Sample records for adenosine monophosphate
from WorldWideScience.org

Sample records 1 - 20 shown. Select sample records:



5
6

高安病にかんする研究(第X報)高安病患者における血漿cyclicAMPおよびcAMP phosphodiesteraseについて

沼野 藤夫; 高地 恭二; 有田 匡孝; 玉置 肇; 沼野 藤江; 前沢 秀憲; 島本 多喜雄
1976-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

7

養殖イサキの死後変化に及ぼす刺殺条件と保存温度の影響

岡本 昭; 濱田 友貴; 三浦 勝貴; 野中 健; 桑原 浩一; 大迫 一史; 三嶋 敏雄; 橘 勝康
2006-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

8

養殖イサキの死後変化に及ぼす刺殺条件と保存温度の影響

岡本 昭; 濱田 友貴; 三浦 勝貴; 野中 健; 桑原 浩一; 大迫 一史; 三嶋 敏雄; 橘 勝康
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

9

食物アレルゲンタンパク質の近赤外蛍光標識プローブによる検出

森山 達哉; 光山 英由; 矢野 えりか; 大羽 美香; 橘田 和美; 川本 伸一; 穐山 浩; 宇理須 厚雄; 高橋 浩司; 羽鹿 牧太; 小川 正; 河村 幸雄
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

12

鉛作業者血球に蓄積するピリミジンヌクレオチド

坂井 公; 竹内 幸子; 池谷 由美子; 荒木 高明; 牛尾 耕一
1989-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

19

血合肉のエキス成分組成

小畠 渥; 積山 昇司; 山本 康之
1985-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

20

藻類の燐代謝に関する研究-II

大山 重信; 小林 邦男; 富山 哲夫
1968-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

21

藻類の燐代謝に関する研究-I

大山 重信; 小林 邦男; 富山 哲夫
1968-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

26

腸炎ビブリオphosphoenolpyruvate

井内 史郎; 木村 右; 田中 修二
1981-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

30

脳血管障害急性期における血漿cyclic nucleotide濃度臨床的意義について

黒川 義澄; 原田 雅之; 杉野 正一; 竹中 正純; 福田 市蔵
1989-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

31
32

脳血管障害における血小板cyclic nucleotides値の検討

片山 泰朗; 南澤 宏明; 目々澤 肇; 永積 惇; 赫 彰郎
1986-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

33

脳保護薬の開発状況

廣内 雅明; 鵜飼 洋司郎
2002-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

34

肝胆道疾患における血漿cyclic GMP値の変動とその臨床的意義

加納 隆; 河合 秀子; 小島 孝雄; 武藤 泰敏; 高橋 善弥太
1981-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

36

肝疾患におけるグルカゴン負荷試験の臨床的意義

前久保 博士; 松嶋 喬; 長瀬 清; 小林 紀夫; 大屋 隆介; 白井 修; 柏木 道彦; 大谷 宣人; 平井 堅博; 武田 茂; 田村 康史; 上畠 泰; 洞田 克己; 武田 良一; 小林 正伸; 小山 稔; 吉田 義一; 山崎 康夫; 斉藤 永仁; 吉田 純一; 白石 忠雄; 岡田 文彦
1979-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

37

肝UDP-glucuronyl transferase活性におよぼすグルカゴンの効果

竹崎 英一; 竹本 学; 盛生 宏一; 中西 敏夫; 吉川 正哉; 松浦 寿二郎; 折免 滋雄; 川本 広夫; 川上 広育; 梶山 梧郎
1982-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

47

淡水底泥におけるDNA, RNAおよび核酸分解活性の分布

田畑 真佐子; 渡辺 昇; 今川 直美; 鈴木 静夫
1991-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

50

水産動物肉に関する研究-XXXVIII

遠藤 金次; 藤田 真夫; 清水 亘
1963-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

56
60

心筋保護:最近の話題

坂梨 又郎; 市原 和夫; 吉田 啓之; 久保田 徹; 富永 隆治; 野口 克彦; 小畑 俊男
2003-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

63

尿路性器悪性腫瘍患者における cyclic nucleotide の測定意義について

片岡 喜代徳; 永井 信夫; 松浦 健; 郡 健二郎; 秋山 隆弘; 八竹 直; 栗田 孝
1983-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

64

学習·記憶と薬物依存

野田 幸裕; 鍋島 俊隆
2002-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

66

天然または化学調味料を活用したねり製品の品質

高野 隆司; 平 和香子; 阿部 宏喜; 里見 正隆; 小善 圭一; 舩津 保浩
2007-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

67

天然または化学調味料を活用したねり製品の品質

高野 隆司; 平 和香子; 阿部 宏喜; 里見 正隆; 小善 圭一; 舩津 保浩
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

72

副甲状腺疾患における尿中および血中cyclic nucleotides

中川 ひふみ; 富田 明夫; 小長谷 陽子; 内川 厚司; 満間 照典; 今川 卓一郎
1978-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

73

副甲状腺々腫摘除前後の生化学的変化

北村 唯一; 大谷 幹伸; 上野 精; 新島 端夫
1981-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

78

不全心における収縮障害の細胞内メカニズム

草刈 洋一郎; 平野 周太; 本郷 賢一; 中山 博之; 大津 欣也; 栗原 敏
2004-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

81

下垂体前葉に於ける濾胞星細胞の役割

曽爾 彊; 馬淵 良雄; 和田 郁雄; 堀内 修; 佐久間 英輔; 白澤 信行
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

83

ラットにおける四塩化炭素惹起慢性肝障害に対するdibutyryl adenosine 3',5'-monophOsphateの抑制作用

石井 公道; 新井 重紀; 苅部 ひとみ; 藤田 芳邦; 柴田 久雄; 岡部 治弥; 佐々木 憲一; 奥平 雅彦
1987-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

85

モルヒネ依存およびその退薬症候の発現機序

野田 幸裕; 間宮 隆吉; 鍋島 俊隆
2001-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

90

ブリ若魚の味応答

日高 磐夫; 大杉 正; 山本 良文
1985-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

91

フルクトース負荷ラットの体脂肪蓄積に対する防風通聖散の作用

森元 康夫; 阪田 美智子; 大野 晶子; 前河 智子; 田島 滋
2001-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

92

ヒガンフグの味応答-III

日高 磐夫; 清原 貞夫; 小田 新治
1977-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

93

ヒガンフグの味応答-II

清原 貞夫; 日高 磐夫; 田村 保
1975-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

94
95
96
97

スッポンの熱水抽出液中の含窒素成分

須山 三千三; 平野 敏行; 鈴木 健
1988-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

101

グルカゴン負荷試験の臨床的意義?肝予備能判定のパラメーターとして?

松田 彰史; 国本 雅也; 原田 元; 安藤 啓次郎; 宮崎 正子; 坪田 若子; 沼 義則; 森本 哲雄; 福本 陽平; 児玉 隆浩; 沖田 極; 竹本 忠良
1980-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

104

カニ類の呈味成分に関する研究-II

林 哲仁; 山口 勝巳; 鴻巣 章二
1978-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

105

カサゴに対する摂餌促進物質の同定

高岡 治; 滝井 健二; 中村 元二; 熊井 英水; 竹田 正彦
1990-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

107

イオン交換クロマトグラフィーによるヌクレオチドの迅速分析法

清水 照夫; 宇田 文昭; 松宮 弘幸; 宮内 圭治; 鴈野 重威
1969-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

109

アワシ水煮缶詰の品質鑑定

田口 武; 渡部 伸夫; 田中 宗彦; 鈴木 康策; 齋藤 朝治; 大内 正治
1980-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

110

アミノヌクレオシッドによる実験的腎傷害にたいするAdenine, ATPおよびFADの効果

木下 康民; 笹川 力; 山田 彰夫; 横山 芳郎; 高橋 実; 堀川 隆助; 平沢 由平; 渡部 義一; 福地 勝郎; 香曽我部 謙志; 大沢 源吾; 木戸 千元; 三上 朝芳; 高橋 剛一; 鈴木 省吾; 小島 健一; 森田 俊; 一之瀬 正彦; 伊東 義一; 宮川 隆; 荒川 正昭; 中島 滋
1962-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

111

アデノシン三リン酸の刺激伝導系に対する作用と発作性上室性頻拍への応用

菊嶋 修示; 小林 洋一; 蔵野 康造; 矢澤 卓; 馬場 隆男; 向井 英之
1991-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

115

TIMP-1およびTIMP-2は破骨細胞形成を促進する

祖父江 尊範; 大口 雅代; 田中 繁寿; 小出 雅則; 石原 裕一; 山下 京子; 早川 祐久; 早川 太郎; 野口 俊英
2005-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

116

NO作動性神経と勃起障害

安屋敷 和秀; 戸田 昇; 岡村 富夫
2002-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

121

Effekte des If-Kanal-Inhibitors Ivabradin auf humanes atriales Myokard im Vergleich zum β-Blocker Metoprolol

Leder, Marc-Christian

Der Zusammenhang zwischen einer erhöhten Herzfrequenz (HF) und kardialer Morbiditäten und Mortalität ist belegt. Durch die Entwicklung der If-Inhibitoren ergibt sich eine Möglichkeit, zur direkten Einflußnahme auf die HF. Mit Ivabradin (Iva) ist seit 2005 der erste Vertreter dieser Substanzklasse au...

DRIVER (Japanese)

122

Dibutyryl Cyclic AMP の内分泌代謝系に及ぼす影響

信太 賢治; 小堀 正雄; 根岸 秀; 細山田 明義
1992-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

124

D-galactosamine障害肝ラットにおよぼすグルカゴンとdibutyryl cyclic AMPの影響

竹崎 英一; 松尾 行雄; 末盛 彰一; 池本 吉博; 渡辺 恭行; 吉川 正哉; 中山 茂; 中西 敏夫; 川上 広育; 梶山 梧朗
1986-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

131

6.心疾患を有する高血圧

赤澤 宏; 小室 一成
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

133