Sample records for aged
from WorldWideScience.org

Sample records 1 - 20 shown. Select sample records:



1

高齢者 (80歳以上) の腰椎変性疾患に対する手術成績

岡田 誠司; 芝 啓一郎; 植田 尊善; 大田 秀樹; 森 英治; 加治 浩三; 弓削 至; 竹光 義治
2002-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

2

High-risk癌から考える「高齢者」甲状腺癌の定義

山田 弘之; 宮村 朋孝; 福家 智仁; 富岡 利文
2007-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

3

High-risk癌から考える「高齢者」甲状腺癌の定義

山田 弘之; 宮村 朋孝; 福家 智仁; 富岡 利文
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

4

90年生ヒノキ人工林における枝・葉現存量の推定

杉元 貴信; *石井 弘明; 千葉 幸弘; 金澤 洋一
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

6

高齢者頸動脈狭窄症に対する頸動脈ステント留置術

野中 雅; 飯星 智史; 秋山 幸功; 原口 浩一; 宝金 清博
2008-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

7

高齢者重症くも膜下出血症例に対する急性期手術の限界

上之郷 眞木雄; 江崎 泰之; 堀江 信貴; 北川 直毅; 永田 泉
2006-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

8

高齢者重症くも膜下出血症例に対する急性期手術の限界

上之郷 眞木雄; 江崎 泰之; 堀江 信貴; 北川 直毅; 永田 泉
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

9

高齢者重症くも膜下出血の急性期治療

小林 繁樹; 古口 徳雄; 大石 博通; 和田 政則; 宮田 昭宏; 中村 弘; 八木下 敏志行
2006-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

10

高齢者重症くも膜下出血の急性期治療

小林 繁樹; 古口 徳雄; 大石 博通; 和田 政則; 宮田 昭宏; 中村 弘; 八木下 敏志行
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

11

高齢者腰椎多数回手術例からみた固定・非固定の検討

細川 智司; 成尾 政圀; 小柳 英一; 浦門 操; 日比野 直仁
2000-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

12

高齢者腰椎多数回手術例からみた固定・非固定の検討

細川 智司; 成尾 政圀; 小柳 英一; 浦門 操; 日比野 直仁
2000-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

13

高齢者破裂脳動脈瘤患者の間欠的髄液ドレナージ法の試み

古野 優一; 西村 真実; 上山 浩永; 斉藤 敦志; 西嶌 美知春
2008-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

14

高齢者破裂脳動脈瘤患者の間欠的髄液ドレナージ法の試み

古野 優一; 西村 真実; 上山 浩永; 斉藤 敦志; 西嶌 美知春
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

15

高齢者感染性脊椎炎に対するLuque SSIの検討

原田 良昭; 弓手 康正; 竹内 一裕; 千田 益生; 井上 一
1999-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

16

高齢者感染性脊椎炎に対するLuque SSIの検討

原田 良昭; 弓手 康正; 竹内 一裕; 千田 益生; 井上 一
1999-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

17

高齢者大腿骨頚部骨折の手術治療成績の年齢別比較

寺井 智也; 辺見 達彦; 兼松 義二; 藤井 幸治; 三代 卓哉
2000-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

18

高齢者大腿骨頚部骨折の手術治療成績の年齢別比較

寺井 智也; 辺見 達彦; 兼松 義二; 藤井 幸治; 三代 卓哉
2000-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

19

高齢者大腿骨頚部骨折におけるCRPの変化の検討

甲山 篤; 井上 喜久男; 夏目 徹; 酒井 義人; 筒井 求
2000-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

20

高齢者大腿骨頚部骨折におけるCRPの変化の検討

甲山 篤; 井上 喜久男; 夏目 徹; 酒井 義人; 筒井 求
2000-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

23

高齢者の頚椎脊髄症手術例の検討

上山 高尚; 大月 健二; 瀧田 寿彦; 山本 慎一; 中島 匡敏
1999-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

24

高齢者の頚椎脊髄症手術例の検討

上山 高尚; 大月 健二; 瀧田 寿彦; 山本 慎一; 中島 匡敏
1999-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

25

高齢者の視覚特性実験

山羽 和夫; 永田 雅典
2002-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

30

高齢者の大腿骨遠位部骨折に対するintramedullary supracondylar nailの使用経験

藤田 郁夫; 鍋島 祐次; 真鍋 道彦; 安井 慎二; 藤井 英夫
1999-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

31

高齢者の大腿骨遠位部骨折に対するintramedullary supracondylar nailの使用経験

藤田 郁夫; 鍋島 祐次; 真鍋 道彦; 安井 慎二; 藤井 英夫
1999-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

34

高齢者にみられた急性出血性直腸潰瘍の5例

明嵜 太一; 山口 彰則; 西川 真一郎; 嘉瀬 正仁; 中井 真通; 門脇 誠三
2003-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

35

高齢者における環軸椎不安定性を伴う頚椎症性脊髄症について

川井 康嗣; 田村 治郎; 石川 裕志; 岡本 健; 松田 康孝
2007-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

39

高齢ブナのさし木増殖

渡邉 次郎; *小澤 創; 宮本 尚子; 高橋 誠
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

41

高経年化したグローブボックス用ゴムパッキンの物性評価

海野 良典; 吉元 勝起; 須藤 勝夫; 藤咲 栄; 瀬谷 勝則
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

42

高純度Cu-Ti-Al合金における電気伝導性と強度

土井 晴樹; 鈴木 茂; 三村 耕司; 一色 実; 早稲田 嘉夫
2004-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

47

非定型的なリウマチ性多発筋痛症の治療経験

玉田 利徳; 坂手 行義; 近光 宣彦
2000-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

50

長伐期施業における高齢級間伐に関する研究

山田 容三; 山内 美菜子; 宇野 暁紀; 近藤 稔
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

52

重症痴呆症を伴った超高齢者の大腿骨頚部骨折患者の退院後の歩行能力について

井上 喜久男; 紫藤 徹郎; 矢部 裕一朗; 小原 徹哉; 酒井 義人
1999-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

53

都市部男性勤務者の32年間の身体所見の推移

北村 明彦; 木山 昌彦; 岡田 武夫; 前田 健次; 井戸 正利; 中村 正和; 嶋本 喬; 飯田 稔; 石川 善紀
2010-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

54

都市部男性勤務者の32年間の身体所見の推移

北村 明彦; 木山 昌彦; 岡田 武夫; 前田 健次; 井戸 正利; 中村 正和; 嶋本 喬; 飯田 稔; 石川 善紀
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

57

過剰にマグネシウムを含むAl-Mg-Si合金の析出過程

松田 健二; 吉田 朋夫; 和田 智美; 吉田 愛; 上谷 保裕; 里 達雄; 神尾 彰彦; 池野 進
1998-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

59

超高齢者(90歳以上)の大腿骨頚部骨折の予後

木下 恵祐; 櫻井 敦志; 澤村 悟; 岡田 純典; 庄 智矢
2000-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

60

超高齢者(90歳以上)の大腿骨頚部骨折の予後

木下 恵祐; 櫻井 敦志; 澤村 悟; 岡田 純典; 庄 智矢
2000-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

61
62

超高齢者(90歳以上)の大腿骨近位部骨折手術例の検討

前田 啓志; 大森 治; 土井 良一; 吉田 和也
2000-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

63

超高齢者(80歳以上)の頚髄症手術

永野 昭仁; 宮本 敬; 細江 英夫; 和田 栄二; 清水 克時
2000-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

64

超高齢者(80歳以上)の頚髄症手術

永野 昭仁; 宮本 敬; 細江 英夫; 和田 栄二; 清水 克時
2000-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

65

超高齢者大腿骨頚部骨折の手術治療成績

寺井 智也; 辺見 達彦; 兼松 義二; 藤井 幸治; 日浅 匡彦
2000-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

66

超高齢者大腿骨頚部骨折の手術治療成績

寺井 智也; 辺見 達彦; 兼松 義二; 藤井 幸治; 日浅 匡彦
2000-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

69

超高齢者大腿骨近位部骨折の治療成績と問題点

市村 和徳; 石井 佐宏; 浦山 茂樹; 藤田 雄介
1999-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

70

超高齢者大腿骨近位部骨折の治療成績と問題点

市村 和徳; 石井 佐宏; 浦山 茂樹; 藤田 雄介
1999-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

71

超高齢者の転移性脊椎腫瘍に対する手術治療

坂口 康道; 野澤 聡; 宮本 敬; 細江 英夫; 清水 克時
2000-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

72

超高齢者の転移性脊椎腫瘍に対する手術治療

坂口 康道; 野澤 聡; 宮本 敬; 細江 英夫; 清水 克時
2000-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

75

超高齢者の大腿骨頚部骨折の検討

南部 政治; 長山 隆一; 島崎 朗; 鍋田 正晴
2000-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

76

超高齢者の大腿骨頚部骨折の検討

南部 政治; 長山 隆一; 島崎 朗; 鍋田 正晴
2000-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

79

超高齢者の大腿骨頚部骨折

松倉 登; 安本 雅一; 田中 康志; 長雄 好昭; 浜西 千秋
1999-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

80

超高齢者の大腿骨頚部骨折

松倉 登; 安本 雅一; 田中 康志; 長雄 好昭; 浜西 千秋
1999-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

81

超高齢者の大腿骨頚部·転子部骨折の予後について

西村 彰代; 今井 亮; 藤田 信彦; 南 銀次郎
1999-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

82

超高齢者に対するTKA

相木 一秀; 林 正岳; 勝尾 信一; 清水 明; 檜木 茂
2000-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

83

超高齢者に対するTKA

相木 一秀; 林 正岳; 勝尾 信一; 清水 明; 檜木 茂
2000-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

87

茨城県の高齢級人工林の林分構造と成長状況

太田 敬之; 鈴木 和次郎; 池田 伸; 竹沢 和亮
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

89

脊椎固定用低弾性率 β 型 Ti-29Nb-13Ta-4.6Zr 合金製インプラントロッドの機械的性質

成田 健吾; 新家 光雄; 仲井 正昭; 赤堀 俊和; 織部 一弥; 田村 貴志; 小塚 慎治; 佐藤 静磨
2008-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

90

脊椎固定用低弾性率 β 型 Ti-29Nb-13Ta-4.6Zr 合金製インプラントロッドの機械的性質

成田 健吾; 新家 光雄; 仲井 正昭; 赤堀 俊和; 織部 一弥; 田村 貴志; 小塚 慎治; 佐藤 静磨
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

95

第4世代Ni基DS超合金の組織と強度におよぼす熱処理の影響

小林 敏治; 小泉 裕; 横川 忠晴; 大沢 真人; 原田 広史
2004-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

96

第13回日本心臓血管外科学会学術総会プログラム V

日本心臓血管外科学会雑誌;  Vol. 13 (1984) No. 5  pp.371-376

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

98

短時間2段階高周波熱処理によるTi-6Al-4V合金の高強度化

森田 辰郎; 三阪 佳孝; 川嵜 一博; 飯塚 高志
2004-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

100

生体用Ti-29Nb-13Ta-4.6Zr合金の力学的特性に及ぼす時効処理の影響

赤堀 俊和; 新家 光雄; 野田 篤史; 戸田 裕之; 福井 壽男; 小川 道治
2006-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

101

生体用Ti-29Nb-13Ta-4.6Zr合金の力学的特性に及ぼす時効処理の影響

赤堀 俊和; 新家 光雄; 野田 篤史; 戸田 裕之; 福井 壽男; 小川 道治
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

104
105

生体活性化リン酸カルシウム結晶化ガラスコーティングした生体用Ti-29Nb-13Ta-4.6Zr合金の時効処理と力学的特性

赤堀 俊和; 新家 光雄; 小柳 禎彦; 春日 敏宏; 戸田 裕之; 福井 壽男; 小川 道治
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

107

熟成食酢にOH基プロトンのNMRスペクトル

堀家 静子; 大熊 広一; 玉井 広一; 赤星 亮一
1982-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

109

毛髪のガラス転移に伴うエンタルピー緩和と水の作用

繊維学会誌,     Vol. 64 (2008)     No. 10      pp.289-296
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

110

死後経過した魚肉アクトミオシンの超沈澱

鈴木 たね子; OLCOTT H.S.
1967-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

112
113

樹種の異なる高齢級人工林の林分構造と施業履歴

鈴木 和次郎; 須崎 智生; 平野 辰典; 和佐 英仁; 池田 伸
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

122
124

択伐は稚幼樹の成長量と生残率を向上させるか?

宮 久史; 吉田 俊也; 野口 麻穂子; 安田 哲; 中村 太士
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

126

当院における90歳以上の大腿骨頚部骨折に対する治療成績

荒木 正史; 山岡 伸行; 金沢 あつ子; 下村 年胤; 笠次 良爾
1999-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

127

当院における90歳以上の大腿骨頚部骨折に対する治療成績

荒木 正史; 山岡 伸行; 金沢 あつ子; 下村 年胤; 笠次 良爾
1999-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

128

当科における高齢発症RAの検討

松原 康秀; 厚井 薫; 岩田 康男; 立石 博臣; 圓尾 宗司
1999-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

129
132

岩井市におけるお薬手帳活用状況と医師によるお薬手帳の有用性評価

山浦 克典; 増田 道雄; 元橋  克; 倉持 欽也; 石塚 とみ子; 染谷 敏文; 菅沼 康次; 元橋  元
2003-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

133

岩井市におけるお薬手帳活用状況と医師によるお薬手帳の有用性評価

山浦 克典; 増田 道雄; 元橋  克; 倉持 欽也; 石塚 とみ子; 染谷 敏文; 菅沼 康次; 元橋  元
2003-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

135

尿の酸性ムコ多糖ならびに総結合ヘキソースと加齢ならびに耐糖能との関係

井沢 和弘; 金沢 武道; 渋谷 耕司; 泉山 伸; 村岡 裕子; 盛 英機; 早津 正文; 小野寺 庚午; 目時 弘文; 松井 哲郎
1980-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

136

大腿骨頚部骨折予後不良例の検討

根本 泰寛; 小谷野 誠司; 坂本 篤彦; 横山 美欧花
2000-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

137

大腿骨頚部骨折予後不良例の検討

根本 泰寛; 小谷野 誠司; 坂本 篤彦; 横山 美欧花
2000-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

138

大腿骨近位部骨折に対する髄内固定法

前原 孝; 藤原 紘郎; 井上 周; 寺元 秀文; 土居 克三
2000-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

139
145

古糊様多糖の調製と機能性

大倉 隆則; 西本 友之; 坂本 くらら; 茶圓 博人; 福田 恵温; 早川 典子; 岡 泰央
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

146

古材の強度特性 (第3報)

平嶋 義彦; 杉原 未奈; 佐々木 康寿; 安藤 幸世; 山崎 真理子
2005-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

150

全身麻酔は高齢者虚血性脳血管障害既往の脳に影響するか

小久保 安昭; 嘉山 孝正; 近藤 礼; 黄木 正登; 高岡 誠司
2008-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

151

全身麻酔は高齢者虚血性脳血管障害既往の脳に影響するか

小久保 安昭; 嘉山 孝正; 近藤 礼; 黄木 正登; 高岡 誠司
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

153

全文PDF

山内 寿美
2002-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

154

二輪車冷鍛排気バルブ用Fe基超合金の開発

植田 茂紀; 野田 俊治; 岡部 道生; 石田 正雄; 桶谷 裕之
1999-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

155

二段時効したAl-1.6%Mg2Si/合金の析出組織の高分解能透過型電顕観察

松田 健二; 吉田 朋夫; 蒲田 裕志; 藤井 要; 上谷 保裕; 里 達雄; 神尾 彰彦; 池野 進
1998-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

156

主成分分析を用いた高齢者と若年者の下肢機能の評価手法の開発

野本 洋平; 山下 和彦; 大矢 哲也; 小山 裕徳; 川澄 正史
2010-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

164

スギ人工林の成立に伴う生葉・リター・土壌有機物層の質的・量的変化

福島 慶太郎; 尾谷 香奈; 舘野 隆之輔; 嶋村 鉄也; 徳地 直子
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

165

シリコンを過剰に含むAl-Mg-Si合金の二段時効における析出挙動

松田 健二; 川畑 常眞; 直井 勉; 上谷 保裕; 蓮覚寺 聖一; 里 達雄; 神尾 彰彦; 池野 進
1998-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

170

Ti-8 mass%Mo合金におけるα"マルテンサイト組織の時効に伴う相変態

万谷 義和; 竹元 嘉利; 飛田 守孝; 榊原 精; 田島 守
2005-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

171

The Kallikrein-Related Peptidases hK2 and PSA with Emphasis on Genetic Variation, Secretion, and Sperm Motility

Sävblom, Charlotta

Prostate-specific antigen (PSA) and human glandular kallikrein 2 (hK2) are secreted by the prostate into seminal plasma and through leakage into blood. This leakage increases rapidly in prostate disease, and PSA is used worldwide as a marker of prostate cancer. PSA is activated in vitro by hK2, and ...

DRIVER (Japanese)

173

Surfactant protein B gene variations and susceptibility to lung cancer in chromate workers.

Ewis, Ashraf A.; Kondo, Kazuya; Dang, Fuquan; Nakahori, Yutaka; Shinohara, Yasuo; Ishikawa, Mitsuru; Baba, Yoshinobu

Biomarkers of exposure & early effects: field studiesBiomarker:SP genesExposure/effect represented:chromiumStudy design:case-control studyStudy size:230 japanese individualsAnalytical technique:nested PCR, microchip electroforesis technologyTissue/biological material/sample size:31 lung caner sample...

DRIVER (Japanese)

174

Study on a welfare robotic-type exoskeleton system for aged people's transportation.

Gras, Michael; Saito, Yukio; Tanaka, Kengo; Chaillet, Nicolas

In recent years, the rate of aged people is continuously increasing in Japan: in ten years, around 30% of the Japanese population will be aged more than 65 years old. These people often need some help from caretakers, and this causes a problem for the caretakers: it takes a very big burden for caret...

DRIVER (Japanese)

175

School eye-testing

Macfarlane, Alan

A rountine eye test in a Japanese school in Tokyo. About one third of these school children, aged about eleven, are short-sighted (myopic). This is a far higher rate than in most western societies.

DRIVER (Japanese)

176

Relation between use of health check ups starting in middle age and demand for inpatient care by elderly people in Japan.

Takatorige, T; Tatara, K; Suzuki, M; Shinsho, F; Nakanishi, N; Kuroda, K

OBJECTIVE--To find out whether there is any correlation between the use of general health check ups (provided for by the Health Services for the Elderly Act 1982) by insured Japanese residents aged 40 or older and demand by the elderly for inpatient care. DESIGN--A questionnaire was posted in 1988 t...

DRIVER (Japanese)

177

Prevalence of age related maculopathy in a representative Japanese population: the Hisayama study

Tahara, Y.; Oshima, Y.; Murata, T.; Ishibashi, T.; Kiyohara, Y.; Kubota, T.

AIM—To determine the prevalence of age related maculopathy (ARM) in a representative older Japanese population. METHODS—1486 residents of Hisayama town, Fukuoka, Japan, aged 50 years or older were examined and the presence of ARM was determined by grading from fundus examination by indirect ophthalm...

DRIVER (Japanese)

178

PXBマウスにおけるドナー年齢別薬物代謝酵素発現量比較

大下 浩樹; 柳 愛美; 石田 雄二; 立野 知世
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

179

Oral health status in relation to stimulated saliva buffering capacity among Japanese adults above or below 35 years of age

Kitasako, Y; Ikeda, M; Burrow, MF; Tagami, J

Objectives: To evaluate dental caries and periodontal pocketing in relation to saliva buffering capacity among two groups of Japanese adults aged above 35 years old (A35) or 35 years old and below (B35). Methods: After measuring the initial pH of saliva, samples were titrated with 0.1N HCl to evalua...

DRIVER (Japanese)

180

Observations on the bony bridging of the jugular foramen in man.

Dodo, Y

The anatomical nature and pattern of incidence of bony bridging of the jugular foramen was investigated using 64 fetal crania aged nine months to term and 222 adult crania of Japanese. In addition, the region of the jugular foramen of an adult cadaver was carefully dissected in order to clarify the ...

DRIVER (Japanese)

182

Modèle de croissance pour les plantations de mélèzes. Growth model for larch in pure and even-aged stands.

Pauwels, D.; Lejeune, Philippe; Rondeux, Jacques

Un modèle de croissance en grosseur (circonférence) de type arbre indépendant des distances a été construit pour les peuplements purs et équiennes de mélèze (Larix sp.) croissant en Région wallonne. Ce modèle s’appuie sur un échantillon de 2578 mélèzes (mélèzes du Japon, d’Europe et hybride) issus d...

DRIVER (Japanese)

183

Modes of transmission and evidence for viral latency from studies of human T-cell lymphotrophic virus type I in Japanese migrant populations in Hawaii.

Ho, G Y; Blattner, W A; Clark, J W; Nomura, A; Nakao, Y; Gallo, R; Robert-Guroff, M

Human T-cell lymphotrophic virus type I (HTLV-I) seroprevalence was 20% among Hawaiian Japanese migrants (issei) and their offspring (nisei) from Okinawa compared to 35% in similarly aged men who were lifetime residents of Okinawa. A control group of migrants from a nonendemic area of Japan, Niigata...

DRIVER (Japanese)

184

Human Exposure to Persistent Perfluorinated Compounds

Andrew B. Lindstrom; Mark J. Strynar; Shoji F. Nakayama; Amy D. Delinsky; Larry McMillian
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

185

Epiblepharon with inverted eyelashes in Japanese children. I. Incidence and symptoms.

Noda, S; Setogawa, T; Hayasaka, S

Epiblepharon commonly occurs in Japanese infants and tends to disappear spontaneously with age. We examined 4449 Japanese children aged 3 months to 18 years for epiblepharon associated with inverted eyelashes touching the cornea. The condition was evident in 441 cases. We found that the incidence of...

DRIVER (Japanese)

186

Effekte des If-Kanal-Inhibitors Ivabradin auf humanes atriales Myokard im Vergleich zum β-Blocker Metoprolol

Leder, Marc-Christian

Der Zusammenhang zwischen einer erhöhten Herzfrequenz (HF) und kardialer Morbiditäten und Mortalität ist belegt. Durch die Entwicklung der If-Inhibitoren ergibt sich eine Möglichkeit, zur direkten Einflußnahme auf die HF. Mit Ivabradin (Iva) ist seit 2005 der erste Vertreter dieser Substanzklasse au...

DRIVER (Japanese)

187

Distribution of the prostatic lobes and origin of the benign prostatic hyperplasia

Yasunori Hiraoka; Tsaw Tung Lin; Seiichi Hirasawa; Masao Akimoto
1986-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

190

Bone turnover markers and prediction of bone loss in elderly women

Lenora, Janaka

Around 70,000 osteoporosis-related fractures occur in Sweden annually and approximately half of the women in western world will sustain a fragility fracture after the age of 50 years. Fracture preventive efforts require the identification of individuals who are at high risk. Biochemical markers of b...

DRIVER (Japanese)

193

Al-Zn-Mg-Cu 合金単結晶の硬さと応力-ひずみ曲線

三浦 精; 御牧 拓郎; 森脇 新二; 小野 長門
2010-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

194

Al-Zn-Mg-Cu 合金単結晶の硬さと応力-ひずみ曲線

三浦 精; 御牧 拓郎; 森脇 新二; 小野 長門
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

198

Al-4%Ge 合金の時効組織と疲労亀裂との関係

中川 惠友; 金谷 輝人; 長岡 紀幸; 榊原 精; 伊藤 吾朗
2006-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

199

Al-4%Ge 合金の時効組織と疲労亀裂との関係

中川 惠友; 金谷 輝人; 長岡 紀幸; 榊原 精; 伊藤 吾朗
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

201

85歳以上の患者に対する人工膝関節全置換術の検討

伊賀 誠; 村上 弘; 谷口 充; 衣笠 真紀; 津村 卓哉; 松下 睦
2010-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

203
204

80歳以上高齢者大腸癌の治療

磯部 秀樹; 高須 直樹; 水谷 雅臣; 木村 理
2007-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

205

80歳以上高齢者大腸癌の治療

磯部 秀樹; 高須 直樹; 水谷 雅臣; 木村 理
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

206

80歳以上の高齢者破裂脳動脈瘤の治療

村上 謙介; 鈴木 保宏; 富田 隆浩; 高橋 昇; 西嶌 美知春
2006-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

207

80歳以上の高齢者破裂脳動脈瘤の治療

村上 謙介; 鈴木 保宏; 富田 隆浩; 高橋 昇; 西嶌 美知春
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

208

80歳以上の高齢者に対する脊椎手術の問題点の検討

加藤 勇司; 赤木 繁夫; 笹井 邦彦; 斎藤 貴徳; 小川 亮惠
2000-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

209

80歳以上の高齢者に対する脊椎手術の問題点の検討

加藤 勇司; 赤木 繁夫; 笹井 邦彦; 斎藤 貴徳; 小川 亮惠
2000-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

210

80歳以上の頚椎症性脊髄症に対する手術成績

永島 英樹; 山根 弘次; 西畑 貴子; 楠城 誉朗; 豊島 良太
2007-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

213

2000年小児末期腎不全調査

服部 新三郎; 吉岡 加寿夫; 本田 雅敬; 伊藤 拓
2001-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)