Sample records for affinity
from WorldWideScience.org

Sample records 1 - 20 shown. Select sample records:



6

魚類免疫グロブリンのProtein Aに対する親和性

鈴木 譲; 田中 雅人; 会田 勝美; 羽生 功
1990-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

7
8

高分子材料の静電ポテンシャル分布とトラップ深さの関係

早瀬 悠二; 田原 麻衣; 高田 達雄; 田中 康寛; 吉田 真史
2009-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

13

金電極上に固定された荷電ペプチドの電気化学的な検出

和田 宏之; 上山 博幸; 脇 道典; 竹中 繁織; 高木 誠
2002-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

16

酸化物材料表面への抗菌性界面活性剤の吸着と吸着層の粘弾性

根津 尚史; 佐々木 かおり; 齋藤 設雄; 平 雅之
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

18

表面酸化させたジルカロイの放射線誘起表面活性現象

仮屋崎 誠; 阿部 弘亨; 佐谷野 顕生; 鹿野 文寿; 片野 吉男; 鬼塚 貴志; 関村 直人
2007-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

22

薄膜干渉とQCMを利用した高分子-低分子間の親和性評価

松下 翔太; 松浦 好信; 富永 亮二郎; 田中 正剛; 木下 隆利; 仲井 和之; 義元 得治
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

25

胆汁うっ滞におけるHDL代謝Heparin-Sepharose affinity chromatographyによる検討

清島 満; 小木 曽和夫; 白木 硬; 青木 泰然; 藤岡 均; 吉田 洋; 山田 昌夫; 安藤 喬; 武藤 泰敏; 高橋 善弥太
1981-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

26

肝細胞癌および肝硬変患者の血清γ-Glutamyl transpeptidase (γ-GTP)のBoronate affinity chromatographyによる検討

山元 哲雄; 安室 芳樹; 松田 良信; 下村 壮治; 中岡 尋子; 波田 寿一; 東野 一彌
1988-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

28

肝不全時の脳内神経伝達物質レセプターに対するベンゾジアゼピン投与の影響

高木 昌一; 森脇 久隆; 中村 俊之; 斎藤 公志郎; 橋本 修; 武藤 泰敏
1991-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

30

統合プロテオミクスによる細胞内シグナル伝達解析

長野 光司; 新川 高志; 矢吹 奈美; 猪股 則行; 渡辺 祥規; 長橋 茂久; 石井 暢也; 青木 裕子; 原村 昌幸
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

31

細菌類の活性炭に対する親和性および生物活性炭による基質の除去特性

金 周永; 稲森 悠平; 杉浦 則夫; 高木 博夫; 須藤 隆一
1993-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

33

糖鎖結合性ペプチドとB16細胞との相互作用の解析

山下 美季; 野殿 英恵; 松原 輝彦; 佐藤 智典
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

34

糖認識機能解明のための分子プローブの合成

西山 和沙; 草柳 友恵; 松本 勇記; 高草木 洋一; 倉持 幸司; 菅原 二三男; 坂口 謙吾; 高橋 秀依; 夏苅 英昭; 小林 進
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

41

環境水のエストロゲン様活性と内分泌攪乱化学物質との関連性

中室 克彦; 上野 仁; 奥野 智史; 坂崎 文俊; 川井 仁; 亀井 孝幸; 鵜川 昌弘
2002-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

51

正常ラット腎臓糸球体に局在するチロシンリン酸化タンパク質のTop-down proteome解析

張 瑩; *吉田 豊; 許 波; 行田 正晃; 矢尾板 永信; 藤中 英彦; 山本 格
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

52

標的タンパク質を特異的に蛍光検出する新規タグ−プローブシステムの開発

堤 浩; 大橋 南; 田中 智博; 田部 泰章; 阿部 清一朗; 簑 友明; *玉村 啓和b
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

57

新規オキサビシクロ骨格を有する誘導体の合成

永田 優一; 渡邊 晃生; 藤井 秀明; 長瀬 博
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

61

新製品・新技術セミナー要旨

日本農芸化学会誌;  Vol. 71 (1997) No. sup  pp.503-509

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

62

新奇コイ血漿フィブロネクチンの精製と性質

内田 直行; 渡辺 正治; 垣内 麻由美; 安斎 寛; 西出 英一
1992-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

64

抗体医薬品およびFcドメイン融合タンパク質医薬品とFc受容体FcRnの相互作用特性解析

鈴木 琢雄; 石井 明子; 小林 哲; 豊田 淑江; 多田 稔; 川西 徹; 山口 照英
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

65

抗インスリン抗体陽性で反応性低血糖を合併した1例

森 博子; 岡田 洋右; 西田 啓子; 廣瀬 暁子; 新生 忠司; 森田 恵美子; 田中 良哉
2007-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

66

抗インスリン抗体陽性で反応性低血糖を合併した1例

森 博子; 岡田 洋右; 西田 啓子; 廣瀬 暁子; 新生 忠司; 森田 恵美子; 田中 良哉
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

67

抗2−メチルイソボルネオールモノクローナル抗体の作製とその性質

宮本 敬久; 倉光 洋一郎; 田中 良春; 川田 志加子; 大戸 時喜雄; 波多野 昌二
1997-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

68

慢性腎不全血清中のアルブミン結合物質の分析

馬渕 非砂夫; 丸山 圭史; 垣内 孟; 青木 正; 中橋 弥光
1991-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

75
82

光で制御するリポソーム輸送システム

佐々木 善浩; 丸尾 耕平; 山崎 奈穂; 菊池 純一
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

84
86

今日の話題

化学と生物;  Vol. 12 (1974) No. 1  pp.30-35

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

95

ラット肝Glutathione S-transferase class μのステロイド結合性について

本間 久登; 斉藤 忠範; 平田 康二; 石垣 聖史; 渡辺 直樹; 高後 裕; 新津 洋司郎
1990-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

102

ポリスチレン側鎖のエポキシ基間の開環反応によるゲルとそのキセロゲルのフォーム構造

山中  健太郎; 長井 圭治; 根本 修克; 野村 香織; 下山 智徳; 中井 光男; 乗松 孝好
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

105

ペプチド移植を起点とした材料界面特異的抗体のボトムアップ的作製

梅津 光央; 服部 峰充; 中西 猛; 浅野 竜太郎; 熊谷 泉
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

108

プレビタミンD3の構造修飾と生物活性

片山 智之; 齋藤 望; 高木 健一郎; 千田 貴之; 原田 善史; 滑川 淳一; 齋藤 博; 竹之内 一弥; 石塚 誠一; 澤田 大介; 橘高 敦史
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

110

ファージディスプレイ法によるポリスチレン結合ペプチドの探索

テチャワニットチャイ プラパトソン; 松野  寿生; *芹澤 武
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

112

ヒト肝型アルドラーゼの新しい精製法

浅香 正博; 長瀬 清; 斉藤 雅雄; 高橋 建二; 宮崎 保; 白石 忠雄
1980-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

114

バセドウ病と重症筋無力症の合併例に発症したインスリン自己免疫症候群の1例

今枝 憲郎; 山田 一博; 木村 了介; 一柳 亞季; 藤岡 はるか; 龍華 史江; 水野 達央; 遠山 竜也; 山下 啓子; 岡山 直司; 神谷 吉宣; 城 卓志
2009-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

116

ノンセコストロイド型VDRリガンドのデノボ設計

出水 庸介; 金子 文也; 岩井 すみれ; 高橋 健男; 佐藤 由紀子; 落合 鋭士; 堀江 恭平; 角田 真二; 上村 みどり; 奥田 晴宏; 栗原 正明
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

117

ネズミゴチ体表粘液中のレクチンの精製および性状

塩見 一雄; 植松 英夫; 伊藤 洋; 山中 英明; 菊池 武昭
1990-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

120

ニジマスにおける血漿フィブロネクチンの存在について

内田 直行; 山田 征幸; 山本 晃平; 安斎 寛; 西出 英一
1992-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

124

タンパク質と反応性高分子からなる複合ゲルの構造制御とその応用

田中 裕之; 白谷 俊史; 花崎 美奈子; 五十島 健史; 竹内 久雄; 川口 春馬
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

125

タンパク質−化合物相互作用解析とリン酸化酵素−基質解析

青島 健; 小田 吉哉; 三浦 雄治; 高橋 真澄; 高瀬 保孝; 大和 隆志; 川端 麻紗子; 片山 博之; 田畑 剛; 黒光 淳郎
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

126

タコの鰓心臓によるコバルト-60の特異的な蓄積

中原 元和; 小柳 卓; 上田 泰司; 清水 千秋
1979-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

129

ジピロメタン誘導体の合成とアニオン認識

秋山 晴信; 太田 公規; 遠藤 泰之
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

131

シロサケ卵のレクチンの性状

神谷 久男; 村本 光二; 後藤 利奈; 酒井 正博; 井田 斉
1990-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

134

サケ2種ヘモグロビンの比較研究-IV

橋本 周久; 山口 雄三; 松浦 文雄
1960-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

137

コイG-アクチンの重合におよぼすCa2+の効果

磯 直道; 水野 治夫; 斎藤 隆英; 大関 文照; 藤沼 一信; 小宮 孝俊
1981-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

139

エチルリンカーを導入した チオグアノシン誘導体の合成と機能評価

西岡 尊真; 鬼塚 和光; 谷口  陽祐; 佐々木  茂貴
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

142

ウナギ肝臓のグルタミン酸脱水素酵素の精製とその性質

林 征一; 伊勢 国弘; 板倉 隆夫; 大城 善太郎
1982-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

146

アフィニティ精製用担体としての高分子微粒子

畠山 士; 西尾 広介; 中村 光裕; 坂本 聡; 関口 健司; 羽生 尚広; 加部 泰明; 和田 忠士; 半田 宏
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

147

アフィニティ精製用担体としての高分子微粒子

畠山 士; 西尾 広介; 中村 光裕; 坂本 聡; 加部 泰明; 和田 忠士; 半田 宏
2007-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

148

アフィニティ精製用担体としての高分子微粒子

畠山 士; 西尾 広介; 中村 光裕; 坂本 聡; 加部 泰明; 和田 忠士; 半田 宏
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

149

アフィニティークロマト法によるラクトース縮合酵素の特異的精製

亀島 祐美子; 尾形 慎; 村田 健臣; 平竹 潤; 碓氷 泰市
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

155

αリポ酸が誘因と推察されたインスリン自己免疫症候群の1例

中島 千鶴; 橋口 裕; 福留 美千代; 池田 優子; 中崎 満浩; 鄭 忠和
2007-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

158

Symposium 5-2 “Artificial Oxygen Carriers”

Jan S. Simoni; Akira T. Kawaguchi; Juan Carilos Briceno; Shoji Fukushima; Kouji Kano; Saburo Neya; Kunihiko Nakai; Akito Nakagawa; Hiromi Sakai; Shinichi Kaneda
2007-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

165

Pseudo-Type Acetylcholinesterase from Insecticide-Resistant Culex tritaeniorhynchus

渡辺 譲; 竹部 幸子; 金 東鉉; 小橋 恭一; 荒川 良; 上村 清
1989-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

166

Preparation of Monoclonal Antibody Specific for Incompatible Antibodies Causing Equine Neonatal Isoerythrolysis

Michinari YOKOHAMA; Tamiaki KONDO; Tomohiro AKASHIMA; Tamotsu TERADA; Yasuo OHWA; Takashi AMANO
1999-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

169

PERFORMANCE OF THE PREDICTORä FLUORESCENCE POLARIZATION ASSAY: A TOOL FOR HIGH-THROUGHPUT SCREENING OF HERG CHANNEL AFFINITY

金井 拓哉; Magnuson Jennifer; Doucette Chris; Lasky David; Buscher Ben; Hess Stephen D.; Marks Bryan D.; Piper David R.
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

170

Organotins are potent inducers of vertebrate adipogenesis: the case for obesogens

Blumberg Bruce; Iguchi Taisen; Watanabe Hajime; Kanno Jun; Gruen Felix
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

171

Oncostatin M特異受容体を介するヒト子宮内膜脱落膜化調節機構の存在

中島 聡子; 田中 哲二; 阪本 知子; 増田 真希; 常 玲; 王 春蓮; 水野 久仁子; 深山 雅人; 荻田 幸雄; 梅咲 直彦
2001-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

175

Molecular studies on streptococcal surface proteins

Waldemarsson, Johan

Streptococcus agalactiae and Streptococcus pyogenes are two related human pathogens causing different diseases. This thesis focuses on a number of surface proteins expressed by S. agalactiae and S. pyogenes and, more specifically, the molecular and biological characterization of these proteins. The...

DRIVER (Japanese)

176

Modification of Soybean Protein with Diisocyanates and Some Properties of the Modified Protein

Seung-Roung Lee; Koji Miyajaki; Kenji Hisada; Isao Tabata and Teruo Hori
2003-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

177

Microcystis aeruginosa由来凝集阻害誘因タンパク質の同定

石藤 慎吾; 佐藤 有一; 今江 泰貴; 高荒 智子; 佐野 大輔; 真砂 佳史; 大村 達夫
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

178

Mg-C 複合材料の創製とその水素吸蔵特性

本城 貴充; 信木 関; 千葉 雅史; 久慈 俊郎
2007-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

179

Mg-C 系合金の創製とその水素親和性

本城 貴充; 信木 関; 久慈 俊郎
2008-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

180

MRI傾斜磁場発生用多並列ブリッジ電流増幅器とディジタル最適制御設計法

渡辺 修治; 高野 博司; 福田 博也; 平木 英治; 中岡 睦雄
2003-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

184

Hemoglobin Yoshizuka (G10(108)β asparagine→aspartic acid): a new variant with a reduced oxygen affinity from a Japanese family

Hanada, Motosuke; Imamura, Takashi; Ohta, Yoshiro; Fujita, Shigeru; Yanase, Toshiyuki

During the course of a survey, a new hemoglobin, designated hemoglobin Yoshizuka, has been encountered in a Japanese family. Clinically, mild anemia was noted in five of six heterozygous individuals but no other significant abnormalities were found. Hemoglobin Yoshizuka is characterized by the subst...

DRIVER (Japanese)

185

Hemoglobin Hiroshima (β143 histidine → aspartic acid): a newly identified fast moving beta chain variant associated with increased oxygen affinity and compensatory erythremia

Shibata, Susumu; Hamilton, Howard B.; Miyaji, Takaoki; Iuchi, Iwao

During a survey for hemoglobinopathies in over 9000 residents of Hiroshima Prefecture, Japan, a fast moving hemoglobin was identified in eight members of three generations in a Japanese family. The abnormal hemoglobin, named Hb Hiroshima, constitutes about 50% of the total hemoglobin in hemolysates ...

DRIVER (Japanese)

194

CEAに特異的なヒト単鎖抗体scFv45とIL-2融合タンパク質の作製とその性状解析

芝口 浩智; 廣瀬 由美子; 黒木 求; バドラン アデル; 鉢峰 顕; 衣笠 哲史; 黒木 政秀
2005-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

195

C5F8の気相イオン分子反応

高尾 清利; 樋泉 光紀; 藤田 和雄; 石田 雅弓; 市川 敏康; 岡田 博; 平岡 賢三; 山辺 信一
2004-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

196

C-Si結合開裂に伴うD化反応

大山 亮; 武田  大典; 山田 省三
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

199

Adsorption of an Antibacterial Protein onto Dental Material-Related Surfaces Investigated by QCM Method

根津 尚史; 佐々木 かおり; 齋藤 設雄; 平 雅之; 荒木 吉馬
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)