung; Tao, Mi-Hua; Wu, Hsin-Jung; Lin, Yi-Ling

In this study, we evaluated the relative role of the structural and nonstructural proteins of the Japanese encephalitis virus (JEV) in inducing protective immunities and compared the results with those induced by the inactivated JEV vaccine. Several inbred and outbred mouse strains immunized with a ...

DRIVER (Japanese)

149

SEREX法による食道扁平上皮癌抗原の同定

島田 英昭; 清水 孝徳; 中嶌 和恵; 久保嶋 麻理; 白鳥 享; 岡住 慎一; 松原 久裕; 鍋谷 圭宏; 落合 武徳; 瀧口 正樹; 野村 文夫; 日和佐 隆樹
2005-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

150

SEREX法による食道扁平上皮癌抗原の同定

島田 英昭; 清水 孝徳; 中嶌 和恵; 久保嶋 麻理; 白鳥 享; 岡住 慎一; 松原 久裕; 鍋谷 圭宏; 落合 武徳; 瀧口 正樹; 野村 文夫; 日和佐 隆樹
2005-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

151

SEREX法による新たな食道癌抗原の同定と血清抗体のELISA法による測定

清水 孝徳; 島田 英昭; 中嶌 和恵; 久保嶋 麻理; 白鳥 享; 岡住 慎一; 松原 久裕; 鍋谷 圭宏; 落合 武徳; 瀧口 正樹; 野村 文夫; 日和佐 隆樹
2005-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

152

SEREX法による新たな食道癌抗原の同定と血清抗体のELISA法による測定

清水 孝徳; 島田 英昭; 中嶌 和恵; 久保嶋 麻理; 白鳥 享; 岡住 慎一; 松原 久裕; 鍋谷 圭宏; 落合 武徳; 瀧口 正樹; 野村 文夫; 日和佐 隆樹
2005-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

155

Pseudomonas anguillisepticaの血清学的性状

中井 敏博; 室賀 清邦; 若林 久嗣
1981-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

159

Platelet Fluorochromasia Cytotoxicity Test (PFCT法) による血小板HLA抗原の解析

能見 智子; 森島 泰雄; 植田 米男; 白木 透; 長谷川 岩三
1986-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

160

PSA 結合糖鎖の癌性変化を応用した前立腺癌診断法の改良

福島 慶子; 佐藤 威文; 馬場 志郎; 山下 克子
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

162

Molecular studies on streptococcal surface proteins

Waldemarsson, Johan

Streptococcus agalactiae and Streptococcus pyogenes are two related human pathogens causing different diseases. This thesis focuses on a number of surface proteins expressed by S. agalactiae and S. pyogenes and, more specifically, the molecular and biological characterization of these proteins. The...

DRIVER (Japanese)

163

Molecular basis for secretor type alpha(1,2)-fucosyltransferase gene deficiency in a Japanese population: a fusion gene generated by unequal crossover responsible for the enzyme deficiency.

Kimura, H.; Koda, Y.; Liu, Y.; Soejima, M.

About 20%-25% of Caucasian individuals are nonsecretors who fail to express soluble A, B, H, and Lewis b histo-blood group antigens in secretory organs and secretory fluids because of the absence of the Secretor gene (FUT2)-encoded alpha(1,2)-fucosyltransferase (Se enzyme) activity. Recently, the FU...

DRIVER (Japanese)

166

Maintenance of Serum Immunoglobulin G Antibodies to Epstein-Barr Virus (EBV) Nuclear Antigen 2 in Healthy Individuals from Different Age Groups in a Japanese Population with a High Childhood Incidence of Asymptomatic Primary EBV Infection

Kuranari, Jun; Senpuku, Hidenobu; Ito, Sayuri; Nakajima, Haruhiko; Hayashi, Masao; Ishii, Yasuyuki; Kuze, Tomoko

Immunoglobulin G (IgG) antibodies to Epstein-Barr virus (EBV) nuclear antigens 2 and 1 (EBNA-2 and EBNA-1, respectively) were studied using sera from healthy individuals of a population with a high incidence of asymptomatic primary EBV infections during infancy or childhood in Japan. Two CHO-K1 cell...

DRIVER (Japanese)

167

MPHA法に用いる血小板抽出抗原クロロキン処理法の確立

荒木 延夫; 成瀬 妙子; 坊池 義浩; 浜中 泰光; 清水 準也; 能勢 義介; 金 信子; 柴田 洋一
1991-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

168

Localized Multiple Epidermolytic Acanthoma

森 智子; 山元 修; 戸倉 新樹; 末永 義則
2004-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

170

Immunotherapy by intratumoral administration of dendritic cells following cryoablative tumor treatment

河上 裕; 藤田 知信; 石田 明; 北川 雄光; 田辺 稔; 斉藤 昌孝; 谷川 瑛子; 泉 陽太郎; 川村 雅文; 宇田川 勝; 桜井 敏晴; 工藤 千恵; 谷口 智憲; 住本 秀敏; 半田 誠; 天谷 雅行; 小林 紘一; 東 一郎; 北島 政樹
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

173

IgA腎症の扁桃を用いた病因抗原のプロテオーム検索

金城 永幸; 岡本 一起; 有戸 光美; 黒川 真奈絵; 増子 佳世; 末松 直也; 木村 健二郎; 加藤 智啓
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

175

IDDM患者におけるHLA遺伝子のPCR-RFLP法による解析

野村 努; 池田 和真; 加美 長亜由; 宮武 早織; 石田 俊彦; 高原 二郎; 河西 浩一
1995-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

177

Humoral cytotoxic antibodies in human urogenital carcinoma

Yoshizo Nakagami; Don D. Mickey; David F. Paulson; James F. Glenn
1977-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

178

Human histocompatibility leukocyte antigen (HLA) haplotype frequencies estimated from the data on HLA class I, II, and III antigens in 111 Japanese narcoleptics.

Naohara, T; Matsuki, K; Tokunaga, K; Juji, T; Satake, M; Honda, Y

In order to deduce the predominant haplotypes in Japanese narcoleptics, we have studied a total of 111 Japanese patients with narcolepsy and six multiple-case families for HLA class I and class II antigens, and for class III HLA-linked complement markers. In Japanese narcoleptics, the most frequent ...

DRIVER (Japanese)

179

Human T-cell leukemia virus-associated membrane antigens: identity of the major antigens recognized after virus infection.

McLane, M F; Lee, T H; Homma, T; Coligan, J E; Tachibana, N; Essex, M

Specific antibodies to cell membrane antigens found on human T-cell leukemia virus (HTLV)-infected cells have been detected in Japanese patients with adult T-cell leukemia/lymphoma and in asymptomatic carriers, using a live cell-membrane immunofluorescence assay. Reactivity of the positive antisera ...

DRIVER (Japanese)

180

HLA適合造血細胞移植におけるマイナー組織適合抗原不一致の重要性

佐藤 英洋; 近藤 静佳; 加藤 留美; 安江 静香; 中尾 眞二; 塩原 信太郎
2003-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

182

HLA-DRとサルコイドーシス

立花 暉夫; 白倉 良太; 岸本 進
1985-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

183

HLA antigens in Japanese populations.

Itakura, K; Yasuda, N; Aizawa, M; Tsuji, K; Inou, T

HLA antigens in 841 healthy, unrelated Japanese from nine widely separated geographic localities were studied. The five most common antigens observed in order of decreasing frequency were for the HLA-A locus: HLA-A9, A2, A10, AW32 and A11; and for the HLA-B locus: HLA-'B5' (= HLA-B5+B17), BW40, B12,...

DRIVER (Japanese)

184

HLA antigens in Japanese patients with myasthenia gravis.

Takamizawa, M; Matsuki, K; Tokunaga, K; Juji, T; Maeda, H; Segawa, M; Soda, M; Nomura, Y

HLA antigens in 104 Japanese patients and 41 families with myasthenia gravis (MG) were investigated. The frequencies of DR9 and DRw13 were significantly increased in the patients who developed MG before 3 yr of age. The DQw3 antigen was positive for all the patients that developed MG before 15 yr wi...

DRIVER (Japanese)

185

HLA antigens in Japanese patients with high titre anti-ribonucleoprotein antibodies.

Suzuki, H; Kawai, T; Okubo, T; Tani, K; Okamura, A; Minami, M; Katoh, K

DRIVER (Japanese)

186

HLA DR4 and rheumatoid arthritis in Japanese people.

Sonozaki, H; Maeda, H; Mitsui, H; Juji, T; Okitsu, K

Eighty-eight Japanese patients with rheumatoid arthritis and 104 normal Japanese persons were typed for HLA A, B, C, and DR antigens. The frequency of HLA DR4 was 70.5% in patients compared with 46.1% in normal controls (P less than 0.001). However, a sex difference in the frequency of HLA DR4 in pa...

DRIVER (Japanese)

187

HBワクチン接種後のanti-HBs responseとHLA抗原に関する研究

橋本 悦子; 小幡 裕; 中西 敏己; 金子 篤子; 栗原 毅; 富松 昌彦; 山内 克己; 久満 董樹; 十字 猛夫; 荒川 泰行; 志方 俊夫; 清水 勝
1985-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

188

Group B Arbovirus Structural and Nonstructural Antigens III. Serological Specificity of Solubilized Intracellular Viral Proteins

Qureshi, Ateef A.; Trent, Dennis W.

Solubilized nonstructural antigen III from Saint Louis encephalitis (SLE)-Japanese B encephalitis (JBE)-West Nile (WN) and dengue-2 arbovirus-infected pig kidney cells was purified by employing Brij-58 solubilization, organic solvent extraction, and column chromatography. Diethylaminoethyl-cellulose...

DRIVER (Japanese)

189

Genetic and Metabolic Markers for the Development of Diabetes after Gestational Diabetes Mellitus

Ekelund, Magnus

The aims of this work were to determine the prevalence of postpartum diabetes among women with gestational diabetes mellitus (GDM) in a prospective study 5 years postpartum; to characterize these women according to insulin secretion, insulin sensitivity, autoimmunity and genetics; and to identify po...

DRIVER (Japanese)

191

FUT遺伝子導入大腸癌細胞の細胞特性の変化

矢澤 伸; 田中 進; 岡村 明彦; 浅尾 高行; 巨智部 直久; 赤松 優; 立川 哲也
2001-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

192

FUT遺伝子導入大腸癌細胞の細胞特性の変化

矢澤 伸; 田中 進; 岡村 明彦; 浅尾 高行; 巨智部 直久; 赤松 優; 立川 哲也
2001-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

194

Evaluating the Possible Implementation of a Type and Screen System

P. Azar; S. Ogawa; S. Takimura; T. Yasuda; S. Yahara; H. Saji; T. Hosoi
1988-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

195

Enhanced humoral immune responses against T-independent antigens in Fcα/μR-deficient mice

本多 伸一郎; 栗田 尚樹; 宮本 顕友; 張 愉紀子; 臼井 健太; 竹下 貴恵; 高橋 智; 安居 輝人; 菊谷 仁; 木下 タロウ; 藤田 禎三; 田原 聡子; 渋谷 和子; 渋谷 彰
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

196

Ecologie évolutive d'un genre d'acarien hématophage : approche phylogénétique des délimitations interspécifiques et caractérisation comparative des populations de cinq espèces du genre Dermanyssus (Acari : Mesostigmata) Evolutionary ecology of a hematophagous mite genus : Phylogeny-based approach for interspecific delineations and comparative characterization of populations in five species of the genus Dermanyssus (Acari: Mesostigmata)

Roy, Lise

Les acariens microprédateurs du genre Dermanyssus (espèces du groupe gallinae), inféodés aux oiseaux, représentent un modèle pour l'étude d'association lâche particulièrement intéressant : ces arthropodes aptères font partie intégrante du microécosystème du nid (repas de sang aussi rapide que celui ...

DRIVER (Japanese)

199

Detection of Norovirus Antigens from Recombinant Virus-Like Particles and Stool Samples by a Commercial Norovirus Enzyme-Linked Immunosorbent Assay Kit

Müller, Werner E. G.; Sato, Takashi; Phan, Tung Gia; Okitsu-Negishi, Shoko; Ushijima, Hiroshi; Shimizu, Yuko; Okame, Michio

The commercial norovirus enzyme-linked immunosorbent assay kit was evaluated for its reactivity to recombinant virus-like particles and the detection of natural viruses from stool samples of Japanese infants and children with sporadic acute gastroenteritis compared to reverse transcription-PCR. The ...

DRIVER (Japanese)

200

DUPAN-2がマーカーとして有用であると考えられた原発性小腸癌疑いの1症例

山賀 雄一; 大花 正也; 中村 武史; 菊池 志乃; 松村 佳代子; 田北 雅弘; 岩本 諭; 森澤 利之; 宮島 真治; 木田 肇; 岡野 明浩; 沖永 聡; 久須美 房子; 高鍬 博; 本庄 原
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

201

C型慢性肝炎に対するPEG-IFNα2b+ribavirin併用療法における早期治療効果予測-血中HCV抗原によるモニタリング解析-

藤野 達也; 後藤 和人; 有村 英一郎; 崎山 裕美子; 武元 良祐; 西 秀博; 宮原 稔彦; 福泉 公仁隆; 才津 秀樹; 酒井 浩徳
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

203

B型慢性肝炎における肝組織中HLA class 1抗原表出の免疫組織学的検討

真鍋 康二; 山田 剛太郎; 兵頭 一之介; 西原 隆; 奥新 浩晃; 藤木 茂篤; 水野 元夫; 木野山 真吾; 坂本 裕治; 長島 秀夫
1986-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

204
205

Basedow病に合併した自己免疫性肝炎の1例

阿部 和道; 斎藤 広信; 高橋 敦史; 雷 毅; 滝口 純子; 菅野 有紀子; 物江 恭子; 大平 弘正
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

206

A型胃炎の経過観察中に関節リウマチを合併し橋本病を疑われた1例

中尾 絵美子; 光永 篤; 濱野 徹也; 白戸 美穂; 白戸 泉; 西野 隆義
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

208

Association of the HLA-DRB1 Gene with Susceptibility to Aortoarteritis in a Chinese Han Population

Aimin DANG; Bing WANG; Yuhui ZHANG; Penghua ZHANG; Jianfeng HUANG; Guozhang LIU; Deyu ZHENG; Changchun QIU and Lisheng LIU
2002-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

209

Analysis of active and inactive complement C4 complotypes associated with subtypes of HLA-B17 in different racial groups.

O'Neill, G J; Pollack, M S; Nerl, C

HLA-A, B, and C antigens and the HLA-linked markers BF, C2, and C4 were determined in 1,799 unrelated Caucasians, 140 North American blacks, 140 Chinese, and 66 Japanese. One allele of the C4A locus (Rodgers), C4A*6, was found to code for a functionally inactive product in HLA-B17 (Bw57)-positive in...

DRIVER (Japanese)

211

ABO不適合骨髄移植後の赤血球におけるABH抗原型物質の解析

岸野 光司; 室井 一男; 中木 陽子; 大槻 郁子; 尾島 佐恵子; 渡辺 一枝; 小幡 隆; 菅野 直子; 小野崎 文子; 永嶋 貴博; 川野 千鶴; 渡 潔; 岩本 禎彦; 小澤 敬也
2002-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

212

ABO (H) 血液型物質と睾丸腫瘍

藤田 潤; 松本 恵一; 岸 紀代三; 石山 〓夫
1980-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

213

ABC法を用いた各種血球表面のA型物質の検索

足立 昌司; 寮 隆吉; 吉田 明憲; 椋本 芳樹; 山口 延男; 堂脇 義雄
1987-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)