Sample records for amphibians
from WorldWideScience.org

Sample records 1 - 20 shown. Select sample records:



1

鳩間島におけるオオヒキガエルの侵入と生息状況

増永 元; 太田 英利; 戸田 光彦; 中島 朋成; 鐘 雅哉; 松本 千枝子
2005-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

6

魚類の生殖腺成熟に関する生理学的研究-I

会田 勝美; ガン ファン・バン・; 日比谷 京
1973-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

10

養殖マダイの背部筋肉の黒い筋の電顕的検索

若園 邦子; 岡島 泰夫; 白井 正孝; 北島 力; 松井 誠一; 田辺 智唯; 松本 二郎
1992-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

16

農村域の立地評価を目的としたカエル類の指標種選定のための調査方法

大澤 啓志; 一ノ瀬 友博; 高橋 俊守; 杉村 尚; 加藤 和弘
2008-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

17

農村域の立地評価を目的としたカエル類の指標種選定のための調査方法

大澤 啓志; 一ノ瀬 友博; 高橋 俊守; 杉村 尚; 加藤 和弘
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

18

脳室の感覚器官 : 室傍器官

保 智己; 川野 絵美; 拜田 由華
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

20

第4回アジア爬虫両生類学会議参加報告

松井 正文; ウイチエット コンスー; 西川 完途; 劉 万兆
2000-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

21

種組成を用いた解析による両生類の生息域予測に関する研究

大澤 啓志; 日置 佳之; 松林 健一; 藤原 宣夫; 勝野 武彦
2003-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

23

異なった水温で飼育したヒラメの変態過程における体組織中チロキシン濃度

タナンゴナン・ ジーン・ベラン; 田川 正朋; 田中 克; 平野 哲也
1989-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

32

沖縄島北部に生息するジャワマングース(Herpestes javanicus)の食性と在来種への影響

小倉 剛; 佐々木 健志; 当山 昌直; 嵩原 建二; 仲地 学; 石橋 治; 川島 由次; 織田 銑一
2002-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

33

沖縄島北部に生息するジャワマングース(Herpestes javanicus)の食性と在来種への影響

小倉 剛; 佐々木 健志; 当山 昌直; 嵩原 建二; 仲地 学; 石橋 治; 川島 由次; 織田 銑一
2002-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

51

大会シンポジウム報告

哺乳類科学;  Vol. 42 (2002) No. 1  pp.85-91

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

52

大会シンポジウム報告

哺乳類科学,     Vol. 42 (2002)     No. 1      pp.85-91
2002-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

59
79

ニジマスの性分化に関する組織学的研究

隆島 史夫; パティニョ レイナルド; 野村 稔
1980-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

86

チョウザメの胆汁中胆汁色素組成

田畑 伸幸; 境 正; 藤井 一則
1991-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

96

コイ脳内の免疫反応性生殖腺刺激ホルモン放出ホルモン

天野 勝文; 奥澤 公一; 柳沢 忠; 長谷川 喜久; 会田 勝美
1992-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

98

キクイムシの系統地理学

伊藤 昌明; 梶村 恒
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

102

カキに対するステロイドの影響-III

森 勝義; 村松 高明; 中村 泰子
1969-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

105

カエルツボカビ症侵入緊急事態宣言

爬虫両棲類学会報;  Vol. 2007 (2007) No. 1  pp.18-20

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

109

ウシガエル幼生の定量調査の試み

大澤 啓志; 小堀 洋美; 島村 雅英
2002-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

110

アルギニン•バゾトシンの抗血清の作製

後藤 和文; 田中 耕作; 寺尾 俊弘
1986-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

115

Skin Pigmentary Variants in Rana Nigromaculata

Journal of Clinical Biochemistry; Nutrition;  Vol. 38 (2006) No. 3  pp.195-203

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

116

Skin Pigmentary Variants in Rana Nigromaculata

Ichiro Tazawa; Hitoshi Okumoto and Akihiko Kashiwagi
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

119

Lack of effects of atrazine on estrogen-responsive organs and circulating hormone concentrations in sexually immature female Japanese quail (Coturnix coturnix japonica)

Wilhelms, K.W.; Cutler, S.A.; Proudman, J.A.; Carsia, R.V.; Anderson, L.L.; Scanes, C.G.; USDA, ARS

The widely used herbicide, atrazine, has been reported to exhibit reproductive toxicity in rats and amphibians. The present studies investigate toxicity of atrazine in Japanese quail and its ability to influence reproduction in sexually immature females. Atrazine was administered in the diet at conc...

DRIVER (Japanese)

120

Current trends in comparative endocrinology : proceedings of the ninth International Symposium on Comparative Endocrinology, Hong Kong, 7-11 December 1981 Current trends in comparative endocrinology : proceedings of the ninth International Symposium on Comparative Endocrinology, Hong Kong, 7-11 December 1981

International Symposium on Comparative Endocrinology (9th : 1981 : Hong Kong); International Symposium on Comparative Endocrinology (9th : 1981 : Hong Kong)

v.1 Steroidogenesis in the amago salmon (Oncorhynchus rhodurus) ovarian follicle: a two cell-type model / Nagahama, Y. p239 v.1 Role of androgen in amphibian reproduction / D'Istria, M. p243 v.1 Annual cycle of gonadotropin and testicular steroid hormones in the Japanede red-bellied newt / Imai, K. ...

DRIVER (Japanese)