Sample records for alkaloids
from WorldWideScience.org

Sample records 1 - 20 shown. Select sample records:



1

麻酔中に発生した気管支痙攣の1治験例

張 志明; 川上 〓市; 藤川 純俊; 細山田 明義; 松本 道; 高橋 敬蔵
1967-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

3

麦角菌に関する研究

阿部 又三; 山野 藤吾; 高津 嘉春; 楠木 貢
1955-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

4

麦角菌に関する研究

阿部 又三; 山野 藤吾; 高津 嘉春; 楠本 貢
1955-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

5

麦角菌に関する研究

阿部 又三; 山野 藤吾; 楠本 貢
1953-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

6

麥角菌に關する研究

阿部 又三; 山野 藤吾; 楠本 貢
1953-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

9
10

非対称化反応を用いた(−)-Cepharamine の不斉全合成研究

廣谷 功; *市橋 佑介; 猪飼 哲朗; 関岡 竜一; 稲本 浄文; 土井 隆行
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

11

酸無水物とアニリン類との反応を利用したベンゾカルボリンの合成研究

三木 康義; *黒松 誠; 武内 博志; 原見 奏子; 宮武 秀明
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

13

血管新生阻害物質cortistatin Aの合成研究

古徳 直之; 住井 裕司; 林 剛史; 森本 薫; 水島 浩平; 荒井 雅吉; 小林 資正
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

16

菌類によるアルカロイドおよび関連物質の生産(第8報)

阿部 又三; 大橋 力; 大桃 定洋; 田淵 武士
1971-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

17

菌類によるアルカロイドおよび関連物質の生産(第7報)

阿部 又三; 福原 輝男; 大桃 定洋; 堀 正大; 田淵 武士
1970-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

21

菌類によるアルカロイドおよび関連物質の生産(第3報)

阿部 又三; 大桃 定洋; 大橋 力; 田淵 武士
1969-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

23

菌類によるアルカロイドおよび関連物質の生産(第1報)

阿部 又三; 大和谷 三郎; 山野 藤吾; 高津 嘉春; 山田 三郎
1967-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

29
36

漢方薬の長期服用中に発生し,中心静脈閉塞を示した非硬変性門脈圧亢進症の1例

野ツ俣 和夫; 両林 英之; 大溝 了庸; 古沢 明彦; 野田 八嗣; 鵜浦 雅志; 田中 延善; 小林 健一; 服部 信; 松井 修; 中沼 安二; 太田 五六; 泉 良平
1988-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

37

海産緑藻アナアオサの固定化生細胞の調製

藤村 太一郎; 川合 哲夫; 志賀 實; 梶原 忠彦; 畑中 顕和
1989-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

40

海洋産アルカロイド・Batzellaside類の合成研究

関口 真廷; 周 徳軍; 松谷 裕二; 豊岡 尚樹
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

41

毒ガエルアルカロイドの合成とそのニコチン受容体抑制活性効果

周 徳軍; 豊岡 尚樹; 恒枝 宏史; 古林 創史; 笹岡 利安; 根本 英雄; デイリー ジョン; スパンディー トーマス; ギャラッフォ マーチン
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

53

抗腫瘍活性アルカロイドdiscorhabdin類の合成研究

和田 康史; 大谷 耕司; 上村 大護; 吉田 正子; 藤岡 弘道; 北 泰行
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

54

抗アレルギー作用を有するDichotomine類の不斉全合成研究とその活性評価

東 修平; 渡邊 司郎; 大村 華菜; 町支 臣成; 日比野 俐
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

59

大会講演要旨

日本農芸化学会誌;  Vol. 72 (1998) No. sup  pp.463-468

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

60

大会講演要旨

日本農芸化学会誌;  Vol. 66 (1992) No. 3  pp.604-606

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

62

多くの生理活性を有するベンゾフェナンスリジンの合成研究

河野 覚治郎; 町支 臣成; 藤井 かおり; 延廣 順子; 日比野 俐
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

69

同種骨髄移植後のVeno-Occlusive Disease (VOD)についての検討

黒川 晋; 平林 紀男; 小寺 良尚; 南 三郎; 日下部 篤彦; 岡 勇二; 田原 裕文; 松山 孝治; 宇野 裕
1991-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

71

化学の窓

化学と生物;  Vol. 14 (1976) No. 6  pp.391-393

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

74

光学活性四置換不斉炭素を有するα-アミノリン酸合成法の開発

林 真志; 平松 祐一; 中村 修一; 柴田 哲男; 融 健
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

75

光学活性トリフルオロメチルアミンのエナンチオ選択的合成法の開発

河合 洋幸; 楠田 旭弘; 中村 修一; 柴田 哲男; 融 健
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

79

マンザミンA・ナカドマリンA共通中間体スピロラクタムの不斉合成研究

菅 愛子; 長田 敏明; 徳丸 和之; 藤山 綾子; 荒井 秀; 西田 篤司
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

84

ホオズキ葉から分離されたニジュウヤホシテントウの摂食刺激因子

堀 雅敏; 荒木 佑子; 菅野 亘; 臼井 義隆; 松田 一寛
2005-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

85

ホオズキ葉から分離されたニジュウヤホシテントウの摂食刺激因子

堀 雅敏; 荒木 佑子; 菅野 亘; 臼井 義隆; 松田 一寛
2005-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

86

ペリ環状反応の化学とその複素環化合物合成への応用

坂本 正徳; 川崎 智己; 石井 啓太郎; 田村 修
2003-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

87

ペリ環状反応の化学とその複素環化合物合成への応用

坂本 正徳; 川崎 智己; 石井 啓太郎; 田村 修
2003-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

91

ピロリチジン型毒ガエルアルカロイドの合成研究

周  徳軍; 豊岡 尚樹; 根本 英雄; 手塚 康弘; 門田 重利; Garraffo H. Martin; Spande Thomas F.; Daly John W.
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

93

ハワイアンウッドローズ種子抽出液の雄マウスの行動及び神経症状に及ぼす影響

福森 信隆; 安藤 弘; 久保 喜一; 湯澤 勝廣; 長澤 明道; 高橋 博; 矢野 範男; 不破 達; 大橋 則雄; 小縣 昭夫
2010-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

94

ハワイアンウッドローズ種子抽出液の雄マウスの行動及び神経症状に及ぼす影響

福森 信隆; 安藤 弘; 久保 喜一; 湯澤 勝廣; 長澤 明道; 高橋 博; 矢野 範男; 不破 達; 大橋 則雄; 小縣 昭夫
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

96

ニトロンの環化付加反応を用いるMaremycin AおよびD1の合成

植田 徹; 稲田 光秀; 森田 延嘉; 岡本 巌; 田村 修
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

97

ニジマス色調改善色素としてのAdonis aestivalisの利用

釜田 忠; Gavril Neamtu; 田中 淑人; 鮫島 宗雄; Kenneth L. Simpson
1990-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

99

トリフルオロピルビン酸エチルを用いた光学活性含フッ素複素環化合物の合成

小川 真一; 飯田 紀士; 西峯 貴之; 中村 修一; 柴田 哲男; 融 健
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

105

ジャドマイシン系抗生物質の合成研究

山田 紳一郎; 江富 なつの; *赤木 裕介; 中西 和嘉; 熊本 卓哉; 石川 勉
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

107

シンコナアルカロイドを基盤とした超分子ポリマーの構築

久木 一朗; 伊藤 有香; 藤内 謙光; 宮田 幹二
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

113

ガスクロマトグラフィー/セレクテッドイオンモニタリングによるアコニチン系アルカロイドの分析

水柿 道直; 大山 良治; 木村 勝彦; 石橋 正兀; 大野 曜吉; 内間 栄行; 永盛 肇; 鈴木 康男
1988-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

114

エゾシカの樹皮嗜好性と小径樹幹の内樹皮成分との関係

小島 康夫; 安井 洋介; 折橋 健; 寺沢 実; 鴨田 重裕; 笠原 久臣; 高橋 康夫
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

115

インドールカルボン酸を用いるピロロフェナンスリドンアルカロイドの合成について

濱本 博三; 梅本 英彰; *堂下 正嗣; 桑島 知代; 岡本 正道; 昼馬 美寿々; 三木 康義
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

116

インドールカルボン酸の脱炭酸的ハロゲン化によるハロインドールの合成について

三木 康義; *堂下 正嗣; 太田 千晶; 服部 翔; 梅本 味左子; 梅本 英彰; 濱本 博三
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

119

イネ品種「初山吹」由来の新規アルカロイドoryzamutaic acids A〜Gの構造

中野 洋; 小瀬村 誠治; 吉田 充; 鈴木 利貞; 岩浦 里愛; 梶 亮太; 坂井 真; 広瀬 克利
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

120

イオン液体含有高分子膜を用いた苦味センサの開発

芥川 暢之; 戸井田 仁一; 天野 良彦; 池崎 秀和; 都甲 潔; 蟻川 幸彦
2009-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

121

イオン液体含有高分子膜を用いた苦味センサの開発

芥川 暢之; 戸井田 仁一; 天野 良彦; 池崎 秀和; 都甲 潔; 蟻川 幸彦
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

125

アポルフィンアルカロイド誘導体の化学合成と抗菌活性

一柳 剛; 須山 直人; 島田 麻衣; 日高 史典; 金城 由希子; 會見 忠則
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

130

たけにぐさ成分の研究(第1報)

恩田 政行; 滝口 和夫; 平倉 実; 福島 浩; 赤川 真寿子; 直井 房司
1965-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

131

けしの実及びけしの実含有食品中に含まれるモルヒネ・コデイン

長谷川 正紀; 間瀬田 千香暁; 香川 昌人; 松原 和夫; 福島 正充; 塩野 寛
1992-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

135

Veno-Occlusive Disease of the Liverの1例

安倍 弘彦; 佐田 通夫; 江口 尚久; 長田 英輔; 谷川 久一; 小松 良治; 森松 稔
1977-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

138

Syrosingopine (O-Carbethoxysyringoyl methylreserpate) の中枢,その他に対する作用

小野 信文; 前田 幸英; 川崎 博己; 黒田 正宏; 櫛来 和司; 古川 達雄; 黒田 喜代志; 菊地 健次郎; 清水 武
1973-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

150

Morphine and Codeine Urinalyses after Ingestion of Bean-Jam Bun

長谷川 政紀; 松原 和夫; 間瀬田 千香暁; 香川 昌人; 高橋 節典; 赤根 敦
1993-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

155

Dihydroergotamine mesylate の血管平滑筋に対する作用特性について

府川 和永; 本多 秀雄; 久保田 英雄; 畑中 佳一; 澤辺 隆司
1981-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

158

Aspidosperma属新規インドールアルカロイドSubincanadine Eの全合成研究

末弘 真有; 鈴木 健太; 小暮 紀行; 北島 満里子; 高山 廣光
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

160
161

9,10-ジ置換ベンゾフェナンスリジン型アルカロイドの合成研究

石原 裕介; 東 修平; 河野 覚治郎; 町支 臣成; 小野 加奈子; 堤 広之; 石津 隆; 日比野 俐
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

162

6-Acyldecahydro[1,6]naphthyridineのマウスにおける抗侵害作用

小橋 精一; 久保  元; 山内 貴靖; 東山 公男
2003-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

163

6-Acyldecahydro[1,6]naphthyridineのマウスにおける抗侵害作用

小橋 精一; 久保  元; 山内 貴靖; 東山 公男
2003-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

169

(−)-Renieramycin Gの合成研究

小比賀 真吾; 榎本 太郎; 安井 義純; 竹本 佳司
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

170

(±)-ヘデラシンBの全合成研究

山下 哲也; 山下 美帆; 青柳 榮
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

171

(±)-ヘデラシンA及びBの全合成研究

山下 哲也; 山下 美帆; 山崎 直毅; 青柳 榮; 樹林 千尋
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)