Sample records for acids organic
from WorldWideScience.org

Sample records 1 - 20 shown. Select sample records:



1

鯨肉エキスの化学的組成と濃縮による変化

須山 三千三; 丸山 美智恵; 竹内 清一
1970-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

3

高温高圧水中におけるグリシンの分解

佐藤 伸明; 大門 裕之; 藤江 幸一
2002-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

10

雲門湖水中の溶存有機物の特性

金 庸桓; 李 淳和; 今井 章雄; 松重 一夫
2003-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

11

隕石構成鉱物、水および窒素の衝突反応による有機分子の生成

古川 善博; 関根 利守; 大庭 雅寛; 掛川 武; 中沢 弘基
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

12

釧路湿原における河川水溶存フルボ酸のキャラクタリゼーション

永洞 真一郎; 三上 英敏; 石川 靖; 五十嵐 聖貴; 藤田 隆男; 村田 清康; 坂田 康一
2002-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

13

野菜および山菜中の有機酸

中村 秀子; 渡部 賢二; 水谷 純也
1975-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

15

迅速簡便な遺伝子検出を目指した機能性人工核酸5'-amino-BNA類の開発

小比賀 聡; 戸水 真治; 根来 佳憲; 細木 教世; 折田 文子; 尾崎 朋久; 今西 武
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

18
23

藍藻 Spirulina platensis の窒素利用に関する増殖特性

Susana F. Baldia; 西島 敏隆; 畑 幸彦; 深見 公雄
1991-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

27

脂質の加熱分解に及ぼす有機酸の調理特性

石田 祐樹; 畑 千嘉子; 高倉 裕; 垂水 彰二
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

28

緑藻類の増殖に対するパーフルオロカルボン酸およびパーフルオロスルホン酸の影響

金 一和; 劉 薇; 全 燮; 斎藤 憲光; 大網 一則; 佐藤 至; *津田 修治
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

29

絹の炭素化挙動

西川 午郎; 河原 豊; 塩谷 正俊; 木村 照夫
2004-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

30

紫黒米混合飯の色と物性に及ぼす有機酸の影響

岸本 律子; 長谷川 悦子; 中嶋 加代子
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

31
37

異なる溶媒を用いた流木木酢液燻臭成分の比較と変異原性

宮川 雄太; 徳江 千代子; 椎原 康史; 宮川 富三雄
2005-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

42

溶解性有機物組成による河川水の評価

立本 英機; 石橋 美幸; 滝本 千穂; 君島 克憲; 相川 正美; 徳永 修三; 安部 郁夫
1993-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

43
48

河川水中の溶存有機物分画データと流域特性の関係

天野 耕二; 松本 邦治; 今井 章雄; 松重 一夫
2004-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

49

水質浄化を指向したグアニジン型機能性触媒の開発:有機化学をベースとした環境問題への挑戦

須田 幸司; 伊藤 智也; 齊藤 憲子; 中西 和嘉; 熊本 卓哉; 石川 勉; 川幡 正俊; 山口 健太郎
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

60
61

梅干調味廃液の酵母発酵によるアミノ酸液肥の生産と利用

山脇 賢治; 谷口 真司; 高田 智史; 片山 清範; 田中 康弘; 中西 久夫; 山本 康夫; 平 知明; 矢野 勝也; 大門 弘幸
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

62
63

東広島における降水中有機酸の濃度,沈着量および発生源

三宅 隆之; 竹田 一彦; 藤原 祺多夫; 佐久川 弘
2000-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

71

新規な含ホウ素有機半導体材料の合成と物性

小島 崇寛; 西田 純一; 時任 静士; 山下 敬郎
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

72

底質中の有機物の分類方法に関する研究

松原 英隆; 上田 英弘; 木下 誠; 浦野 紘平
2002-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

73

底層水の無酸素化に伴う水質と底質の変化

前田 広人; 熊谷 道夫; 大西 行雄; 来田 秀雄; 河合 章
1987-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

74

希土類−有機酸錯体の微生物による分解

大貫 敏彦; 南川 卓也; 鈴木 義規
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

75

富栄養海域の堆積物中における有機酸

近藤 竜二; 来田 秀雄; 河合 章; 畑 幸彦
1990-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

77

多成分系有機合金における結晶相制御

後藤 佑太; 佐田 和己; 新海 征治
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

78

夏秋作ミニトマトにおける有機栽培と慣行栽培による品質の差違

村山 徹; 長谷川 浩; 宮沢 佳恵; 武田 容枝; 村山 秀樹
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

85

北部ハイブッシュブルーベリーの暖地栽培のための スノキ属野生種シャシャンボの台木としての可能性

國武 久登; 津田 浩利; 高木 良心; 大野 礼成; 黒木 義一; 吉岡 克則; 鹿毛 哲郎; 伊藤 俊明; 小松 春喜
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

89

八代海から単離した有害渦鞭毛藻 Cochlodinium polykrikoides の栄養塩利用特性と増殖動力学

金 大一; 松原 賢; 呉 碩津; 島崎 洋平; 大嶋 雄治; 本城 凡夫
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

94

乾のりの糖,有機酸および無機塩類

野田 宏行; 天野 秀臣; 堀口 吉重; 安保 康治
1981-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

97

不均一系触媒を用いた植物油のオゾン分解

國澤 香織里; 浦崎 浩平; 大津 裕美; 加藤 茂; 小島 紀徳; 里川 重夫
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

100

ミニカートリッジカラム法による水中の溶存有機物の捕捉と生分解性

福島 武彦; 今井 章雄; 松重 一夫; 相崎 守弘; 朴 済哲
1995-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

106
109

ヒガンフグの味応答-II

清原 貞夫; 日高 磐夫; 田村 保
1975-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

110

ヒガンフグの味応答

日高 磐夫; 清原 貞夫; 田畑 満生; 米沢 勝之
1975-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

111

パラジウム/白金アクア触媒を用いたアリールボロン酸のアレンへの位置選択的付加反応

吉田 昌裕; 松田 健之介; 庄司 康伸; 宍戸 宏造; 後藤 貴浩; 井原 正隆
2008-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

118

トリスイミダゾリン触媒を用いる 不斉ブロモラクトン化反応の開発

村井 健一; 松下 知世; 中村 光; 福島 俊輔; 志村 真人; 藤岡 弘道
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

122

スルホアルキル置換NHC触媒を用いたアリールアルデヒドの反応

吉田 昌裕; 寺井 渚; 片桐 由貴; 朱 文彬; 宍戸 宏造
2010-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

123

スピルリナの従属栄養培養におよぼす有機基質の影響

大平 勇一; 福地 渉; 島津 昌光; 小幡 英二
2009-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

127

シリカ—水—有機物相互作用

中嶋 悟; 伊藤 由紀; 塩田 大
2002-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

128

シリカ—水—有機物相互作用

中嶋 悟; 伊藤 由紀; 塩田 大
2002-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

132

サケいずしの熟成過程における化学成分と微生物相の変化

佐々木 政則; 川合 祐史; 吉水 守; 信濃 晴雄
2004-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

136

コリネ型細菌を用いた再生紙汚泥の有効利用に関する基礎的研究

高山 勝己; 吉村 忠与志; 乾  将行; 湯川 英明
2004-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

138
140

グルコースの高温高圧水場における安定性の調査

斉藤 崇; 川鍋 宏明; 吉野 優樹; 佐々木 満; 後藤 元信
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

144

クロアワビエキス成分の季節変化

渡辺 裕子; 山中 英明; 山川 紘
1992-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

145
150

カニ類の呈味成分に関する研究-III

林 哲仁; 浅川 明彦; 山口 勝巳; 鴻巣 章二
1979-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

153

ウナギ稚魚に対する摂餌促進物質の同定

竹田 正彦; 滝井 健二; 松井 啓二
1984-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

154

インジウムの特性を利用した化学変換反応

峯野 知子; 寒水 壽朗; 國枝 武久
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

157

イソゴカイのエキス成分

鴻単 章二; 陳 燕南; 橋本 芳郎
1966-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

162

のり赤腐れ病防御物質の分離と同定

野田 宏行; 天野 秀臣; 加納 哲; 太田 扶桑雄
1983-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

163

のり赤腐れ病防御物質としての不飽和脂肪酸の検出

野田 宏行; 天野 秀臣; 加納 哲; 太田 扶桑男
1983-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

164
166
168

Water soluble low molecular compounds in Pleurocybella porrigens (Sugihiratake)

大野 享男; 桑原 武夫; 池田 恵美子; 岡田 建紀; 早川 利郎; 安東 政義; 青柳 康夫
2006-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

174
179

Matériaux et systèmes électroactifs dans l'infrarouge

Beluze, Lionel

L'étude d'une batterie optique flexible, capable de moduler sa réflexion dans l'infrarouge et basée sur la technologie PLiON, est présentée dans cette thèse.Dans une première partie, une étude du trioxyde de tungstène monohydraté en fonction de la morphologie du matériau a permis de comprendre et d...

DRIVER (Japanese)

180

L-リシンを基盤とした2成分系低分子有機ゲル化剤の開発

齊藤 宏明; 鈴木 正浩; 白井 汪芳; 英 謙二
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

181
187

Determination of Organic Acids in Natural and Processed Foods by Isotacophoresis

王 健行; 張 維敦; 黄 金旺; 潘 登昌; 潘 子明; 王 仁澤
1994-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

190

Contribution à la compréhension des effets des systèmes de culture sur l'infection des cultures de blé tendre d'hiver par la fusariose et la contamination des grains par les mycotoxines associées

Champeil, Agnès/A.

Le travail présenté s'inscrit dans une double préoccupation de protection intégrée des cultures et de sécurité sanitaire. L'objectif est d'étudier comment les pratiques culturales dans les champs de blé influent sur le développement de la fusariose de l'épi et la production de mycotoxines fusarienne...

DRIVER (Japanese)

194

Availability of a Zinc Amino Acid Chelate for Growing Pigs

Hisashi SUSAKI; Tohru MATSUI; Kin-Ya ASHIDA; Shoji FUJITA; Takashi NAKAJIMA; Hideo YANO
1999-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

195

Analysis of Anionic Toxic Matter by Photometric Ion Chromatography

ATSUSHI YAMAMOTO; AKINOBU MATSUNAGA; MASAO MAKINO; KAZUICHI HAYAKAWA; MOTOICHI MIYAZAKI
1987-01-01

Journal@rchive (Japan) (Japanese)

198
199
200

4価金属水酸化物の溶解度に及ぼす有機酸の影響(2)

小林 大志; 高岡 祥泰; 佐々木 隆之; 森山 裕丈
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)

201

4価金属水酸化物の溶解度に及ぼす有機酸の影響

小林 大志; 高岡 祥泰; 佐々木 隆之; 森山 裕丈
2007-01-01

J-STAGE (Japan) (Japanese)