Sample records for agricultural residues
from WorldWideScience.org

Sample records 1 - 20 shown. Select sample records:



2

養殖エビにおける残留抗菌剤の調理加工による消長

宇野 和明; ティダポーン チャウィーパック; 宇野 良子; リラ ランパン
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

9

除草剤と環境

Philip C. KEARNEY; 千坂 英雄
1971-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

13

農薬2,4-D・フミン質共存系の活性炭吸・脱着

庄司 良; 平田 房雄; 須藤 義孝; 鈴木 基之
2003-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

14

農薬2,4-D・フミン質共存系の活性炭吸・脱着

庄司 良; 平田 房雄; 須藤 義孝; 鈴木 基之
2003-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

16

赤外放射を用いた残留農薬検出と濃度分類

高野 友裕; 石澤 広明; 本田 和也; 山田 久也; 田中 伸明
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

18

赤外分光スペクトルの特徴を用いた残留農薬判別

高野 友裕; 石澤 広明; 月岡 万樹夫; 山田 久也; 中川 久美子; 田中 伸明
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

21
32

湛水土壌におけるナガボノウルシの他感作用の可能性

プレマスティラ チャウム; ズングソンティポーン シリポーン
1996-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

34
35

沖積土壌におけるアスパラガスの連作障害に対するアレロパシーの関与

元木 悟; 西原 英治; 北澤 裕明; 平舘 俊太郎; 篠原 温
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

37

水田由来の農薬の河川底生節足動物に対する影響

高村 健二; 野原 精一; 狩谷 貞二; 岡崎 美穂子; 伊藤 絹子
1991-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

38

水田におけるBHCの残留に関する研究

飯塚 宏栄; 金沢 純; 宮原 和夫
1972-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

43
54

大会講演要旨

日本農芸化学会誌;  Vol. 66 (1992) No. 3  pp.601-603

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

55

多摩地域産農産物中の残留農薬実態調査

天川 映子; 山田 洋子; 青柳 陽子; 都田 路子; 粕谷 陽子; 永山 敏廣
2009-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

56

多摩地域産農産物中の残留農薬実態調査

天川 映子; 山田 洋子; 青柳 陽子; 都田 路子; 粕谷 陽子; 永山 敏廣
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

58

国際部会 その2

雑草研究;  Vol. 32 (1987) No. Suppl  pp.19-28

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

59

喜界島における不妊虫放飼法によるウリミバエ根絶事業

西岡 稔彦; 田中 章; 上和田 秀美; 中村 孝久
1984-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

60
63

加熱および水漬中の塩蔵クラゲのレオロジー的性質

木村 廣美; 斎藤 隆英; 水野 治夫; 小川 廣男; 望月 義範; 陶山 好夫; 磯 直道
1991-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

67

ラットのコレステロール代謝に及ぼす小麦フスマの影響

佐々木 康人; 玉井 洋介; 林 洋一; 窪田 正二郎; 藤尾 高志; 小笠原 武雄; 江頭 祐嘉合; 真田 宏夫; 綾野 雄幸
1991-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

68

ヤギ精巣におけるリラキシン関連因子の局在と性成熟に伴う発現パターン

斯琴; 小谷 麻衣; 青島 拓也; 中井 真理; 渕上 麻衣; 小田中 由貴; 菅原 靖志; 与語 圭一郎; 名倉 義夫; 濱野 光市; 藤田 優; 佐々田 比呂志; 高坂 哲也
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

69

マンネンタケ(霊芝)の水溶性多糖類の分画,構造,抗腫瘍活性について

水野 卓; 加藤 尚美; 戸塚 篤史; 竹中 一秀; 新海 健吉; 清水 雅子
1984-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

70

マメ科植物の生長と根粒形成におよぼすNaClの影響

ウォンワッタナ チャレムチャイ; ナナコン マリー; スラワタナノン スィーソム; 小林 勝一郎
1998-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

71

マメ科およびカヤツリグサ科雑草のメタノール抽出物による植物生育阻害活性

プレマスティラ チャウム; ズングソンティポーン シリポーン
1998-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

78

ハマチの成長ホルモン(GH)の単離と特性

川添 一郎; 野宗 豊彦; 栗山 伸一; 赤坂 明伸; 川内 浩司
1988-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

81

タイ・パクチョン地区のトウモロコシ畑土壌中におけるアトラジンの残留

山田 忠男; Prateep KRASAESINDHU; Chanya MANEECHOTE; Khempetch CHAIYAMART
1987-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

84

ゴルフ場模擬グリーンにおける地下排水にともなう農薬の流出とその経年変化

酒井 隆; 石塚 千司; 島津 是之; 大城 和文; 内山 武夫; 廣田 秀憲
1994-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

85

コウシュンシバによる他感作用の可能性

ラオシンワッタナ チャムルーン; 竹内 安智; 米山 弘一; 小笠原 勝; 近内 誠登
1997-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

86

ケラによるヤマトイモの被害と防止対策

松浦 博一; 織田 秀晴; 石崎 久次
1985-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

88

クルマエビに対する有機リン殺虫剤毒性低減のためのpiperonyl butoxideの実際的応用

小林 邦男; 汪 陽; 木村 繁夫; Rizald Max Rompas; 今田 信良; 大嶋 雄治
1993-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

91

クチクラコラーゲンの物理化学的性質

水野 治夫; 恩田 宣彦; 斎藤 隆英; 磯 直道; 小川 廣男
1979-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

93

カルパインと病態

反町 洋之; 川畑 順子
2003-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

94

カルパインと病態

反町 洋之; 川畑 順子
2003-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

95

カイコにおけるブタ成長ホルモン遺伝子の発現

川合 秀樹; 田村 俊樹; 加藤 幸雄; 鮎沢 千尋; 前田 進; 下郡 洋一郎
1992-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

97

イワシクジラ骨格筋ミオグロビンの生化学的および熱力学的性状

落合 芳博; 渡辺 良明; 内田 直行; 小澤 秀夫; 渡部 終五
2010-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

98

イワシクジラ骨格筋ミオグロビンの生化学的および熱力学的性状

落合 芳博; 渡辺 良明; 内田 直行; 小澤 秀夫; 渡部 終五
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

105

“Weed Research”第15巻4〜6号の内容紹介

古谷 勝司; 芝山 秀次郎; 千坂 英雄
1976-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

109

Study on Consumer Behavior for Meat Consumption in Japan (Tokyo, Osaka)

Seiichi KOIZUMI; Shinichi KOBAYASHI; In-Jen PAN; Shinichi TAKAKU; Matsuyuki NISHINO; Minoru NAGANO
2000-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

110

Physicochemical Property of Transglutaminase Crosslinked Pig Collagen Gel

Yoshihiro NOMURA; Shinzi TOKI; Yasuhiro ISHII; Kunio SHIRAI
2001-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

120

Contribution à la compréhension des effets des systèmes de culture sur l'infection des cultures de blé tendre d'hiver par la fusariose et la contamination des grains par les mycotoxines associées

Champeil, Agnès/A.

Le travail présenté s'inscrit dans une double préoccupation de protection intégrée des cultures et de sécurité sanitaire. L'objectif est d'étudier comment les pratiques culturales dans les champs de blé influent sur le développement de la fusariose de l'épi et la production de mycotoxines fusarienne...

DRIVER (Japanese)