Sample records for agglutination
from WorldWideScience.org

Sample records 1 - 20 shown. Select sample records:



2
10

運動様式および運動後の水分補給が血液流動性に与える影響

須永 美歌子; 石川 慎太郎; 松田 貴子; 樫尾 明彦; 佐藤 孝雄; 久光 正; 石野 徳子
2008-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

12

輸血用血液製剤のATLA-抗体スクリーニング後のHTLV-I感染について

上平 憲; 中嶋 茂宏; 深堀 由紀子; 村岡 なつ子; 市丸 道人; 親川 幸信; 森内 幸美; 朝長 万佐男; 木下 研一郎; 奥田 浩人; 金村 真智子; 大田 タキ子
1987-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

13

赤血球凝集反応を利用した猫用血液型判定試薬の臨床的有用性の評価

政田 早苗; 片岡 アユサ; 加藤 郁; 高島 一昭; 坂井 尚子; 山根 義久
2005-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

14

赤血球凝集反応を利用した猫用血液型判定試薬の臨床的有用性の評価

政田 早苗; 片岡 アユサ; 加藤 郁; 高島 一昭; 坂井 尚子; 山根 義久
2005-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

15

赤血球凝集反応を利用した犬用血液型(DEA1.1型)判定試薬の臨床的有用性の評価

政田 早苗; 片岡 アユサ; 加藤 郁; 高島 一昭; 坂井 尚子; 山根 義久
2004-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

16

赤血球凝集反応を利用した犬用血液型(DEA1.1型)判定試薬の臨床的有用性の評価

政田 早苗; 片岡 アユサ; 加藤 郁; 高島 一昭; 坂井 尚子; 山根 義久
2004-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

17

豚の新生児黄疸症に関する研究

姫野 健太郎; 長野 錬太郎; 茂木 一重; 阿部 恒夫; 細田 達雄
1969-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

18

豚の新生児黄疸症に関する研究

姫野 健太郎; 長野 錬太郎; 茂木 一重; 阿部 恒夫; 細田 達雄
1969-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

19

豚の新生児黄疸症に関する研究

姫野 健太郎; 長野 錬太郎; 森 淳; 茂木 一重; 阿部 恒夫; 細田 達雄
1968-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

21

血液型A1型で抗B抗体の欠損した1例について

篠原 紀美代; 渡邊 博文; 細井 英司; 斎藤 史郎; 苛原 稔; 山崎 淳; 青野 敏博
1990-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

23

藍藻Microcystis aeruginosaの血球凝集活性

渡辺 真利代; 小沢 幸枝; 大石 真之
1987-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

24

著明な寒冷凝集を示したEvans型自己免疫性溶血性貧血の一例

野津 立秋; 矢口 勇; 坂本 言方; 須沢 忍; 横山 新一郎; 鶴岡 延熹; 清水 盈行
1977-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

29

細菌由来の Chlamydomonas reinhardtii および Alexandrium catenella 接合阻害物質の精製と構造決定

澤山 茂樹; 左子 芳彦; 石田 祐三郎; 新村 浩一; 阿部 明; 広石 伸互
1991-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

30

紅藻オオシコロの赤血球凝集素の諸性質

塩見 一雄; 山中 英明; 菊池 武昭
1980-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

32

画像解析による乳房炎自動検知化に関する研究

古村 圭子; 今西 美幸; 柏村 文郎; 新出 陽三; 河端 真一; 林 正彦
1995-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

33

産婦人科臨床における深在性真菌症の管理

福永 次雄; 本山 覚; 千々和 真理; 濱名 伸也; 出口 雅士; 丸尾 猛
2003-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

35

海藻中の赤血球凝集素の検索

堀 貫治; 宮沢 啓輔; 伊藤 啓二
1981-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

36

沿岸甲殻類血リンパの自然細菌凝集活性

上田 龍太郎; 杉田 治男; 出口 吉昭
1991-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

37

水からの Vibrio anguillarum の検出

室賀 清邦; 飯田 正彦; 松本 浩幸; 中井 敏博
1986-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

39

最近分離した百日咳菌の血清型

関矢 加智子; 山田 光男; 高宮 篤; 中瀬 安清
1979-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

42

抗HTLV-I抗体と輸血

五十嵐 かおる; 若杉 和倫; 山根 伸吾; 佐々木 正明; 富永 和喜; 延藤 卓生; 東 仲宣; 松金 隆夫; 鈴木 満
1989-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

44
45

子宮頸部悪性腺腫の診断

上田 晴彦; 渡部 洋; 野崎 晃一; 中井 英勝; 星合 昊
2004-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

46

子宮頸部悪性腺腫4症例におけるHIK1083抗体についての検討

溝上 友美; 斎藤 淳子; 石野 陽代; 永田 文江; 生田 明子; 松尾 泉; 堀越 順彦; 安田 勝彦; 神崎 秀陽
2004-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

50

各種検査法における赤血球IgG性同種抗体の検出感度の検討

佐々木 正照; 山田 美加子; 金子 礼子; 古谷 大輔; 遠藤 輝夫; 小林 大介; 辻 直樹; 八木橋 厚仁; 渡辺 直樹
2003-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

55

凝集阻止反応によるメンヨウ唾液の分泌型および非分泌型の分布について

鈴木 正三; 渡辺 誠喜; 中村 和夫; 山田 孝友; 中島 あい; 鈴木 満江
1958-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

56

再発を繰り返したClostridium difficile関連下痢症の1例-分離菌株のPCRリボタイピングによる検討-

加藤 秀章; 西 祐二; 大山 展; 中村 誠; 泉田 さゆり; 橋本 政治; 加藤 はる
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

59
60

リンパ球と顆粒球抗原の相異性

曽和 正; 岡本 緩子; 大久保 滉; 能勢 義介; 辻 公美
1979-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

63

ミニエマルション重合によるタンパク質を担持した高分子ラテックス粒子の合成

水野 晃宏; 中山 卓哉; 谷口 竜王; 中平 隆幸; 澤井 時男; 坪田 博幸
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

64

ポリエチレングリコール間接抗グロブリン試験 (PEG-IAT) における高グロブリン血症による血球凝集 false negative 現象

渡部 和也; 竹内 千華子; 横田 睦子; 山口 富子; 安田 広康; 大戸 斉; 吉田 詠子; 青木 義政
2002-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

65

ホルマリン処理菌を用いたスライド凝集反応によるCampylobacter jejuniの血清群別法

斎藤 香彦; 高野 伊知郎; 高橋 正樹; 柳川 義勢; 伊藤 武; 工藤 泰雄; 大橋 誠
1987-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

70

ナミイソカイメンのレクチンの性状

神谷 久男; 村本 光二; 後藤 利奈
1990-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

73

ゼラチン粒子を用いたサイトメザロウイルス抗体測定法の確立

大矢 健一; 都築 陽子; 船戸 悦二; 鈴木 具子; 倉知 透; 村瀬 隆治; 水野 伸一; 山口 博; 長谷川 岩三; 森島 泰雄; 神谷 忠; 小久保 幸雄
1991-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

74

シロサケ卵のレクチンの性状

神谷 久男; 村本 光二; 後藤 利奈; 酒井 正博; 井田 斉
1990-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

75

カラム凝集法を用いた輸血検査における自動化の問題点

細川 美香; 大西 修司; 阿部 操; 岡前 文子; 山岡 学; 大谷 哲司; 松崎 龍典; 寺岡 敦子; 岸本 裕司; 福原 資郎
2001-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

76

カラム凝集法によるABO血液型うら試験弱反応検体の解析

日高 陽子; 川田 典子; 奥田 誠; 加藤 禎; 栗林 智子; 小山 信彌; 小原 明
2005-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

85

アユ病魚より分離されたnon-cholera vibrio

室賀 清邦; 高橋 誓; 山野井 英夫; 西淵 光昭
1979-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

86

アメーバ性肝膿瘍の1例

中村 賢二郎; 藤堂 省; 許斐 康煕
1985-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

87
89

von Willebrand病合併妊娠の一例

中空 達樹; 鈴川 宗弘; 川崎 泰史; 富永 貴元; 篠原 健次; 中島 優子; 佐世 正勝
2010-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

90

von Willebrand病合併妊娠の一例

中空 達樹; 鈴川 宗弘; 川崎 泰史; 富永 貴元; 篠原 健次; 中島 優子; 佐世 正勝
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

92

Treponema Pallidum Particle Agglutination (TPPA) 法を用いた献血者梅毒スクリーニングの自動化に関する評価検討

佐藤 進一郎; 岸本 信一; 葛間 一裕; 前田 良一; 加藤 俊明; 池田 久實; 関口 定美
1996-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

99

Pseudomonas anguillisepticaの血清学的性状

中井 敏博; 室賀 清邦; 若林 久嗣
1981-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

100

Prewarm technique はRh系抗体の検出率を低下させる

遠藤 輝夫; 佐々木 正照; 古谷 大輔; 辻 直樹; 小林 大介; 八木橋 厚仁; 渡辺 直樹
2005-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

101

Preparation of Monoclonal Antibody Specific for Incompatible Antibodies Causing Equine Neonatal Isoerythrolysis

Michinari YOKOHAMA; Tamiaki KONDO; Tomohiro AKASHIMA; Tamotsu TERADA; Yasuo OHWA; Takashi AMANO
1999-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

103

Molecular studies on streptococcal surface proteins

Waldemarsson, Johan

Streptococcus agalactiae and Streptococcus pyogenes are two related human pathogens causing different diseases. This thesis focuses on a number of surface proteins expressed by S. agalactiae and S. pyogenes and, more specifically, the molecular and biological characterization of these proteins. The...

DRIVER (Japanese)

109

Anti-Fyb found in a healthy male blood donor

Masaharu KAWASE; Isao HARA; Norio MOCHIZUKI
1977-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

110

Agglutination of Japanese encephalitis virus with concanavalin A.

Yoshinaka, Y; Shiomi, T

Results of experiments have indicated that reduction in biological activities at high concentrations of Japanese encephalitis virus is caused by aggregates of the virus by concanavalin A. The possibility exists that the concanavalin A binding site is different from hemagglutination and antireceptor ...

DRIVER (Japanese)

113

A Family with Three Examples of the Para-Bombay Ah Phenotype

Masaharu KAWASE; Isao HARA; Norio MOCHIZUKI; Yasuto OKUBO
1978-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

114

A DOUBLY LYSOGENIC STRAIN OF S. TYPHI MURIUM

MASANAKA TERADA; TAKEHIRO TOMII; KÖSEI KUROSAKA
1956-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

115

A Case of Polyagglutinability T Found in Child with Purulent Meningitis

Masaharu Kawase; Kayoko Ohsaki; Miyako Kita; Norio Mochizuki; Isao Hara
1980-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

116

7種海藻凝集素の諸性質

堀 貫治; 宮沢 啓輔; 伊藤 啓二
1986-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)