Sample records for actinomycin
from WorldWideScience.org

Sample records 1 - 20 shown. Select sample records:



1

集学的治療により寛解に至った脳, 肺転移を有する絨毛癌の1例

石河 顕子; 廣瀬 雅哉; 和久田 晃司; 山出 一郎; 高倉 賢二; 野田 洋; 大橋 経昭; 中澤 拓也; 手塚 則明; 井上 修平
1997-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

2

鉛によるラット肝亜鉛メタロチオネインの誘導

有薗 幸司; 伊藤 俊彦; 山口 正広; 有吉 敏彦
1982-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

3

酸性actinomycin類縁物質B-1625 FA3βのactinomycin X2への変換

藤本 幸; 立山 智子; 松永 孝一; 城戸 裕; 上田 勝; 梶本 哲也; 矢原 正治; 野原 稔弘; 柴田 元雄
1991-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

7

膀胱癌細胞株 (T24) を用いた制癌剤スクリーニング試験とその臨床応用

加藤 哲郎; 熊谷 郁太郎; 三浦 邦夫; 根本 良介; 西本 正
1978-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

8

腹腔内に発生したEwing肉腫Ewing's sarcoma/末梢性未分化神経外胚葉性腫瘍peripheral primitive neuroectodermal tumor(ES/pPNET)の1例

高橋 広喜; 千田 信之; 木村 憲治; 山尾 陽子; 塩塚 かおり; 立之 英明; 泡渕 賢; 阿子島 裕倫; 杉村 美華子; 野口 謙治; 田辺 暢一; 岩渕 正広; 真野 浩; 田所 慶一; 鈴木 博義
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

9

腫瘍マーカーを指標とした睾丸腫瘍 (Stage I, II) の治療について

守殿 貞夫; 荒川 創一; 濱見 学; 梅津 敬一; 藤井 昭男; 石神 襄次
1983-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

10

腎細胞癌の肺転移

増田 富士男; 町田 豊平; 木戸 晃; 田代 和也
1979-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

11

腎平滑筋肉腫の2例

陳 瑞昌; 町田 豊平; 増田 富士男; 三木 誠; 佐々木 忠正; 上田 正山; 谷野 誠; 小路 良; 赤阪 雄一郎
1978-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

12

腎原発未分化神経外胚葉性腫瘍の1例

上野 陽子; 石川 雅邦; 鶴田 崇; 和食 正久
2008-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

14

肝UDP-glucuronyl transferase活性におよぼすグルカゴンの効果

竹崎 英一; 竹本 学; 盛生 宏一; 中西 敏夫; 吉川 正哉; 松浦 寿二郎; 折免 滋雄; 川本 広夫; 川上 広育; 梶山 梧郎
1982-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

15
17

第3回総会講演要旨2

肝臓;  Vol. 8 (1967) No. supplement1  pp.2-5

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

18

第14回日本ウイルス学会総会記録-1

ウイルス;  Vol. 16 (1966) No. 6  pp.229-249

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

19

第12回日本ウイルス学会総会記録-6

ウイルス;  Vol. 14 (1964) No. 5-6  pp.300-325

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

20

睾丸腫瘍患者の治療後の睾丸機能に関する研究

古畑 哲彦; 小川 勝明; 穂坂 正彦; 菅原 敏道
1985-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

22

生体時計

桑原 万寿太郎
1967-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

25

潜在性睾丸腫瘍の1例

井口 正典; 金子 茂男; 郡 健二郎; 南 光二; 門脇 照雄; 秋山 隆弘; 八竹 直; 栗田 孝
1978-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

26

溶血プラーク形成細胞産生に及ぼす諸種制癌剤の影響

岡崎 満; 戸田 真佐子; 森 扶美代; 大久保 幸枝; 大野 豊; 小松 信彦
1985-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

28

海外留学者講演 (1)

小島 直彦; 本田 光芳; 岡崎 太郎; 吉野 芳夫
1966-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

30

昭和45・46年度上条奨学賞受賞論文発表

鶴岡 延熹; 山口 仁; 中谷 一泰; 嶋田 英治; 荒木 日出之助; 吉江 正己; 宮坂 貞
1972-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

34

放射状菌に関する研究

東出 栄治; 柴田 元雄
1965-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

40

悪性腫瘍に対する化学療法治療後の妊娠・出産について

笠原 勝幸; 笠井 宗一郎; 岩崎 廉平; 琴浦 良彦; 中村 孝志
2001-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

41

悪性腫瘍に対する化学療法治療後の妊娠・出産について

笠原 勝幸; 笠井 宗一郎; 岩崎 廉平; 琴浦 良彦; 中村 孝志
2001-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

42

当院における進行性セミノーマに対する化学療法の治療成績

小松原 秀一; 糸井 俊之; 渡辺 学; 北村 康男; 小池 輝明
2000-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

43

当院において子宮動脈塞栓術(UAE)で子宮温存しえた産科的出血症例

藤田 一郎; 芦谷 尚子; 小林 秋雄; 三村 文利; 山崎 愉子
2006-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

44

当院において子宮動脈塞栓術(UAE)で子宮温存しえた産科的出血症例

藤田 一郎; 芦谷 尚子; 小林 秋雄; 三村 文利; 山崎 愉子
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

45

当院での骨Ewing肉腫の治療成績

相良 学爾; 松下 廉; 神山 文明; 大塚 隆信
2006-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

46

当院での骨Ewing肉腫の治療成績

相良 学爾; 松下 廉; 神山 文明; 大塚 隆信
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

47

当科における絨毛性疾患の臨床的検討

神田 宏治; 熊谷 広治; 植木 健; 猪木 千春; 植田 政嗣; 植木 實
2001-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

48

当科における絨毛性疾患の臨床的検討

神田 宏治; 熊谷 広治; 植木 健; 猪木 千春; 植田 政嗣; 植木 實
2001-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

49

小児下部尿路性器横紋筋肉腫の5例

北村 唯一; 柿澤 至恕; 大田黒 和生; 秋山 洋; 田口 信行; 小出 亮; 清水 興一
1978-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

50

小児の下顎骨中心性線維肉腫の1例

藤岡 真左子; 管野 貴浩; 助川 信太郎; 古木 良彦
2010-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

51

小児の下顎骨中心性線維肉腫の1例

藤岡 真左子; 管野 貴浩; 助川 信太郎; 古木 良彦
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

52

家族性Denys-Drash症候群に発症しAngiotensin II Receptor Blockerが奏効している巣状糸球体硬化症の1女児例

熊谷 直憲; 菅原 典子; 西野 美奈子; 西尾 利之; 森本 哲司; 根東 義明; 土屋 滋
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

53

家兎骨髄細胞の核酸, 蛋白合成

安達 浩行; 鶴岡 延熹; 鈴木 和郎; 日野 研一郎; 清水 盈行
1980-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

54

実験的緑色腫の分子生物学的研究

鶴岡 延熹; 中川 克宣; 安達 浩行
1970-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

58

多発性骨転移を伴った乳房外Paget病の1例

遠藤 由紀子; 松村 隆史; 榎本 詩子; 前島 精治; 酒谷 省子; 草壁 秀成; 清金 公裕
1999-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

59

外国文献

肺癌;  Vol. 16 (1976) No. 4  pp.363-366

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

60

原発性膀胱肉腫の3例と本邦報告例の検討

小林 峰生; 小林 収; 鈴木 靖夫; 村瀬 達良; 三宅 弘治; 三矢 英輔; 中島 伸夫; 越川 卓
1983-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

61

原発性肝細胞癌における内因性腫瘍壊死因子(TNF)誘導の検討

福田 善弘; 瀬古 修二; 永牟田 雅弘; 国立 裕之; 長谷 寛二; 境 祐二; 平岩 望; 姫野 泰雄; 内田 温士; 井村 裕夫
1989-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

63
66

凍結臍帯血中のCD34陽性細胞測定法

塩谷 美夏; 長村(井上) 登紀子; 須郷 美智子; 崔 硯; 高橋 敦子; 平井 雅子; 高橋 恒夫
2004-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

69

下大静脈腫瘍塞栓を伴った腎明細胞肉腫

大竹 伸明; 塩野 昭彦; 岡部 和彦; 竹澤 豊; 山中 英寿; 小林 幹男; 清水 俊寛; 佐藤 仁
1995-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

72

リポソーム封入による制癌剤の効果増強に関する基礎的研究

橘 政昭; 出口 修宏; 萩原 正通; 実川 正道; 畠 亮; 田崎 寛
1983-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

73

マウス遅延型皮膚反応に及ぼすSchizophyllanと諸種制癌剤の影響

天野 真; 小松 安彦; 岡崎 満; 岡崎 智子; 三浦 春夫; 大久保 幸枝
1981-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

75
80

ブナシメジ(Hypsizigus marmoreus)から分離されたテルペンの腫瘍成長抑制作用

水谷 滋利; 河合 高志; 榎 竜嗣; 佐川 裕章; 嶋中 一夫; 酒井 武; 加藤 郁之進
2006-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

81

ブナシメジ(Hypsizigus marmoreus)から分離されたテルペンの腫瘍成長抑制作用

水谷 滋利; 河合 高志; 榎 竜嗣; 佐川 裕章; 嶋中 一夫; 酒井 武; 加藤 郁之進
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

84

ヒト脱落膜プロラクチン分泌に及ぼすCortisolの影響

板垣 智昭; 千葉 博; 斉藤 裕; 矢内原 巧; 丸山 正義
1990-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

86

パラレルシンポジウム16

肝臓;  Vol. 41 (2000) No. supl1  pp.A105-A109

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

96

アレルギー性炎症における好酸球の役割

石原 研治; Hong JangJa; Zee OkPyo; 大内 和雄
2005-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

101

Sarcoma 180に対するanthramycin誘導体と諸種制癌剤との併用効果

小松 信彦; 木村 賀津子; 阿部 志津子; 鍵谷 昌男
1984-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

102

Sarcoma 180に対するSchizophyllanと制癌剤の併用作用

天野 洋; 木村 賀津子; 阿部 志津子; 天野 真
1980-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

104

Paclitaxelにより誘発されたradiation recall現象の一例

栗原 絹枝; 西村 哲夫; 全田 貞幹; 大田 洋二郎; 秦 浩信
2007-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

105

Paclitaxelにより誘発されたradiation recall現象の一例

栗原 絹枝; 西村 哲夫; 全田 貞幹; 大田 洋二郎; 秦 浩信
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

107

Morphine持続注入による急性耐性について

金戸 洋; 下村 恭一; 亀井 千晃; 中西 均
1970-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

110

Gonadotropin 過剰分泌を示した睾丸腫瘍の1例

福谷 恵子; 岩動 孝一郎; 木下 健二
1974-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

116

Alteromonas luteoviolaceaの色素・抗生物質生産と各種影響要因

Susan A. McCARTHY; Roy M. JOHNSON; 柿本 大壱; 坂田 泰造
1985-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

118

9-Methylstreptimidone の抗植物ウイルス性

下村 徹; 大橋 祐子; 石田 名香雄
1980-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

119

1,2-ジメチルヒドラジン投与マウスにおける大腸腺腫発症に与える食餌性ナガイモの効果

木下 幹朗; 柚木 恵太; 得字 圭彦; 川原 美香; 大庭 潔; 弘中 和憲; 大西 正男
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)