Sample records for androgens
from WorldWideScience.org

Sample records 1 - 20 shown. Select sample records:



1

黄体化ホルモン放出ホルモン誘導体 (LHRH-a) による骨量低下の臨床的検討

鈴木 康之; 相川 健; 大石 幸彦; 山崎 春城; 大西 哲郎; 鈴木 正泰; 小針 俊彦; 遠藤 勝久; 簗田 周一; 加藤 伸樹; 吉野 恭正; 和田 鉄郎; 上田 正山; 高坂 哲; 赤澤 宏平
1998-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

3

高カルシウム血症を呈した肺癌の1例

藤田 拓男; 半田 昇; 岡野 一年; 折茂 肇; 原沢 道美; 吉川 政己
1968-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

7

顕著な男性化徴候を呈した副副腎androgen産生Leydig細胞腫の1例

木嶋 祥麿; 前田 益孝; 小沢 潔; 中西 太一; 東海林 隆男; 笹岡 拓雄
1989-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

10

進行性前立腺癌における Flutamide による副腎性アンドロゲン抑制効果の臨床的検討

中里 晴樹; 鈴木 和浩; 伊藤 一人; 深堀 能立; 黒川 公平; 山中 英壽
2001-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

11

造精機能を回復した先天性副腎過形成による無精子症の1例

岩本 晃明; 矢島 通孝; 田中 宏樹; 皆川 信彦; 長田 尚夫
1993-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

13

豚卵胞の顆粒層細胞の走査電子顕微鏡的研究

宮本 元; 古林 亮介; 谷井 隆夫; 石橋 武彦
1982-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

14

血漿estradiol, testosteroneの同時測定の臨床的意義: Estradiol, testosteroneのアンバランス

森本 勲夫; 石丸 忠彦; 高村 邦彦; 和泉 元衛; 宇佐 利隆; 前田 蓮十
1981-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

17

肥満と前立腺肥大症, 血中 estrogen 濃度, および脂肪組織の estrogen 合成能との関係

高橋 康男; 清水 嘉門; 今井 強一; 三木 正也; 猿木 和久; 山中 英寿
1988-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

18

老化に関する研究 (第1報)

折茂 肇; 藤田 拓男; 吉川 政己; 早野 和夫
1969-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

19

老化と内分泌機能

稲田 満夫; 大西 利夫; 豊田 隆謙; 阿部 圭志; 加藤 堅一
1984-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

21

秋産卵魚カネヒラの生殖年周期

清水 昭男; 会田 勝美; 羽生 功
1987-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

22

福岡県下在住の百歳老人 (Centenarian) の研究 (第2報)

牧 俊夫; 牟田 和男; 加藤 堅一; 井林 博
1987-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

25

真性半陰陽の細胞遺伝学的検索

大島 博幸; 酒井 邦彦; 高木 健太郎; 池上 茂
1974-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

26

男性肝硬変症における下垂体性腺軸に関する臨床的研究

川上 広育; 橋本 久勝; 末盛 彰一; 渡辺 恭行; 吉川 正哉; 川本 広夫; 池本 吉博; 松浦 寿二郎; 竹崎 英一; 中西 敏夫; 竹野 弘; 梶山 梧朗; 大林 諒人; 相光 汐美
1984-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

32
34

慢性透析患者の貧血に対するmepitiostaneの効果について

大地 信彰; 稲永 隆; 平方 秀樹; 名西 史夫; 小野山 薫; 藤島 正敏; 王 幸則; 三井島 千秋; 藤見 惺
1986-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

42

加令と悪性腫瘍

瀬木 三雄; 栗原 登; 岩崎 龍郎; 九嶋 勝司; 梶谷 鐶; 赤崎 兼義
1971-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

43

前立腺肥大症における内分泌環境

鈴木 和浩; 稲葉 繁樹; 竹内 弘幸; 竹沢 豊; 深堀 能立; 鈴木 孝憲; 今井 強一; 山中 英寿; 本間 誠次郎
1992-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

50

内科的治療により皮膚症状,貧血,低アミノ酸血症が著明に改善したグルカゴノーマの1例

大隈 俊明; 岩瀬 正典; 井手脇 康裕; 菊池 洋平; 藤井 裕樹; 奥 美和子; 森本 昌子; 土井 康文; 中村 宇大; 飯田 三雄
2009-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

51

内科的治療により皮膚症状,貧血,低アミノ酸血症が著明に改善したグルカゴノーマの1例

大隈 俊明; 岩瀬 正典; 井手脇 康裕; 菊池 洋平; 藤井 裕樹; 奥 美和子; 森本 昌子; 土井 康文; 中村 宇大; 飯田 三雄
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

61
66

ヒメダカ臀鰭軟条の乳頭状突起形成に対する各種アンドロゲンの効果

朝比奈 潔; 卜部 暁人; 坂井 貴行; 廣瀬 一美; 日比谷 京
1989-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

69

バルプロ酸服用中のてんかん患者におけるBMI変化について

栗田 紹子; 武田 洋司; 岩田 愛雄; 櫻井 高太郎; 本間 次郎; 小山 司
2008-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

70

バルプロ酸服用中のてんかん患者におけるBMI変化について

栗田 紹子; 武田 洋司; 岩田 愛雄; 櫻井 高太郎; 本間 次郎; 小山 司
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

76

シロギス雄の血中ビテロゲニン量に及ぼす雌魚の影響

堀田 公明; 渡辺 剛幸; 岸田 智穂; 中村 幸雄; 井尻 成保; 足立 伸次; 山内 晧平
2008-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

77

シロギス雄の血中ビテロゲニン量に及ぼす雌魚の影響

堀田 公明; 渡辺 剛幸; 岸田 智穂; 中村 幸雄; 井尻 成保; 足立 伸次; 山内 晧平
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

79

コイにおける合成LHRH投与後の血中ホルモン量と採精量の経時的変化

ヌガヴォンチョ ソムスイ; コク ロー・エン; 隆島 史夫
1987-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

85

ウシSry遺伝子のクローニングとその特徴

加藤 ゆうこ; 佐藤 静治; 崔 暁; 板垣 佳明; 須藤 鎮世
1995-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

88

アンドロゲンの前立腺に対する作用機序に関する研究

志田 圭三; 島崎 淳; 浦野 悦郎; 栗原 寛; 高橋 溥朋; 古谷 信雄; 田谷 元祐
1972-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

89

アユの臀鰭における性的二型

井口 恵一朗; 伊藤 文成; 生田 和正; 山口 元吉
1991-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

90

アマゴOncorhynchum rhodurusの早熟雄に関する内分泌学的研究

上田 宏; 長浜 嘉孝; 田代 文男; Laurence W. CRIM
1983-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

92

The Kallikrein-Related Peptidases hK2 and PSA with Emphasis on Genetic Variation, Secretion, and Sperm Motility

Sävblom, Charlotta

Prostate-specific antigen (PSA) and human glandular kallikrein 2 (hK2) are secreted by the prostate into seminal plasma and through leakage into blood. This leakage increases rapidly in prostate disease, and PSA is used worldwide as a marker of prostate cancer. PSA is activated in vitro by hK2, and ...

DRIVER (Japanese)

93

Systemic lupus erythematosusの発症をみた二組の一卵性双生児例

向井 正也; 佐川 昭; 渡部 一郎; 谷村 一秀; 清水 昌人; 沖 一郎; 大西 勝憲; 藤咲 淳; 中川 昌一
1986-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

98

Male Japanese quails with female brains do not show male sexual behaviors

Gahr, Manfred

During embryonic development, gonadal steroid hormones (androgens and estrogens) are thought to organize the sexual differentiation of the brain in the heterogametic sexes of higher vertebrates (males in mammals, females in birds). Brain differentiation of the homogametic sexes is thought to proceed...

DRIVER (Japanese)

102

Hormonal induction of all stages of spermatogenesis in vitro in the male Japanese eel (Anguilla japonica).

Nagahama, Y; Miura, T; Takahashi, H; Yamauchi, K

The importance of gonadotropins and androgens for spermatogenesis is generally accepted in vertebrates, but the role played by specific hormones has not been clarified. Under cultivation conditions, male Japanese eels (Anguilla japonica) have immature testes containing only premitotic spermatogonia,...

DRIVER (Japanese)

103

Glucocorticoid受容体異常症に併発したCushing病の1例

岡田 靖; 名和田 新; 関屋 健策; 加藤 堅一; 井林 博
1985-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

106

Current trends in comparative endocrinology : proceedings of the ninth International Symposium on Comparative Endocrinology, Hong Kong, 7-11 December 1981 Current trends in comparative endocrinology : proceedings of the ninth International Symposium on Comparative Endocrinology, Hong Kong, 7-11 December 1981

International Symposium on Comparative Endocrinology (9th : 1981 : Hong Kong); International Symposium on Comparative Endocrinology (9th : 1981 : Hong Kong)

v.1 Steroidogenesis in the amago salmon (Oncorhynchus rhodurus) ovarian follicle: a two cell-type model / Nagahama, Y. p239 v.1 Role of androgen in amphibian reproduction / D'Istria, M. p243 v.1 Annual cycle of gonadotropin and testicular steroid hormones in the Japanede red-bellied newt / Imai, K. ...

DRIVER (Japanese)

109

Aromatase (estrogen synthase) activity in the dorsal horn of the spinal cord: Functional implications

Evrard, HC; Balthazart, Jacques

The presence of aromatase (estrogen synthase) in neurons in the dorsal horn of the spinal cord in Japanese quail suggests that estrogens produced locally from androgens could control spinal sensory processes including nociception. We used the hot water nociceptive test (54 degreesC) to appraise the ...

DRIVER (Japanese)

113

3)男性におけるアンドロゲン欠乏と疾患

塚本 泰司; 伊藤 直樹; 久末 伸一
2003-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

115

1側副腎に3個の腺腫を認めた Cushing 症候群の1例

金子 尚嗣; 石郷岡 学; 渡辺 博幸; 平野 順治; 川村 俊三
1990-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)